初対面の外国人と一瞬で仲良くなる!英語での自己紹介10フレーズ

公開日:2019.03.06
更新日:2019.04.11

こんにちは!

医学部受験に強い『JP英語塾』を経営し、TOEIC985点保有している野村です!

海外生活をする際、特に留学の場合は1人で行くという人も多いでしょう。

そんなとき、まだまだ英語がままならなければ、どうしても日本人の友達ばかりできてしまいがちなのではないでしょうか。

日本人の友達がいることは良いことですが、どうせなら現地にも友達を作りたいもの。

そこで今回は、まだまだ英会話に不安がある人でも初対面の人と仲良くなれるような英語フレーズを集めてみました。

そんなに難しい会話をしなくても仲良くなることはできますから、まずはこちらのフレーズを覚えて使ってみてくださいね。

初対面の人と仲良くなるなら相手のことを聞き出そう

初対面の人と仲良くなろうと思うなら、日本人相手の場合もそうですが相手に興味があることを示す必要があります。

しかも、自分のことも挟み込みながら相手のことを知っていくということが必要になるでしょう。

月並みですが最初は相手の基本情報から尋ね、そこから会話を広げていくとうまくいきます。

あまり相手のことばかり質問してもスムーズな会話とは言えませんから、適度に自分のことも話すのがコツです。

つまり、初対面の人とお近づきになろうと思うなら日本語でも英語でもやり方は同じなんですね。

初対面でよく行われる会話フレーズ集

以上のことを踏まえて、ここからは初対面でよく行われる会話で使う英語フレーズをご紹介していきます。

必要に応じて会話例もつけていくので、これを参考に初対面の人に話しかけてみましょう。

基本的な情報について話す(出身地や仕事など)

基本的な情報とは、相手の出身地やお仕事などといったことです。

ここで気をつけたいのは英語圏の場合、必要がなければ相手の年齢をそんなに訊かないということです。

では基本的な情報の質問の仕方、そして回答まで一緒に見ていきましょう。

【出身を訊くとき】
Where are you from? 「どこの出身ですか?」 → I’m from Japan. 「日本出身です。」
【故郷を訊くとき part1】
Where’s your hometown? 「故郷はどちらですか?」 → It’s Hiroshima. 「広島です。」 ※文法的には質問とずれてしまいますが、I’m from…と答えても会話にはなります。
【故郷を訊くとき part2】
What is your hometown like? 「あなたの故郷はどんなところですか?」 → It’s a very famous city. There are two world heritages. 「有名な街です。2つの世界遺産があります。」
【仕事を訊くとき part1】
What do you do? 「お仕事は何をしていますか?」 → I work for a bank. 「銀行で働いています。」
【仕事を訊くとき part2】
What’s your job? 「お仕事は何ですか?」 → I’m a shop assistant at a clothing store. 「洋服店の販売員です。」

こういった感じでしょうか。

回答に応じて、質問を広げていってもいいですし、逆に相手の方があなたのことを訊いて来る可能性もあるので、答え方もしっかり覚えておきましょう。

趣味について話す

出身地や仕事というのは定番の会話ですが、そのほかにも趣味について話すのも定番ですよね。

趣味のことまで話せるようになると、もっと仲良くなれるでしょう。

では趣味について聞き出すフレーズも覚えていきましょう。

【趣味を訊くとき part1】

What’s your hobby? 「趣味はなんですか?」 → My hobby are reading and traveling. 「私の趣味は読書と旅行です。」

※多くの人が知っているお決まりのフレーズですが、実はあまり使いません。

【趣味を訊くとき part2】
What do you like to do? 「何をするのが好きですか?」 → I like playing the piano and dancing. 「私はピアノ演奏とダンスが好きです。」
【余暇の過ごし方を訊くとき】
What do you do in your free time? 「余暇にはなにをしますか?」 → I usually go for a walk. 「大抵は散歩に行きます。」

聞いたことがあるフレーズもありますよね。

趣味についての話は、一番話が盛り上がる話でもあります。

相手の趣味と自分の趣味が同じだった場合、一緒にやろうと誘ってみてもいいかもしれませんね。

英語を学んでいる理由もよくきかれる

最後は語学留学をした場合に、クラスメートに使ってみたいフレーズです。

クラスメートに日本人以外がいて話題に困ったら、英語を学んでいる理由をきいてみてもいいでしょう。

【英語を学んでいる理由を聞くとき part1】
Why did you start learning English? 「なぜ英語学習を始めたのですか?」 → Because I want to use English for work. 「仕事で使いたいからです。」
【英語を学んでいる理由を訊くとき part2】
What motivates you to study abroad? 「何があなたを海外留学させたのですか?」 → I would like to make friends all over the world.   I’m interested in other cultures. 「世界中に友達を作りたいんです。他の文化に興味があるので。」

“What motivates you…?”と訊かれたら、回答の仕方は難しく考えず少し詳しく何故なのかを説明してみるといいでしょう。

まとめ:フレーズを覚えて実際に使って友達をつくろう!

今回は初対面の人と仲良くなるために、相手のことを知るためのフレーズ、そして自分のことを説明するためのフレーズ例をご紹介しましたが、役に立ちそうなものはあったでしょうか。

ここでご紹介したフレーズを使って、初対面の人との仲をどんどん深めていってみてくださいね。

この記事を読んで、大量に英語のアウトプットをして英語力を身につけたいと思った方はKredoの英語留学をご検討されてみてはいかがでしょうか?

「Kredo」の英語留学で実践的な英語力を最短で身につけよう!

セブ島 IT×英語留学の「Kredo」では、スピーキング重視のカリキュラムで、実践的な “話せる” 英語力を身につけることができます。

また、Kredoで英語力を身につけた卒業生は、有名IT企業、グローバル外資系企業への就職、海外就職、起業など、さまざまな道で活躍しています。

あなたもKredoで英語留学をし、最短で、実践的な英語力を身につけましょう!

Kredo公式サイトをみる

セブ島で、ITと英語を同時に学びませんか?

当メディアを運営しているKredoでは、「セブ島で唯一、ITを英語で教える政府公認校」として IT × 英語 留学を運営しています。これからの時代は「 ITスキル+α」の時代です。卒業生は国内外のIT企業への就職、海外起業、フリーランスなど、実績が多数ございます。IT、英語ともに初心者の方から学ぶことができますので、ぜひお気軽にご相談ください!

Kredo公式サイトへ
この記事を書いた人
Nomura Yusuke
Nomura Yusuke

英語×プログラミングを実践しているフリーランス英語講師/医学部受験に強い『JP英語塾』を運営/個人メディア『英語勉強法.jp』は月間16万PV。高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています/TOEIC985点,TOEFLiBT100+α/英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、英語勉強法などを中心に記事を書いています(^^)