【2019年最新版】Python・機械学習・AI(人工知能)を学べるプログラミングスクール9選

公開日:2019.04.26
更新日:2019.04.29

この記事では

  1. 「AI(人工知能)を新たに学びたいエンジニア」
  2. 「プログラミングは未経験だけど将来性のあるAI(人工知能)エンジニアになりたい人」
  3. 「機械学習で業務を効率化したい人」
  4. 「データ分析を有効に実施したい人」

におすすめのプログラミングスクール9校を厳選して紹介しています。

今、AI(人工知能)を学ぶべき理由とは?

最近、AI(人工知能)という言葉をよく耳にすると思います。

データサイエンティストやAI(人工知能)アナリストといった職業の需要が高まる一方、エンジニアはまだまだ少ないため需要が高まっています。

また、マーケターの人にとってもビッグデータを使った分析ができれば、より質の高い施策を打つことができます。

そもそも、AIとは何か?はこちらの記事で詳しくご紹介しています!

 

AI(人工知能)の市場は伸び続けている

AI(人工知能)が近年発展してきた理由として以下の要素が挙げられます。

  1. コンピュータの処理能力の向上
  2. ネットワーク環境の発展
  3. 大量のデータの蓄積

特にこの中でも大量のデータの蓄積、ビッグデータがAI(人工知能)の発展を加速度的に成長させてきました。

4Gやスマートフォンの普及、パソコンの計算パワーの向上など、ITインフラが発展したことによって、大量のデータの蓄積が蓄積され、AI(人工知能)の発展を押し上げてきました。

AI(人工知能)分野の職業の需要は高いが、エンジニアは少ない?

現在日本では、IT人材の不足が大きな社会問題になっています。

特に、AI分野ではエンジニアの供給が追い付いていないのが現状です。

世界全体でみてもAI人材の不足は、100万人の需要に対し、30万人ほどしかいません。

その中でも、日本はAI(人工知能)分野での発展が遅れているのです。

経済産業省では、AI(人工知能)やビックデータ、IoTを活用できる先端IT人材は2020年までに4.8万人が不足すると発表しています。

また、AI(人工知能)によりなくなる仕事・職業はこちらの記事でご紹介しています。

AI(人工知能)分野で活躍するためにはなぜPythonが必要なのか

Pythonは、機械学習やデータサイエンスのライブラリが充実したプログラミング言語で、さらに学習しやすいという特徴があります。

  1. AIに関わりたい
  2. 機械学習で業務を効率化したい
  3. データ分析を有効に実施したい

という場合に、1番学ばれている言語がPythonです。

AI(人工知能)・Pythonエンジニアを目指すために必要なスキルは?

AI(人工知能)を学ぶことに加えて、他のスキルも習得すればAIエンジニアとして一歩も二歩も先に行くことができます。

Pythonをを学ぶために必要なスキルはどのようなものがあるのか。

また、併せて学ぶべきスキルについてもご紹介します。

Pythonを学ぶのに数学的知識は必要?

数学的知識は結論から言うと必要です。ただ、実際にAIと言っても業務は多岐に渡るため、数学を専門としない人がほとんどです。

現在は、AI(人工知能)関連のツールも豊富にあるため、ある程度の仕事が可能です。

なので、数学的知識はあるに越したことはありませんが、業務によっては必要がないため、必ずしも勉強しなくてはいけないというわけではありません。

実際にいわゆる文系出身でAI業界で働いているエンジニアの方も沢山います。

 

英語や中国語が話せるエンジニアの需要が高まっている

AI(人工知能)分野の発展が著しい国と聞いて、皆さんはどの国を想像しますか?

アメリカもそうですが、実は中国でもAI分野は目覚ましい発展を遂げています。

ではなぜ、中国でAI分野の研究が進んでいるのでしょうか。

中国でAI分野の発展がほかの国より進んでいる理由は大きく2つあります。

  1. 中国政府が企業と一体になってAI産業の発展に務めているから
  2. 中国の莫大な人口が、AIの発展には大量のデータを生み出しているから

中国が抱える世界最大の人口が中国のAI発展のカギとなっているのです。

また、AI(人工知能)関連の論文の数は中国がアメリカを上回っています。 最新のAI(人工知能)の情報にアクセスしようとした場合、ほとんどが中国語か英語の情報です。

AI(人工知能)の技術に関しては日本と中国は、すでに追い付けないほどの差が開いてしまっているのです。

なので、これから英語や中国語を話せるエンジニアはどんどん需要が高まっていくでしょう。

AI(人工知能)を学べるプログラミングスクールの選びかた

選ぶ基準は全部で次の3つです。

  • オンラインかオフライン(対面授業)か
  • 料金
  • 講師・カリキュラムの質

オンラインかオフライン(対面授業)かという点は、自分のライフスタイルに合わせて選ぶのが良いでしょう。

オンラインだと自分のペースで学習できるというメリットがある分、モチベーションの管理が難しいというデメリットがあります。

AI(人工知能)のスキルをを短期集中でして身につけたいという場合は、オフライン(対面授業)での学習をおすすめします。

また講師の質は、Pythonを学ぶ上でとても重要です。

IT業界、特にAI(人工知能)の分野は変化が早く、現役のエンジニアでないと使えない技術を教えられる可能性があるので、
現役のエンジニアで実務経験のある人が講師だと安心です。

