セブ島の海、山、滝!在住者おすすめの観光すべき自然12選

公開日:2019.03.28
更新日:2019.03.28
El Nido(エルニド)

こんにちは!

セブ島のバジャウ族という民族の中でゴロゴロしていたらセブ島IT×英語留学の「Kredo」にスカウトされた太一です。

南国のセブ島に来た際には、大自然の中でゆっくりとした時間を過ごしたいという方も多いはずです。

セブ島は島、ビーチのイメージが強いですが、それ以外にも自然を味わえる魅力溢れるスポットがたくさんあるんです!

今回はセブ島でも僕がおすすめする自然を満喫することができる、海、山、滝をそれぞれ3スポットずつ紹介していきます。

都会の喧騒につかれているそこのあなた!これからご紹介するスポットを訪れてリラックスしてみてはいかがでしょうか?

セブ島観光自然・ビーチ編

セブ島観光といえば綺麗なビーチ、綺麗な海は外せないですよね。セブ島からいけるおすすめのビーチを3選ご紹介します。

Lambug Public Beach(ランバグパブリックビーチ)

photo by [Faith Mari]

ランバグパブリックビーチは近年人気になってきているビーチで、格安で泊まれる宿から高級リゾートホテルまであり、宿泊も可能です。さらに、水上コテージにも泊まることができます。

青い海がとても綺麗で、シュノーケリングをすることもでき、さらにはビーチではBBQをすることも可能です。

セブ島の有名なシュノーケリングスポットであるモアルボアルから少し北に行ったバディアン地区に位置し、

モアルボアルまでサウスバスターミナルから出ているバスで移動し、そこからタクシーで向かうことができます。

Hermit’s Cove(ハーミッツコーブ)

photo by [Jan Ralinom]

日本人にはあまり知られていない穴場スポットです。人も少なく静かで、リラックスして過ごすことができます。

海がとても綺麗で、ビーチ付近には木の下に椅子や机があり、木陰で休憩することもできます。コテージもあり、グループでいく際にはそこでのんびりすることも可能です。

現地ではアイスなどお菓子は売っていますが、しっかりとした食事は売っていませんので、道中で購入するなりして持っていきましょう。

セブシティから2時間半くらいでいくことができます。サウスバスターミナルからバスで2時間程度、バスを降りてから30分程度タクシーで移動すると行くことができます。

Paradise Beach(パラダイスビーチ)

自然に囲まれた真っ白い砂浜、青い海のパラダイスビーチです。とても綺麗で週末には大勢の人が訪れます。

パラダイスビーチはセブ島の北側、バンタヤン島にあります。

バスで5時間、またはタクシーで3時間かけてハグナヤポートへ向かい、そこからフェリーで1時間半ほどでいくことができます。

セブ島観光自然・滝編

photo by [著作者名]

セブ島には数多くの人気滝スポットが存在します。1年中暑いセブ島では水辺が観光地として人気になる傾向があり、その中でも滝は多くの観光客が訪れています。そんな滝スポットのおすすめ3選をご紹介します。

Aguinid Falls(アギニッド滝)

photo by [berliber] アギニッド滝は乳白色の綺麗な川で、意外と知られていない穴場スポットです。

頂上にたどり着くにはいくつかレベルがあり、難所を越えていかなければいけません。さらに岩場などで滑ることもあるので危険が伴いますが、それと引き換えに山の中、滝を登っていくのはとても楽しく、登りきった際には達成感を感じることができます。

アギニッド滝は滝を登っていきます。そのため観光客だけで行くのは禁止されており、必ずガイドを2人つけて向かわなければいけません。入場料は20ペソ(約40円)です。ガイドはボランティアですが入場料を払う際にチップをあげてくださいと言われるので、無事に戻ってきてからチップをあげてください。

アギニッド滝はジンベイザメと泳ぐことができる場所、オスロブの近くにあります。オスロブからはトライシクルで行くことが可能です。なので、ジンベイザメと泳いだ後に行くのがおすすめです。

Tumalog Falls(ツマログ滝)

photo by [Chelsey Agcopra] 神秘の滝の異名を持つツマログ滝は山の中にあり、マイナスイオンを存分に楽しむことができます。

水は乳白色なので透き通っていることはないですが、ここでは泳ぐこともできるのでリラックスするのに最適の場所!

ツマログ滝もオスロブの近くにあります。セブシティにあるサウスバスターミナルから3〜4時間で到着します。バスを下車したらタクシーなどを拾い、駐車場に到着したらそこからは徒歩でツマログ滝まで向かいます。

10分も歩けばエントランスに着くのでそこで入場料20ペソ(約40円)払います。敷地内では滝の水しぶきで濡れてしまうので、水着などに着替えておきましょう。

Kawasan Falls(カワサン滝)

photo by [Ninya Regalado]

カワサン滝が人気の理由は豊かな自然、そして10m以上の高さから飛び込むことができるなどのアトラクションが充実しているからです。

僕は高所恐怖症なので、飛び込むときは下を見れませんでしたが、めっちゃ楽しかったので是非トライしてください!

