【メール・電話で】ビジネス英語でアポイントを取ってみよう

公開日:2019.04.04
更新日:2019.04.16

こんにちは!

医学部受験に強い『JP英語塾』を経営し、TOEIC985点保有している野村です!

ビジネスシーンでは、相手に会うのにアポイントというものを取りますよね。

これは日本語でも英語でも共通することです。

日本語でアポイントを取ることができても、英語では無理だという人もいるでしょう。

ビジネス英語でアポイントを取るときには、お決まりのフレーズがあります。

ですからそんなフレーズを覚えてしまえば、誰でもすぐにアポイントが取れるようになるはずです。

今回はビジネス英語でアポイントをとるときのフレーズをご紹介していきます。

ビジネス英語でアポイント!どんな風に取ればいい?

まずはビジネス英語でのアポイントについて、基礎知識からご紹介しましょう。

日本語では「アポイント」と短縮していますが、英語でアポイントは”appointment”といい短縮することはありません。

ですが、英語でも日本語と同様に”appointment”という言葉を多用して、アポイントを取ったり、アポイントの件について話したりします。

アポイントの取り方も日本のビジネスシーンとさほど変わりはないでしょう。

急ぎでアポイントを取りたいなら電話で連絡をし、それほど急ぎではないならメール連絡という風に使い分けます。

アポイントの取り方については、日本のビジネスシーンとさほど違いはありませんから難しく考えることはないでしょう。

アポイントをお願いするフレーズ

では早速アポイントを取るためのフレーズをみていきましょう。

アポイントをお願いするときには、前述のとおり主に電話かメールとなります。

電話なのかメールなのかで、使うフレーズが異なりますから、この2つのシーンにわけて、フレーズをご紹介します。

電話でアポイントを取るときのフレーズ

まずは電話でアポイントをとるときのフレーズをみてみましょう。

アポイントをキャンセルするフレーズ
I would like to make an appointment with you.

「あなたとお会いしたいです。」


I’m wondering if we could get together next week.

「来週お会いできないかと思っているのですが。」


When would you be available?

「いつがご都合よろしいでしょうか?」


Could I visit you sometime next week?

「来週お伺いしてもよろしいでしょうか?」

このような言い方で切り出したら、あとは相手と日程調整を行っていくだけです。

メールでアポイントを取るときのフレーズ

では次はメールでアポイントを取るフレーズです。

こちらは1つのフレーズではなく、アポイントを取るメールの例文としてご紹介します。

アポイントをキャンセルするフレーズ
I would like to arrange an appointment with you to discuss about the issue.

「その問題についてお話するために、アポイントを取りたいと思います。」


I am available anytime next week so I can adjust my schedule to yours.

「来週なら私はいつでもいいので、あなたのご都合に合わせます。」


Please let me know when is convenient for you.

「ご都合良い日時をお知らせください。」

このような感じですね。

メールだと、何についてのアポイントなのかをもう少し明確にします。

アポイントをキャンセルするフレーズ

アポイントを取っても、キャンセルしなければならない事態も起こり得ますね。

アポイントをキャンセルするときは、なるべく電話で知らせた方が良いでしょう。

メールだと、すぐに確認するとは限らないからです。

アポイントをキャンセルするときには、下記のようなフレーズを使うといいでしょう。

アポイントをキャンセルするフレーズ
I’m afraid I have to cancel our appointment.

「申し訳ありませんが、私たちのアポイントをキャンセルしなければなりません。」


I’m deeply sorry to inform you that I will not be able to see you tomorrow,

due to serious family problem.


「家族に深刻な問題が起きたため、明日お会いできないことになりました。大変申し訳ありません。」


Unfortunately, I’m unable to keep our appointment for next Tuesday,

due to an urgent business trip.


「残念ながら、急遽出張が決まったため、来週火曜のアポイントをキャンセルしなければなりません。」

アポイントをキャンセルするときには、理由も添えることをおすすめします。

アポイントを延期するフレーズ

最後はアポイントを延期してもらうフレーズをご紹介します。

アポイントを延期してもらうフレーズ
I wonder if we could postpone our appointment to another day.

「アポイントを他の日に延期できないかと考えているのですが。」


I would like to postpone our appointment to another day, if you could.

「もしできれば、他の日にアポイントを延期したいのですが。」


Would it be possible to postpone our appointment to next week?

「アポイントを来週に延期することは可能でしょうか?」

“postpone”とは、延期するという動詞です。

このような柔らかい表現でお願いすれば、失礼にあたることはないでしょう。

まとめ:ビジネス英語の言い回しに慣れよう!

今回はビジネス英語でのアポイントの取り方やキャンセル・延期までに使えるフレーズをご紹介しましたが、英語でアポイントを取る自信はついたでしょうか。

アポイントを取ったりキャンセルしたりするときには、できるだけ丁寧な表現を心がけていれば問題ありません。

そのためにも、基本的なビジネス英語の言い回しに慣れておけるといいですね。

「Kredo」の英語留学で実践的な英語力を最短で身につけよう!

Kredo IT Class

セブ島 IT×英語留学の「Kredo」では、ビジネス英語、IT英語に特化したカリキュラムを用意しており、最短でキャリアアップを目指すことができます。

また、Kredoで英語力を身につけた卒業生は、有名IT企業、グローバル外資系企業への就職、海外就職、起業など、さまざまな道で活躍しています。

あなたもKredoのビジネス英語、IT英語カリキュラムで最短でキャリアアップを目指しましょう!

Kredo公式サイトをみる

セブ島で、ITと英語を同時に学びませんか?

当メディアを運営しているKredoでは、「セブ島で唯一、ITを英語で教える政府公認校」として IT × 英語 留学を運営しています。これからの時代は「 ITスキル+α」の時代です。卒業生は国内外のIT企業への就職、海外起業、フリーランスなど、実績が多数ございます。IT、英語ともに初心者の方から学ぶことができますので、ぜひお気軽にご相談ください!

Kredo公式サイトへ
この記事を書いた人
Nomura Yusuke
Nomura Yusuke

英語×プログラミングを実践しているフリーランス英語講師/医学部受験に強い『JP英語塾』を運営/個人メディア『英語勉強法.jp』は月間16万PV。高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています/TOEIC985点,TOEFLiBT100+α/英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、英語勉強法などを中心に記事を書いています(^^)