明日から使える!ビジネスメールの英語例文7選

公開日:2019.03.30
更新日:2019.04.05

こんにちは!

医学部受験に強い『JP英語塾』を経営し、TOEIC985点保有している野村です!

ビジネス英語の中でも、文字のコミュニケーションになるメールは考える時間がある分、ビジネス英会話をするよりも難易度が低めです。

しかしビジネス英会話よりは、ビジネスメールの方が決まった言い回しがあったり、必要な表現があったりするので、気をつけなければならないことはひょっとすると多いかもしれません。

そこで今回は、ビジネスメールの書き方について、基礎的なことをまとめてみました。

ビジネスメールの基本ルール

まずはビジネスメールの基本ルールについてご説明していきます。ビジネスメールを書く時に抑えておくべきポイントは、以下の4つです。

ビジネスメールを書くときのポイント
  1. “I’m”などの短縮形は使わず“I am”などと表記すること
  2. カジュアルな表現は避け、丁寧な表現を使うこと
  3. 伝えたいことを先にはっきりと書くこと
  4. なるべく簡潔にすること

短縮形を使わず丁寧な表現を使うというのは、日本語でも共通することですね。

しかし英語を使って仕事をしてみるとわかるのですが、英語のビジネスメールは日本語のそれよりもずっと簡潔です。

メールを読むというのは、時間がかかることです。

海外ではなるべくさっさと仕事を終わらせることが良いとされているので、メールを読んだり書いたりするのにも、時間を割かずにさっさとこなしたいと考える文化なのですね。

そのため、シンプルなメールの方が好まれるというわけです。

ちなみにメールは常にチェックしている人ばかりではありませんから、急用があるならメールを使わず電話ですますようにしましょう。

ビジネスメールで必須の表現

ではここからは、ビジネスメールで使う表現についてみていきましょう。

ビジネスメールで必ず必要なのは、内容がわかる件名結びの言葉自分の名前です。

件名の作り方

件名については、例えば「〇〇についての問い合わせ」なら “Inquiry of XX”といった感じでしょうか。なるべく簡潔且つ、何についてのメールなのかがわかるように作りましょう。

そのほかビジネスメールの件名に使える単語には、下記のようなものがあります。

ビジネスメールの件名に使える単語
  1. Change「変更」
  2. Meeting「会議・打ち合わせ」
  3. Confirmation「確認」
  4. Quotation「見積もり」
  5. Order「注文」

このあたりを上手に使えば、わかりやすい件名を作れるでしょう。

結びの言葉

ビジネスメールで使う結びの言葉には、下記のようなものがよく使われています。

メールの内容自体の結びではなく、名前の前に「敬具」のように添えるものになります。

ビジネスメールで使う結びの言葉
  1. Sincerely,
  2. Sincerely yours,
  3. Best regards,
  4. Regards,

“Sincerely”を使う表現はかなりフォーマルで、 “regards”を使う表現は、ビジネスで使えるものの、もう少しくだけた表現となります。

他にも種類はありますが、ひとまずこのあたりを抑えておくといいでしょう。

この結びの言葉のあとに改行して、自分の名前を入れます。

メール本文に使う表現

メールの内容自体は、その時々によって変わるでしょうから、ここでは具体的な例は割愛します。

しかし、メールの本文に使う表現にはある程度ルールがあるので、そのルールについてご紹介していきます。

挨拶フレーズについて

ビジネスメールでは、 “Hello”“Good morning”などの挨拶は入れず、そのメールに関係するような挨拶や、前回会ったときや連絡したときのお礼から入ります。

例えば、下記のような形です。

Thank you very much for coming to our office the other day

「先日はオフィスにお越しいただきありがとうございました。」

そういったことがなければ用件から入ってもいいのですが、日本人的感覚だとそれは不自然ですよね。

そういう場合は、

I hope you are doing very well.

「元気でいらっしゃると良いのですが。」

のようなフレーズから入ってしまいましょう。

メール本文で使う英語表現について

“I’m”“can’t”などの短縮形を避けるというのは、基本的なルールですが、その他にも表現に気をつけておかなければならないことがあります。

まずなるべく丁寧にするなら、相手に何かをお願いするときには、 “Could”“please”などの単語を使うということです。

Please see the attached file.

「添付ファイルをご覧ください。」


Could you kindly send me the quotation, please?

「見積もりをお送りいただけますでしょうか。」

こんな感じですね。

内容によっては、“Please xxx”だと、少し不躾な感じがするかもしれません。

そういった場合は、

If you could, please let me know the time of your arrival.

「もしよろしければ、あなたの到着時間をお知らせください。」

のようにすると、もう少し柔らかい表現になります。

また質問文などもあまり直接的な表現は好まれません。

例えば下記のフレーズはビジネスメールとしては不適切です。

Did you hear about the news?

「そのニュースを聞いた?」

ではこれをビジネスメールでどう言うかというと、下記のような感じです。

I wonder if you have already heard about the news.

「そのニュースについて、すでに聞かれているでしょうか。」

「Kredo」の英語留学で実践的な英語力を最短で身につけよう!

Kredo IT Class

セブ島 IT×英語留学の「Kredo」では、スピーキング重視のカリキュラムで、実践的な “話せる” 英語力を身につけることができます。

また、Kredoで英語力を身につけた卒業生は、有名IT企業、グローバル外資系企業への就職、海外就職、起業など、さまざまな道で活躍しています。

あなたもKredoで英語留学をし、最短で、実践的な英語力を身につけましょう!

Kredo公式サイトをみる

セブ島で、ITと英語を同時に学びませんか?

当メディアを運営しているKredoでは、「セブ島で唯一、ITを英語で教える政府公認校」として IT × 英語 留学を運営しています。これからの時代は「 ITスキル+α」の時代です。卒業生は国内外のIT企業への就職、海外起業、フリーランスなど、実績が多数ございます。IT、英語ともに初心者の方から学ぶことができますので、ぜひお気軽にご相談ください!

Kredo公式サイトへ
この記事を書いた人
Nomura Yusuke
Nomura Yusuke

英語×プログラミングを実践しているフリーランス英語講師/医学部受験に強い『JP英語塾』を運営/個人メディア『英語勉強法.jp』は月間16万PV。高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています/TOEIC985点,TOEFLiBT100+α/英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、英語勉強法などを中心に記事を書いています(^^)