受験生必見!英語塾長が教える英文法・作文を習得する4ステップ

公開日:2019.02.12
更新日:2019.04.13
少女_疑問
さあ、英文法を勉強しよう!とはいえどうやって勉強していこうか?

という方におすすめの記事です。

この記事は医学部受験に強い『JP英語塾』を経営し、TOEIC985点の野村がお送りします。

まず、英語学習を始めるときに勉強するのが以下の3つです。

  1. 発音
  2. 単語
  3. 英文法/英熟語

今回はそのうちの英文法の勉強法について説明していきます。

英文法は4ステップ

英語学習ステップ

  1. ①例文で解説されている英文法を理解
  2. ②基本例文を和訳
  3. ③基本例文を英作文
  4. ④問題演習

これらの①~③が最重要です。
よくある間違いは『④を中心にやること』なので、気を付けましょう。 ステップごとに解説していきましょう。

英文法は徹底的に理解が必要

英語は中1英語から復習していくと、進行形くらいまでは感覚的に理解ができます。 しかし、不定詞や比較くらいからは、あやふやな感覚的理解では正しく使うことができなくなります。

単なる暗記ではなく『なぜそうなるのか』をしっかりと理解して使えるようになりましょう。

わかりにくい文法項目は理解本や動画を用いて理解する

英文法を学ぶ際は、通常、ある程度の網羅性のある本を目標にすると思います。 総合英語などがその一例です。 市販のものだと『ジーニアス総合英語』がおすすめです。 なんと動画解説も無料で付いてきます。

しかし、総合英語などは網羅性が高い反面、理解するのが難しい項目もあるかもしれません。 もし、自分が使っている本で文法理解が進まない場合は、我慢せずに理解しやすい本を使いましょう。

ちなみに、私が運営する英語塾では「Vision Quest 総合英語 Ultimate」を使用しています。

おすすめの理解本

では、「英文法の理解しやすい本」の例を以下にのせておきます。

  1. 大岩のいちばんはじめの英文法
  2. カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業
  3. 中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく
  4. マンガでカンタン! 中学英語は7日間でやり直せる
  5. 成川の「なぜ」がわかる英文法の授業

このあたりが分かりやすいと思います。 書店で比べて見てみて、使いやすそうなものを買って読めばいいです。 全部買う必要はありません。 私自身は「大岩のいちばんはじめの英文法」がきっかけで、英文法を理解をし始めました。 そのきっかけのおかげで今ではTOEIC980点をとれるようになりました。

英文法の勉強は4択問題やドリルを解くことではない

問題 解く

英文法の勉強でよくある誤解があります。 それは『ドリル』を解くことだと考えていることです。 ドリルを解くことはもちろん必要な項目も多々あるのですが、そこが目標ではありません。

それは、英文法を学ぶ上で大切なのは、習った文法を使えるようになることです。

例えば、英会話やライティングをする際に、自分が作り出す英文が正しいのかどうか、ある程度は自分で判断できなければいけません。ではどうすればいいのか。

まずは和訳できるようにしよう

英文法のテキストには、必ず例文で英文法が解説されています。 その例文の文法ポイントを把握した後に、必ず和訳できるようにしましょう。

理解した気になって正確に和訳ができないと、長文を読む際に誤読が増えます。 正確に和訳ができるということも英文法の大切なステップの一つです。

例文の和訳から英作文できるようにする

ここはとても大切なステップです。しかし、大半の人が先ほども言ったドリルばかりを解いて、肝心の例文を使えるように訓練しません。

これは大問題です。

勉強としてはドリルは悪いことではありませんが、例文の英語をまずは理解して覚えることで、その例文が自分の英語力の根幹になります。 つまり、土台が必要です。

土台=基礎が無いと、応用することはできません。 必ず文法書の例文をすらすら英作文できるようにしましょう。

例文の英作文だけで書けて話せるようになる

私は日本で英語をある程度話せるようになりました。 何をやったのかというと、単に文法書の例文を音読したり、英作文したりしただけです。 これだけで、ある程度英語は話せるようになります。

めっちゃシンプルじゃないですか?