また、カリキュラムの質も非常に大事です。中にはPDFを渡して後は自分で学習するという、ほとんど独学と同じようなスクールもありますので、注意しましょう。

この2つを考慮したうえで、自分の予算にあったコースを選んでいくのが良いでしょう。

AI(人工知能)やPythonに強いプログラミングスクール一覧

AI(人工知能)、Pythonを学べるコースがあるスクールを9つ厳選して紹介していきます。

それぞれのコースごとに授業形態や就職サポートの有無、料金、習得できる期間が変わるので、自分の希望にあったコースを探してみてください。

Kredo

Kredoはセブ島でIT/プログラミングを英語で学べる日系で唯一の政府公認校です。

KredoのAI(人工知能)コースは唯一英語での授業をしており、少人数のグループ形式で1クラス3~5人の少人数制です。

授業中は先生に常に質問できる環境を作っているので初心者の方でも安心です。

また、海外IT企業の現場で実際に使用するような単語や表現を使うことにより実践的な英語力を身につけることができます。

就職にも強く、多くの方が海外/日本のIT企業や起業家、フリーランサーとして活躍しているという実績もあります。

AIアクセラレータにも採択されていてAI領域で注目されてるベンチャー企業である株式会社SIMULA Labsが「AI(人工知能)コース」のカリキュラム監修を行っています。

授業形態 大学教授レベルのフィリピン人教員による少人数グループクラス(日本人サポーター有)
コースの種類 「AI(人工知能)コース」
就職サポート あり
期間 1ヶ月~
料金 273,000円~

Kredo公式サイトはこちら

【Kredoの特徴】

・大学教授レベルのベテランIT教員
・1クラス3~5人の少人数グループクラス
・レベルの高いエンジニアを目指せる英語でのITクラス

TECH ACADEMY

TECH ACADEMYの「AIコース」は最短4週間でAI(人工知能)の構築に必要な機械学習・ディープラーニングを習得できるオンラインブートキャンプです。

週に2回ビデオチャットを使ってパーソナルメンターからのマンツーマンサポートを受けられます。

また毎日のチャットサポートでは随時質問ができ、即回答をもらうことができます。

授業形態 オンライン授業
コースの種類 「AIコース」
就職サポート あり
期間 4週間、8週間、12週間
料金 139,000円~239,000円
【TECH ACADEMYの特徴】

・1人では続かない方のための短期集中プログラム
・現役のプロのサポートと独自の学習システム

TECH ACADEMY公式サイトはこちら

Pythonキャリアカレッジ

Pythonキャリアカレッジは、Python経験者向けの講座であり、日本Python界の著名なエンジニアからの直接指導を受けながらディープラーニングで学習出来るスクールです。

週1日全2回の短期講座だから働きながらの通学が可能です。

授業形態 対面
コースの種類 「ディープラーニング講座」
就職サポート あり
期間 週1日全2回(1日6時間)合計12時間
料金 120,000円
【Pythonキャリアカレッジの特徴】

・現役エンジニアが直接指導 ・週1日全2回の短期講座
・Python 経験者向けの講座

Pythonキャリアカレッジ公式サイトはこちら

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODEの機械学習エンジニアコースは、4ヶ月で自立自走できる機械学習エンジニアになることを目的としています。

ただ知識を学ぶのではなく、実務から逆算した本当に必要なスキルを学び、実務に通用する機械学習エンジニアを目指すことができます。

授業形態 対面
コースの種類 「機械学習エンジニアコース」
就職サポート あり
期間 3ヶ月間
料金 998,000円
【DIVE INTO CODEの特徴】

・同期と共に切磋琢磨して学ぶことを重要視
・自らアウトプットするディスカッション授業
・覚えるのではなく考える課題突破型学習

DIVE INTO CODE公式サイトはこちら

TECH::CAMP(テックキャンプ)

TECH::CAMP(テックキャンプ)はサービス開発スキルが身につく超実践的な学習プログラムです。

また、プログラミングスキルの習得と平行して、ビジネスの場でプログラミングを活用する方法をセミナー形式で学びます。実際にディスカッションしたり、 手を動かすことで実践的なスキルを身につけることができます。

授業形態 オンライン+対面
コースの種類 「AI(人工知能)入門コース」
就職サポート あり
期間 3ヶ月間
料金 200,000円
【TECH::CAMP(テックキャンプ)の特徴】

・プログラミングを活用する方法をセミナー形式で学ぶ
・オリジナルサービス開発をゴール
・超実践的な学習プログラム

TECH::CAMP(テックキャンプ)公式サイトはこちら

CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp(コードキャンプ)は、オンライン完結型のプログラミング学習サービスです。

