Do your best はおかしい!?友達を応援する英語フレーズ厳選17選

公開日:2019.03.06
更新日:2019.04.04

みなさんは日本語で誰かを応援するとき、何と言うでしょうか。

「がんばれ!」

「ファイト!」

というような言葉を使う人が多いかもしれませんね。ではそれを英語でも言えるでしょうか。

実は英語での応援フレーズは非常に幅が広く、さまざまな言い方ができるんです。

その全てを網羅するのは難しいのですが、ここでは覚えやすく使いどころの多いフレーズに厳選してご紹介していきます。

“Do your best!” は変?

学校英語を思い出してみると、「がんばって」という言葉の英語版として “Do your best” を習ったことがある人もいるでしょう。

そのため、このフレーズを応援フレーズだと思って使ってしまったことがある人もいるかもしれません。

しかし、この “Do one’s best” という表現、あまり応援フレーズとして他人に使うフレーズではありません

どちらかというと、自分のことについて「最善を尽くすよ。」というようなときに、“I’ll do my best.”ということが多いでしょう。

もしも他人に “Do your best.” と言ってしまうと、どんな感じがするかというと、ちょっと上から目線に感じてしまうかもしれません。

「最善をつくしなさい」と言っていることになるので、なんだか押し付けているような感じがしないでしょうか。

そのため、よほど親しい間柄ではない限り、友達にこの表現を使うことはほとんどないのです。

使いやすくて自然な応援英語フレーズ集

では「がんばって!」と言いたいときは何と言うといいのでしょうか。

おそらくみなさんご存知でしょうが、「ファイト」という言葉は使えません。

英語で “Fight” というと、「戦え」という意味になってしまいます。

ここからは応援フレーズとしてとても使えるフレーズを、その意味とともにご紹介していきます。

自信のない人を応援する「あなたならできるよ!」

「こんなことできないかも・・・」と不安がっている人に使うとぴったりな応援フレーズがこちらです。

応援したいときに使うフレーズ

You can do it!
「あなたならできるよ!」

You can make it!
「あなたならできるよ!」

どちらも大体同じ意味で、“do”を使ったフレーズの方がよく使われます。

別れ際に幸運を祈る「幸運を!」

別れる際に幸運を祈るように「がんばって」というときには、以下の表現が最適です。

幸運を祈るときに使うフレーズ

Good luck!
「幸運を!」

Good luck with your exam!
「あなたの試験について幸運を祈るよ!」

“Good luck”だけでも通じますが、“with XXX”とすることで、具体的に何のことなのかを言うことができます。

何か今からやろうとしている人に「がんばって!」

何か今からやろうとしている人に「がんばって!」という際には以下のフレーズが最適です。

今から挑戦しようとする人を応援するフレーズ

Break a leg!
「がんばれ!」

こちらの表現、「足を壊せ??」と不思議に思う人もいるでしょう。

この由来を説明すると長くなってしまうので割愛しますが、何か今からやろうとしている人に「がんばって!」というのに、非常にぴったりなフレーズです。

落ち込んでいる人を励ます「元気出して!」

落ち込んでいる人を励ましたり、いまいちパワーが足りていなかったりする人に対して使うフレーズです。

落ち込んでいる人を励ますフレーズ

Cheer up!
「元気出して!」

Chin up!
「元気出して!/自信持って!」

“chin”とは顎のことで、下を向くなという意味の応援フレーズとなります。

やろうか悩んでいる人を後押しする「今しかない!」

何かをやろうかどうしようか悩んでいる友達に使えるフレーズです。

悩んでいる友達を後押しするフレーズ

It’s now or never!
「やるなら今しかない!」

Go for it!
「やってしまえ!」

“It’s now or never.”とは、今やるか、永遠にやらないかという意味の文章で、「今しかない」というニュアンスで使われます。

頑張っている友達を励ます「踏ん張れ!」

今何かを頑張っている最中の友達に「がんばれ!」と応援の言葉をかけたいなら、この中のどれかが適しているでしょう。

頑張っている友達を励ますフレーズ

Hang in there!
「踏ん張れ!」

Stick to it!
「粘り強くがんばれ!」

Keep it up!
「その調子!」

無理している友達を落ち着かせる「気楽にね」

なんだか無理をしすぎている友達に、「気楽にやろうよ」「肩の力を抜いてがんばれ」のようなことを言いたいなら、以下のフレーズが最適です。

無理している友達を落ち着かせるフレーズ

Take it easy.
「気楽にね」

Don’t push yourself too much.
「あんまり無理しないで。」

特に “Take it easy.” は、応援する場合ではなくても、よく使われる言い回しとなります。

相手の味方であることを表す「いつも味方だよ」

相手の味方であることや、相手の成功を祈っていることなどを言い表したいときには、このような言い回しが良いでしょう。

相手の味方であることを表すフレーズ

I’ll keep my fingers crossed.
「成功を祈ってるよ。」

I’m always on your side.
「いつも味方だよ。」

I believe in you.
「信じてるよ。」

“I’m always on your side.” というフレーズは、落ち込んでいる人を慰めるのにも向いています。

まとめ

今回は英語の応援フレーズを覚えやすいものに厳選してご紹介しましたが、使えそうなものはあったでしょうか。

日本語でも軽くも重くも「がんばって」とよく言うように、英語でも人を応援するようなシーンは度々あります。

ただし英語では具体的にどういう意味で応援をしているかが、フレーズ使い分けの鍵となっています。

きちんと適したフレーズを使えるように、ここでご紹介したフレーズとその説明をできるかぎり覚えておきましょう。

「Kredo」の英語留学で実践的な英語力を最短で身につけよう!

Kredo IT Class

セブ島 IT×英語留学の「Kredo」では、スピーキング重視のカリキュラムで、実践的な “話せる” 英語力を身につけることができます。

また、Kredoで英語力を身につけた卒業生は、有名IT企業、グローバル外資系企業への就職、海外就職、起業など、さまざまな道で活躍しています。

あなたもKredoで英語留学をし、最短で、実践的な英語力を身につけましょう!

Kredo公式サイトをみる

セブ島で、ITと英語を同時に学びませんか?

当メディアを運営しているKredoでは、「セブ島で唯一、ITを英語で教える政府公認校」として IT × 英語 留学を運営しています。これからの時代は「 ITスキル+α」の時代です。卒業生は国内外のIT企業への就職、海外起業、フリーランスなど、実績が多数ございます。IT、英語ともに初心者の方から学ぶことができますので、ぜひお気軽にご相談ください!

Kredo公式サイトへ
この記事を書いた人
Nomura Yusuke
Nomura Yusuke

英語×プログラミングを実践しているフリーランス英語講師/医学部受験に強い『JP英語塾』を運営/個人メディア『英語勉強法.jp』は月間約20万PV。高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています/TOEIC985点,TOEFLiBT100+α/英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、英語勉強法などを中心に記事を書いています(^^)