カワサン滝もオスロブの近くにあります。セブシティのサウスバスターミナルからバスでいくことができます。

エントランスで40ペソ(約80円)支払い、そこからまた少し歩けばカワサン滝に到着します。

セブ島観光自然・山編

セブ島の観光地といえばまず青い透き通った海、白いビーチを想像しますが、セブ島は海以外の自然もとても綺麗です。今からはセブ島で綺麗な登山できる山を3選ご紹介します。

Osmena Peak(オスメニアピーク)

photo by [Faith Mari] まず1番のおすすめがオスメニアピーク。

オスメニアピークはセブ島南部にあり、セブ島で最も標高の高い山です。約1000mです。結構高いですが比較的簡単に登山できるのが人気の理由です。

オスメニアピークに行くにはセブシティにあるサウスバスターミナルから出ているバスで向かい、バスに3時間程度で到着します。マンタロンゴンという場所で下車し、山の麓までタクシーで向かいます。

麓から数分歩いたところに小屋があり、そこで入場料30ペソを支払います。

ここから30分程度登山するともう頂上に到着します。道も決して険しくないので誰でも比較的簡単に楽しむことができます。

頂上からはセブ島の街、海を一望できます。

朝方には朝日が、昼間には青い海とセブの街並み、夜にはとても綺麗な星空を楽しむことができる、どのタイミングで訪れても楽しめる最強スポットです!!

Mt. Naupa(ナウパ山)

photo by [Faith Mari]

超ローカルな山です。人、観光客、地元民を含めてほとんどいません。ナウパ山の標高は標高約600mです。

ここの山には入場料がないので、費用は移動費だけです。オスメニアピークほど標高はありませんが登頂するのにはオスメニアピークを登頂するのにかかる時間よりも時間がかかります。だいたい1時間程度で山頂に到着します。

自然の中にあるため、ここナウパ山の頂上から眺める景色は自然ばかりです。セブ島の街の風景がほとんど見えないので自然が大好きという方にはもってこいの場所です。

Mt. Kan-Irag(カン・イラグ山)

photo by [Lee]

別名シラオピークと呼ばれています。白尾ピークからの景色は絶景です。

シラオ山はトレッキング、もしくはハイキングで頂上まで行くため、ハイキングなどのアクティビティが好きな方がシラオピークがおすすめ。

セブ島にはトップスという場所もあり、そこから見る景色も綺麗ですが、トップスは登山とは違い、タクシーなどで頂上まで行きます。ハイキングが嫌いな方にはトップスがいいかもしれませんね。

セブ島観光自然・番外編

番外編でここからは上記のカテゴリーに属さないが、セブ島で自然を楽しむのにぴったりの観光地をご紹介します。

Alegria Heritage Park Xavier Bay Complex

こちらはセブ島にある歴史的な広場で、カワサン滝のあるアレグリア地方にあります。遺産がある広場で、目の前にはビーチがあります。そのピースフルな場所に虜になります。

Guadalupe Cave

photo by [Dan]

ここの洞窟はLangob Shrineの別名を持ちます。カトリック教会のシンボルであるグアダルーペの聖母が祀られている洞窟です。グアダルーペの聖母とはメキシコがスペインに支配されていた時に現れた聖母であり、ここセブ島も昔はスペインの植民地であり、その時代にグアダルーペの聖母がこの洞窟に出現したと信じられています。

自然、洞窟を楽しみながらセブ島の歴史も肌で感じることができます。

場所はセブシティ内にあり、タクシーなどで30分もあれば行くことが可能です。

Terrazas de Flores(テラス・デ・フローレス)

photo by [Faith Mari]

花の庭園と呼ばれるこの場所にはインスタ映えするスポットがたくさんあります。インスタ映えを狙う女性に大人気の場所です。

ここはサンカルロス大学と提携して整備されており庭園の中にはカフェもあり、静かな自然の中でコーヒー、食事を味わうことも可能になっています。2ヘクタールの広さの中に100種類以上のお花があるので、セブ島で自然を楽しみたい方にはとっておきの場所です。

セブ島の街が一望できるトップスの付近の山道に位置し、自然を楽しむことができます。

まとめ

photo by [cham_my]

セブ島のイメージは海、ビーチが強いですが、ご紹介したように、それ以外にも魅力的な山、公園、洞窟などたくさんあるんです!

海に少し飽きたなら、ハイキングやマイナスイオン溢れるパワースポットに行くなど、一味違うセブ島を楽しんでみてはいかがでしょうか!?

セブ島で、ITと英語を同時に学びませんか?

当メディアを運営しているKredoでは、「セブ島で唯一、ITを英語で教える政府公認校」として IT × 英語 留学を運営しています。これからの時代は「 ITスキル+α」の時代です。卒業生は国内外のIT企業への就職、海外起業、フリーランスなど、実績が多数ございます。IT、英語ともに初心者の方から学ぶことができますので、ぜひお気軽にご相談ください!

Kredo公式サイトへ
この記事を書いた人
Taichi
Taichi

海外新卒フリーランスライターをやめてKredoでインターンをしている倉若太一(くらわかたいち)です。倉若って名前日本に100人くらいしかいないめっちゃ珍しい名字。大学4回生の頃にアメリカへ1年間留学、その時にした「アメリカ3ヶ月宿無し旅」がきっかけで旅にもうハマり。今はある部族の集落に住みながらリモートワークでインターン中。3/25日からオフィス勤務です。今はKredoでいっぱい学んで将来「海外フッ軽族」になるのが夢。