英語話せない人必見!海外留学を乗り切るために必要な18の英語フレーズ

公開日:2019.03.06
更新日:2019.04.11

こんにちは!

医学部受験に強い『JP英語塾』を経営し、TOEIC985点保有している野村です!

海外に留学を決める人の中には、まだまだ英語初心者だという人もいるでしょう。

そんな初心者が海外留学を乗り切るためにある程度英語力をつけておくと便利ですが、なかなか会話ができない状態で留学をする人もいるでしょう。

そんな人は、海外留学初期を乗り切るためにいくつか英語フレーズを覚えておくと便利です。

授業中などにも使えるフレーズを覚えておけば、困った時にも安心ですよね。

今回はそんな海外留学を乗り切るための英語フレーズをご紹介していきます。

はじめましてを言ってみよう

留学中にはじめて会う人には、「はじめまして」という挨拶が必要になりますよね。

この「はじめまして」という表現だけでも、英語にはさまざまな言い方があります。まずは「はじめまして」のフレーズをいくつかみてみましょう。

【はじめましてと挨拶するときの表現】
Nice to meet you.

「はじめましての定番フレーズ。誰にでも使える。」


Glad to meet you.

「会えて嬉しいというカジュアルな表現。」


Pleased to meet you.

「どちらかというとビジネスでよく使われる。」

こうしたはじめましてのフレーズを言う前には、”Hello, I’m Taro.”と自分の名前を名乗ると自然です。

このくらいのフレーズはもう知っているという人も多いでしょう。

教室で使えそうなフレーズ

ではここからは、留学生活で日常的に使えそうなフレーズをご紹介します。

もしも教室に日本人しかいない場合でも、お互い積極的に英語を使うことで英語を話すことが自然になっていきます。

誰が相手でもここでご紹介するフレーズを使ってみましょう。

この席空いてる?

誰かの隣の席が空席の場合、その席が空いているかどうかを訊くこともあるでしょう。

そんなときにはこんなフレーズが使えます。

【席が空いてるか尋ねるときのフレーズ】
Is this seat free?

「この席空いてますか?」


Is anyone sitting here?

「誰かここに座っていますか?」


Can I sit here?

「ここに座ってもいいですか?」

どれで訊いても必ず通じますから、覚えやすいものを選んでください。

ただし”Can I sit here?”の”sit”の発音には要注意。日本人はこの”si”の音を日本語の「し」のように出してしまいがちなのです。

日本語の「し」の音は、”shi”の音に近いため、間違った発音をしてしまうと”Can I shit here?”になってしまいます。(Shitの意味は調べてみてください。)

少々下品な話ですが、留学中にこれをやってしまう日本人が本当にいるので気をつけるようにしましょう。

〇〇を貸してください

忘れ物をしたときには、誰かに貸してもらう必要があります。

そんなときには、このフレーズを使ってみましょう。

【貸してくださいと言う時のフレーズ】
Can I borrow your pen?

「あなたのペンを借りてもいいですか?」


Can you lend me your pen?

「あなたのペンを貸してくれますか?」

“your pen”の部分は状況に応じて名詞を変えたり、”this” “that”などの言葉に置き換えたりしましょう。

ここでのポイントは、”borrow”と”lend”を間違えないことです。

万国共通で非ネイティブの英語学習者が間違いやすいのが、”borrow”と”lend”の使い分けです。”borrow”は「借りる」で”lend”は「貸す」です。これをしっかり覚えておきましょう。

宿題やった?

宿題の回答があっているかどうか見せ合いっこしたいとき、また単なる日常会話として宿題をやったかどうかクラスメートに訊くこともあります。

そんなときにはこのフレーズです。

宿題をやったか尋ねるときのフレーズ】
Did you do the homework?

「宿題やった?」


Have you finished the homework?

「宿題終わった?」

どちらを使っても間違いではありませんが、後者は今日が宿題の提出期限ではないときに使う方が自然かもしれません。

もしも毎日宿題があって毎日が提出期限なら、上のフレーズの方が自然です。

授業中に使えそうなフレーズ集

授業中に先生に何かを言いたい場合も、フレーズを丸覚えしておけばスムーズに話ができるでしょう。

そんな時に使えるフレーズもご紹介していきます。

質問があります

分からないことがあった時に、これを覚えていればスムーズに聞き返すことが

【質問があるときのフレーズ】
I have a question.

「質問があります。」


Can I ask you a question?

「質問してもいいですか?」

どちらを使っても間違いではありませんが、疑問形にした方がやや丁寧めになります。

質問があるときには、このようなフレーズで前置きをして言うとスムーズです。

もう一度言ってください

うまく聞き取れなかったときに聞き返すフレーズを覚えておくととても便利です。

【もう一度言ってほしい時に使えるフレーズ】
Could you repeat that again, please?

「それをもう一度繰り返してください。」


Could you say that again, please?

「それをもう一度言ってください。」

“repeat”を使っても”say”を使っても、意味は変わりません。

どちらでも言いやすい方を選んで、先生が言ったことが理解できなかったときに使ってみましょう。

発音やスペルをきく

知らない単語やフレーズを聞いた時にこのフレーズで聞き返すことで英語力UPをしていきましょう!

【発音やスペルを訊くときのフレーズ】
How do you pronounce this word?

「この言葉をどう発音しますか?」


How do you spell it?

「それはどのように綴りますか?」

わかりませんでした

説明されたことが理解できなかったときには、この2つのフレーズどちらかを言ってみましょう。

【分からないことを伝えるときのフレーズ】
I didn’t get it.

「わかりませんでした。」


I didn’t understand it.

「わかりませんでした。」

これを伝えた上で、もう一度言ってもらうようにお願いするといいですね。

まとめ

今回は海外留学を乗り切るために便利なフレーズをご紹介しましたが、気に入ったものはあったでしょうか。

基本のフレーズさえ覚えておけば、留学はひとまずなんとかなります。

あとは現地で英会話力をアップすることを目指し、勉強に励んでくださいね。

この記事を読んで、大量に英語のアウトプットをして英語力をUPさせたいと思った方はKredoの英語留学をご検討されてみてはいかがでしょうか?

「Kredo」の英語留学で実践的な英語力を最短で身につけよう!

セブ島 IT×英語留学の「Kredo」では、スピーキング重視のカリキュラムで、実践的な “話せる” 英語力を身につけることができます。

また、Kredoで英語力を身につけた卒業生は、有名IT企業、グローバル外資系企業への就職、海外就職、起業など、さまざまな道で活躍しています。

あなたもKredoで英語留学をし、最短で、実践的な英語力を身につけましょう!

Kredo公式サイトをみる

セブ島で、ITと英語を同時に学びませんか?

当メディアを運営しているKredoでは、「セブ島で唯一、ITを英語で教える政府公認校」として IT × 英語 留学を運営しています。これからの時代は「 ITスキル+α」の時代です。卒業生は国内外のIT企業への就職、海外起業、フリーランスなど、実績が多数ございます。IT、英語ともに初心者の方から学ぶことができますので、ぜひお気軽にご相談ください!

Kredo公式サイトへ
この記事を書いた人
Nomura Yusuke
Nomura Yusuke

英語×プログラミングを実践しているフリーランス英語講師/医学部受験に強い『JP英語塾』を運営/個人メディア『英語勉強法.jp』は月間16万PV。高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています/TOEIC985点,TOEFLiBT100+α/英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、英語勉強法などを中心に記事を書いています(^^)