明日から使える!ネイティブが使う挨拶【英語フレーズ11選】

公開日:2019.03.06
更新日:2019.04.11

こんにちは!

医学部受験に強い『JP英語塾』を経営し、TOEIC985点保有している野村です!

海外に留学するにしろ、旅行するにしろ挨拶は基本です。

もちろん”Hello”というお決まりの挨拶だけでも全く問題ありませんが、少し仲良くなってきた相手にはもっとバリュエーションのある挨拶をしたいもの。

またさまざまな挨拶フレーズを知っていれば、その後の会話に幅もでるでしょう。

そこで今回は、人に会った時の挨拶フレーズを使いやすいもの、定番のものに厳選してご紹介します。


定番の挨拶はコレ!

まずは定番の挨拶フレーズもおさらいしておきましょう。

意外とこうした定番の挨拶フレーズは、使いどころを正しく認識できていない場合もあるかもしれません。

使いどころも併せてご紹介していきますから、ぜひ参考にしてみてくださいね。

いつでも使えるフレーズ

Hello.
広く誰にでも何時でも使える挨拶。呼びかけとして使ってもOK。

Hi.
カジュアル寄りの挨拶。何時でも使える。

時間で変わる挨拶フレーズ
Good morning.

朝の挨拶。カジュアルにもフォーマルにも。カジュアルなら”Morning.”とだけ言う場合もあり。

Good afternoon.
正午以降夕方までの挨拶。フォーマルな表現。

Good evening.
夕方以降の挨拶。フォーマルな表現。

定番というと、このくらいですよね。

しかし英語の挨拶は、店員など相手ではない限り、これだけでは終わりません。

定番の挨拶のあとに使えるフレーズ

英語のフレーズで、上記でご紹介した定番フレーズをまず口にするのは基本です。

しかし相手が友人知人なら、その後にも相手の調子を訊くためのフレーズをくっつけます。

英会話では、そこまで挨拶として含まれます。定番は”How are you?”ですね。

ここからはそんな相手の調子を訊くようなフレーズとその答え方を学んでいきましょう。

挨拶のあとに相手の調子を訊くフレーズ

How are you?

「調子はどうですか?」

定番中の定番。相手が知らない人でも使える。店員相手に言ってもOK。

How are you?への答え方
I’m good, thank you. / Very good, thank you.

「元気です。ありがとう。」

“So so.”はあまり調子がよくないと思われ、心配されることもあるのでおすすめしません。

Are you alright?

「元気?」

イギリス英語表現。「大丈夫?」と心配されているわけではなく、ただの挨拶なので注意。
“You alright?” “Alright?”などと短縮されて訊かれることも。

Are you alright?への答え方
Yes, thanks. you?

「うん、ありがとう。君は?」

Yeah, really good.

「うん、元気だよ。」

How is it going? / How are you doing?

「調子はどう?」

カジュアル寄りの表現。
これを使うなら、Hi, how is it going?のように、全体的にカジュアルにするのがおすすめ。

How is it going? / How are you doing?への答え方
Good, you?

「いいよ。君は?」

挨拶のあとに相手の調子を訊くフレーズ

What’s up?

「どうしてる?」

もっとカジュアルな表現。本当に親しい人に使うのがおすすめ。

What’s up?への答え方
Nothing much. / Not much.

「特に何も」


I’m good, thank you. / Very good, thank you.

「元気です。ありがとう。」


Same as usual.

「いつも通りだよ。」


What’s up?こそ、答えるのに悩まされそうな表現ですが、特に何も答えなくても良い場合も。

臨機応変に答えるといいでしょう。

How have you been?

「どうしてる?」

How have you been?への答え方

I’ve been very good, thank you.

「元気にしてたよ。ありがとう。」

What have you been up to?

「最近なにしてた?」

久しぶりの人に使う表現。
What have you been up to = What have you been doing?と取ると答えやすい。

What have you been up to?への答え方
Not much.

「特になにも。」

I’ve been busy with work.

「仕事で忙しくしてるよ。」

この辺りがよく使われているフレーズでしょう。

相手によって使いわけると、小慣れた挨拶フレーズになってくるでしょう。

人に会ったときの挨拶会話例

ではこのような表現を使って、実際にはどのように挨拶が行われているかをご紹介します。

会社や学校の廊下などですれ違ったときに使えるフレーズを学んでいきましょう!

すれ違いざまの挨拶
A: Hey, how are you doing?

「やあ、元気?」

B: Good, you?
「元気だよ。君は?」

A: Very good. Later!
「めっちゃ元気。またあとで!」

毎日会う仲良しの同僚や同級生との挨拶
A: What’s up?
「よっ、元気?」

B: Hey, what’s up?
「よー、元気?」

A: You don’t look very good today. What happened?
「なんか今日元気なさそうだけど、なにがあった?」

B: Just a hangover…
「二日酔い・・・」

A: Oh, I see. Poor you.
「あーね。かわいそうに。」

といった感じになります。

例を見てもわかるとおり、How are youとそれに代わる挨拶は、それほど重要ではなく、とくにしっかり答える必要はありません。”What’s up?”なんて、オウム返しでOKです。

まとめ:大事なのは実践!

今回は”Hello”以外の挨拶フレーズをご紹介しましたが、旅行や留学中に使えそうでしょうか。

英語での挨拶がいつもぎこちなくなってしまう人は、これを参考に自然な挨拶ができるように練習してみましょう。

「Kredo」の英語留学で実践的な英語力を最短で身につけよう!

セブ島 IT×英語留学の「Kredo」では、スピーキング重視のカリキュラムで、実践的な “話せる” 英語力を身につけることができます。

また、Kredoで英語力を身につけた卒業生は、有名IT企業、グローバル外資系企業への就職、海外就職、起業など、さまざまな道で活躍しています。

あなたもKredoで英語留学をし、最短で、実践的な英語力を身につけましょう!

Kredo公式サイトをみる

セブ島で、ITと英語を同時に学びませんか?

当メディアを運営しているKredoでは、「セブ島で唯一、ITを英語で教える政府公認校」として IT × 英語 留学を運営しています。これからの時代は「 ITスキル+α」の時代です。卒業生は国内外のIT企業への就職、海外起業、フリーランスなど、実績が多数ございます。IT、英語ともに初心者の方から学ぶことができますので、ぜひお気軽にご相談ください!

Kredo公式サイトへ
この記事を書いた人
Nomura Yusuke
Nomura Yusuke

英語×プログラミングを実践しているフリーランス英語講師/医学部受験に強い『JP英語塾』を運営/個人メディア『英語勉強法.jp』は月間16万PV。高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています/TOEIC985点,TOEFLiBT100+α/英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、英語勉強法などを中心に記事を書いています(^^)