海外就職を成功させたい人へ!経験者が教えるメリットとデメリット

公開日:2019.02.12
更新日:2019.03.11

こんにちは。フィリピンでの海外就職経験があるあこう(赤穂 浩司)です。

いきなりですが、海外就職のメリットとデメリットを知りたいと思いませんか?

そんなあなたに、海外就職のメリットとデメリットを詳しく伝えていきたいと思います。

なぜなら、筆者自身が海外就職を経験しており、日本の職場文化との違いを目の当たりにしているから伝えることが可能です。

記事のポイントとして、メリットとデメリットを5つずつに分けて伝えていきます。

この記事を読み終えるときには、あなたも海外就職のメリットとデメリットが理解でき、今後の進路に役立てることができるでしょう。

それでは、本文へどうぞ。

海外就職のメリットとデメリットは?

早速ですが、海外就職のメリットとデメリットを紹介していきますね。

海外就職のメリット5つ

海外就職のメリットは5つあります。

以下のとおりです。

海外就職のメリット5つ

  1. 毎日異文化体験。人種も言語も違う
  2. 生活水準が上がる
  3. 日本の悪しき習慣とされるものがない
  4. 日本より転職が自由。実力主義なのでキャリアアップもしやすい
  5. 憧れの海外就職や長期滞在ができる

それではひとつずつ詳しく紹介していきますね。

毎日異文化体験で刺激的

当たり前のことですが、海外に就職すると毎日が刺激的な異文化体験をすることができます。

やはり、言語、慣習、風土、文化、景色などが大きく日本と異なるのが理由です。

例えば、いろんな国籍の友人とテラス席のおしゃれなカフェでコーヒーを飲みながら英語でコミュニケーションを取る。

といった海外生活を想像をしてみてください。

ちょっと優越感に浸ることができたり、憧れていた未来を描ける人もいませんか?

もしあなたが海外就職をすると、こんな刺激的な毎日が待っているかもしれませんね。

海外で生活すると生活水準が上がる

日本は物価が高く、世界的に見ても物価ランキング上位の国。

日本で暮らしていると、どうしても生活コストが高くなってしまいます。

その点、海外で暮らすと日本よりも物価の安い国がたくさんあります。

例として、世界中の生活コストなどを調べることができる『Expatistan’s』の2019年1月のデータによると、日本の物価は欧米圏やオイルマネーが潤沢な中東諸国などと大きく変わらない物価です。

同じアジアで見ても、人口密度の著しく高いシンガポールや香港よりは日本の方が少し物価が安いぐらいで、その他のアジア諸国とは大きく物価が異なります。

以上の結果から、仮にアジア圏で海外就職するとしても、日本の物価の3分の2から半分以下の生活コストで過ごすことができる国や都市がたくさんあります。

日本の悪しき習慣とされるものが少ない

海外で働くとなると、日本企業特有の悪しき習慣が少ないのも特徴です。

日本企業特有の悪しき習慣が色濃く残る会社は、どうしても『ブラック企業体質』になりがち。

具体例として、日本企業の悪しき習慣とされるものは主に以下のとおりです。

日本企業の悪しき習慣

  1. 無駄に長い会議
  2. 残業せずに早く退勤すると悪者扱い
  3. 休暇を取りにくい
  4. 年功序列で若い世代の待遇が悪い
  5.  仕事の過程や取り組みを大事にし過ぎる

もちろん、すべての日本企業の当てはまるわけではないですし、日本企業ならではの良さもあります。

しかし、海外と日本の企業を比べると、このあたりの悪しき習慣が顕著にあらわれます。

海外企業では、『結果を出すこと』を一番に求められることが多く、その分自由度が高く『有給取得』や『定時退勤』なども比較的簡単に実行できます。

もちろん、年功序列のような職場文化も日本ほどは色濃くなく、『取り組み』や『過程』をそこまで厳しく見られることもないでしょう。

海外企業には、こういった日本企業の悪しき習慣がある会社は少ないですよ。

日本より転職が自由。実力主義なのでキャリアアップもしやすい

海外ではキャリアアップのための転職が当たり前に行われています。

理由としては、日本ほど過程を大事にし過ぎず、結果を求める実力主義だからです。

結果を出すことができれば、企業からインセンティブが出たり、さらにヘッドハンティングされることも当たり前です。

転職ありきのビジネスパーソン、いわゆる『ジョブホッパー』は、海外企業ではわりと多く見受けられます。

企業側も理解した上で、短期間で結果を出せそうな『ジョブホッパー』を採用します。

このように、海外ではしっかりと結果を出して実績を積めば、年収UPや高待遇の仕事にキャリアチェンジするチャンスが多くありますよ。

憧れの海外就職や長期滞在ができる

海外就職って響きがいいと思いませんか?