こんなシンプルなことをやらない手はありません。 ただし、この記事の冒頭で説明したステップを飛ばさないように気を付けましょう。

例文のポイントを理解し、和訳できるようにする。 その後に、何度もつぶやいたり、黙読したりして、口慣らしをしましょう。 それから少し時間を置いてから、日本語和訳を見て英作文できるか確認しましょう。

英語を書く必要はない

書く禁止

気を付けて欲しいのは、英文法学習のときに全部『書く』人がいることです。

全ての勉強でそうなのですが、『書く』という行為は費用対効果が低いんです。

英語の例文というのは、1回書いている間に、10回くらい唱えることができてしまいます。 短い例文は書かずに、口で言ってみて、合っているかどうかチラッと例文を見れば十分です。

スペルが怪しい単語などは書いて練習すべきですが、そうじゃなければ書くことはできるだけ避けましょう。 英語などの語学は時間が無限にかかります。

やらないことを決めるのはとても大切です。 書かないのもその1つです。

ちなみに、TOEICはマーク試験なので書く必要が一切ありません。 英検はライティングがあるので書く必要はありますが、大半の人が必要なのはTOEICのスコアですよね。 それであれば、書く時間を減らして、スコアアップに専念しましょう。

英作文ができるようになったらドリルで確認してみよう

総合英語などには章末問題やworkbookがあります。 そういったドリル形式の問題や本を利用して、わかったつもりになっていないか確認してみましょう。 以下におすすめの本をのせておきます。

※高校レベルの英文法は、大学受験の参考書や問題集が解説がかなり詳しいので、使いやすいです。

中学レベル

  1. 英文法パターンドリル 中学〇〇年
  2. 語順がひらめく!中1英語並べかえ問題

このレベルは留学前にはできないとダメなレベルです。

正解率80%以上を目指してください。

高校レベル

  1. 高校英文法基礎パターンドリル
  2. 英文法基礎10題ドリル (駿台受験シリーズ)

こちらも高校基礎レベルの留学前にできないといけないレベルを扱っている本です。

正解率70%以上を目指してください。

まとめ

英文法はわかった気になりやすく、しかも、勉強しても忘れてしまうことが多々あります。 この記事で紹介した『例文英作文』を軸に、ぜひ英文法を得意にしてくださいね。

英文法がある程度わかってきた方は英熟語にも挑戦してみましょう ^^

これからの時代は、英語力だけでは戦えない

これからの時代、英語力だけでは世界で戦うことは難しいです。

なぜなら、今の時代英語を話せることは当たり前で、日本人よりも英語を流暢に話せる人は世界中にたくさんいるからです。

そのため、世界で活躍するためには「英語プラスα」のスキルが重要になってきます。

「Kredo」は、セブ島でIT / プログラミングを英語で学べる、日系で唯一のフィリピン政府公認校で、英語に加えプログラミングのスキルも同時に身につけることができます。

これからは、プログラミングと英語のスキルが必須となる時代。

あなたも「Kredo」でプログラミングと英語のスキルを身につけ、世界で活躍する人材を目指しましょう!

Kredo公式サイトをみる

セブ島で、ITと英語を同時に学びませんか?

当メディアを運営しているKredoでは、「セブ島で唯一、ITを英語で教える政府公認校」として IT × 英語 留学を運営しています。これからの時代は「 ITスキル+α」の時代です。卒業生は国内外のIT企業への就職、海外起業、フリーランスなど、実績が多数ございます。IT、英語ともに初心者の方から学ぶことができますので、ぜひお気軽にご相談ください!

Kredo公式サイトへ
この記事を書いた人
Nomura Yusuke
Nomura Yusuke

英語×プログラミングを実践しているフリーランス英語講師/医学部受験に強い『JP英語塾』を運営/個人メディア『英語勉強法.jp』は月間約20万PV。高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています/TOEIC985点,TOEFLiBT100+α/英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、英語勉強法などを中心に記事を書いています(^^)