プログラミング初心者が、仕事や学業と両立しながら最も効率よく学べる環境が提供されています。

現役エンジニア講師によるオンラインマンツーマンレッスンが、365日・世界中のどこでも受講可能です。   

授業形態 オンライン
コースの種類 「Pythonデータサイエンスコース」
就職サポート あり
期間 2ヶ月(レッスン回数:20回)
料金 158,000円
【CodeCamp(コードキャンプ)の特徴】

・オンライン完結型のプログラミング学習サービス
・個人に合わせたマンツーマン指導

CodeCamp(コードキャンプ)公式サイトはこちら

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾のマンツーマン講師は、現役で活躍しているエンジニアです。

レッスンの開始〜終了まで講師が専属となってマンツーマンで指導します。

転職希望者にはキャリアアドバイザーが入塾初期から転職成功までのサポートがあります。

授業形態 対面またはオンライン
コースの種類 「Pythonコース」
就職サポート あり
期間 6ヶ月
料金 980,000円
【侍エンジニア塾の特徴】

・短期間でゼロからプログラミング基礎習得
・オリジナルサービス開発支援

侍エンジニア塾公式サイトはこちら

AI Academy BootCamp

AI Academy BootCampは、たった4週間で実践的なAIスキル が身につくスクールです。「短期間でAIのスキルを付けたい」という方にはピッタリのスクールです。

2つのコースがあり「未経験だけど、AI(人工知能)・機械学習の基礎やWebのプログラミングを学びたい」という方は、「AIビギナーコース」。

エンジニアや理系出身者で「理論もしっかり学び、実務で活かしたい」という方は、「データ分析コース」と選ぶことができます。

授業形態 対面+オンライン
コースの種類 「Pythonコース」
就職サポート あり
期間 1ヶ月
料金 50,000円/月
【侍エンジニア塾の特徴】

・短期間でAI(人工知能)のスキルを身につけることができる
・2つのコースがあり選べる

AI Academy BootCamp公式サイトはこちら

.Pro(ドットプロ)

.Pro(ドットプロ)完全対面式の授業形式で「実際にやってみる」「意見を出し合って考える」「他の生徒に教える」といった実践を重視したアクティブラーニング型のカリキュラムを採用しています。

プログラミングのスキルだけでなく、クリエイティブクラスに必要な問題解決能力・実行力・発想力・コミュニケーション能力を兼ね備えたプログラマを輩出を目的とした実践型プログラミングスクールです。

授業形態 対面授業
コースの種類 「Pythonコース」
就職サポート あり
期間 6ヶ月
料金 432,000円
【.Pro(ドットプロ)の特徴】

・習熟度別、少数クラス制度
・月1回の生徒による制作発表会
・グループワークによる現場に近い環境づくり

.Pro(ドットプロ)公式サイトはこちら

自分に合ったスクールを選ぶために

今回は9つのAI(人工知能)を学べるコースがあるスクールを紹介しました。

スクールごとにそれぞれ特徴があるので、自分の現在のスキルや希望する学習期間、学習環境など、 自分の希望にあったスクールを選んでいきましょう。

またスクールごとに無料カウンセリングや体験授業をやっていたりするのでそういったものはどんどん活用していくことをお勧めします。

自分が少しでも気になったスクールにはまずはお問い合わせしてみるのが良いでしょう。

また現在はPythonの知識に加えて、英語力の高いエンジニアの需要が非常に高まっています。

海外で活躍するエンジニアも多いことから、Pythonと語学ができる人材は重宝されるため同時に学ぶことが一番効率の良い学習法だと言えます。

KredoのAI(人工知能)コースで英語とPythonを同時に学ぼう!

KredoではAI(人工知能)を作る際に必要なPythonという言語や、その他プログラミングについて初心者から学ぶことができます。

また、AI(人工知能)エンジニアとして活躍していきたいと考えている場合、ほとんどの案件や情報は英語であるため、

Pyrhonを英語で学べるという点は学習するうえでは非常に効率的だと言えます。

この記事を読んで、「英語でAI(人工知能)のプログラミングスキルを身につけたい!」と思った方はKredoのAI(人工知能)コースをご検討されてみてはいかがでしょうか?

Kredo公式サイトをみる

セブ島で、ITと英語を同時に学びませんか?

当メディアを運営しているKredoでは、「セブ島で唯一、ITを英語で教える政府公認校」として IT × 英語 留学を運営しています。これからの時代は「 ITスキル+α」の時代です。卒業生は国内外のIT企業への就職、海外起業、フリーランスなど、実績が多数ございます。IT、英語ともに初心者の方から学ぶことができますので、ぜひお気軽にご相談ください!

Kredo公式サイトへ
この記事を書いた人
Kredo編集部
Kredo編集部

セブ島IT×英語留学 KredoのWeb編集部です。 セブ島留学の情報からITや英語さまざまな記事を発信していきます。 留学のお問い合わせはこちらから。