筆者もいろんな人からよく「海外就職したい」という相談を受けるのですが、理由を聞いてみると「なんかかっこよくないですか」とか「憧れてるんです」みたいな回答が多いんですよね。

でも、海外就職したい理由としては、それで十分だと思います

やっぱり、自分がやってみたいと思ったこと、輝ける場所で働くことが大事ですよね。

『海外就職』は他の人から見てもうらやましがられることとか、憧れの的になることも多いので、海外就職のひとつのメリットと言っても過言ではありません。

海外就職のデメリット5つ

しかし、海外就職ではデメリットも多くあります。

主に、日本の一般的な社会や職場文化の違いに戸惑うことが多いためです。

メリットと同じく、デメリットも5つ挙げてみます。

海外就職のデメリット5つ

  1. 日本に帰ってきたときに日本の職場文化に馴染めるか不安
  2. 日本より給与水準が低い場合が多い
  3. 年金や退職金などの社会保険が不十分
  4. 健康面、医療面での不安
  5. 日本とは違う職場文化があるので順応することが難しいところも

それでは、順に説明していきますね。

日本に帰ってきたときに日本の職場文化に馴染めるか不安

海外就職の期間が長くなってしまうと、いざ日本企業で働くときに職場文化の違いに戸惑う人が多いのも事実です。

『海外就職のメリット』でも紹介したように、日本企業特有の職場文化が色濃く残る企業も多くあります。

例えば、日本企業で『定時になったら上司や同僚の目を気にせずに帰る』『有給を自分のペースで取得する』など。

海外企業ではこういった行為はそこまでとがめられることは少ないですが、日本企業ではそうとも言い切れません。

海外就職の経験が長いと、日本企業に復帰するときにこのような職場文化の違いが出てくる可能性がありますので注意しましょう。

日本より給与水準が低い場合が多い

日本は世界的に見ても給与水準の高い国です。

すなわち、海外企業で働くとなると日本ほど高い給与をもらうことは難しくなるでしょう。

理由として、ただでさえ給与が高い現地の言語に不安のある日本人を、わざわざ海外の企業が雇うとは思えません。

結果、足元を見られて現地の日系企業に安い賃金で雇われるなんてこともよくあります。

もちろん、実績、実力が十分な日本人もいると思うので、そういったビジネスパーソンは高待遇の就労条件で海外就職することも可能です。

しかし、東南アジア圏で働く日本人は、ほとんどが日本より低水準な給与で働いています。

その分東南アジアは生活コストが安いので、そこまで貧しい暮らしを強いられるわけではありませんが、十分な貯金などはできないかもしれませんね。

年金保険や退職金などの社会保険が不十分

まず海外就職となると、年金保険や医療保険などの社会保険が気になるところです。

結論、日本企業から命令などによる海外駐在となると、会社が年金保険や医療保険に加入してくれたりしますが、現地での採用となると十分な社会保険がない場合が多いです。

日本と違って、医療費を全額負担してくれる会社もあるのですが、実力主義の海外企業では場合によっては大病を患った瞬間に解雇されることもあります。

そうなると、社会保険なども切られる可能性があるため、非常にシビアな現実が待っているかもしません。

やはり、日本ほどの安定した社会保険を望めない可能性がありますので注意が必要です。

日本と比べて健康面、医療面での不安はある

海外で就職すると、日本ほどの高い医療技術を持った医者や、最新の医療設備が整っている診療機関にかかることが難しくなることがあります。

そして、慣れない海外生活によるストレス、食生活の悪化、衛生面の不安なども考えられます。

実際に、日本ではほとんど病気にかかったことのない人でも、現地フィリピンでの生活で何度も病院にかかる人も多くいました。

国際的に権威のある専門誌Lansetの2017年のデータによると、日本の医療の質は北欧などと比べても遜色のない、世界4位タイの国々と1ポイント差の11位とのデータがでています。

アメリカやイギリスなどを含むG7の中でも、日本はトップの医療水準を誇ります。

このように、日本の医療の質は世界的に見ても高水準であるため、海外就職をするとどうしても病気や怪我をしてしまったときの不安は出てくるでしょう。

日本とは違う職場文化があるので順応することが難しいところも

『海外就職のメリット』のパートでもお伝えしましたが、日本企業の職場文化と大きく違う面が海外にはあります。

そのため、人によっては海外の職場文化に順応することが難しい人も出てくるでしょう。

僕はフィリピンの企業で働いていたのですが、やはりフィリピン人と一緒に仕事をするときに、すごく難しい一面を目の当たりにしました。

フィリピン人はプライドが高く、人前で怒られたりミスをさらされることをひどく嫌います。

ミスをさらされた知り合いのフィリピン人が、訴訟を起こすかもしれないという話も出たぐらいです。

関わっていた日本人は、相当落ち込んでいてフィリピンで働くことの難しさを痛感していました。

このように、日本とはまったく違う職場文化だからこそ起こり得るデメリットもあるので、しっかりと心得ておきましょう。

まとめ:海外就職はメリットだらけなのでオススメ

それでは今回の『海外就職のメリット・デメリットについて』の記事を再度おさらいしていきましょう。

海外就職のメリット5つ

  1. 毎日異文化体験。人種も言語も違う
  2. 生活水準が上がる
  3. 日本の悪しき習慣とされるものがない
  4. 日本より転職が自由。実力主義なのでキャリアアップもしやすい
  5. 憧れの海外就職や長期滞在ができる

海外就職のデメリット5つ

  1. 日本に帰ってきたときに日本の職場文化に馴染めるか不安
  2. 日本より給与水準が低い場合が多い
  3. 年金や退職金などの社会保険が不十分
  4. 健康面、医療面での不安
  5. 日本とは違う職場文化があるので順応することが難しいところも

もちろん国によって職場文化や慣習、風土などは違いますが、日本企業のような職場文化を持つ会社は少ないはずです。

人生は長いので、もしあなたが海外就職をしてみたいという憧れがあるのなら、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。

海外でしかできない経験があるので、後悔のないような選択をできることを祈っています。

ぜひ、海外就職する際にはこの記事を参考にしていただけると筆者も喜びます。

以上、『海外就職を成功させたい人へ!経験者が教えるメリットとデメリット』について、Kredo Blog編集部のあこうがお伝えしました。

KredoのIT×英語留学でスキルを身につけ海外就職!

セブ島でIT×英語留学を行なっている「Kredo」では、ITと英語のスキルを同時に身につけることができます。

また、KredoでITと英語のスキルを身につけた卒業生で海外勤務を希望された方はの多くは、海外のIT企業へインターンシップや海外就職をされています。 そう、ITと英語のスキルを身につけることで、海外就職のハードルが下がるのです。

日系のオフショア開発企業が海外に増えている中、海外でITと英語ができる日本人というのは非常に貴重な存在なのです。

セブ島常駐のスタッフが、ご留学に関するカウンセリングを無料で行なっています。 お気軽にお問い合わせください!

まずはお問い合わせしてみる

セブ島で、ITと英語を同時に学びませんか?

当メディアを運営しているKredoでは、「セブ島で唯一、ITを英語で教える政府公認校」として IT × 英語 留学を運営しています。これからの時代は「 ITスキル+α」の時代です。卒業生は国内外のIT企業への就職、海外起業、フリーランスなど、実績が多数ございます。IT、英語ともに初心者の方から学ぶことができますので、ぜひお気軽にご相談ください!

Kredo公式サイトへ
この記事を書いた人
Koji Ako
Koji Ako

フリーランスとしてWebメディア運営、留学支援の仕事をメインに、セブ島/台湾で活動中。高校を卒業しニートになり、工場フリーターなどを10年以上経験。人生を変えるべく一念発起して34歳でセブ島IT留学をし、大きく人生を変えた1人。