蚊と日差しに要注意!セブ島旅行で快適に過ごすための服装

公開日:2019.04.11
更新日:2019.04.17

こんにちは!

セブ島IT×英語留学のKredoでインターンをしている太一です。

セブ島って聞けばどんなイメージを思い浮かべますか?

なんとなくこんな感じを想像したかと思います。

それなら、セブ島での服装ってどんなイメージをお持ちですか?
半袖、半ズボン、ビーチサンダルを思い浮かべませんでしたか?

あながち間違えではありませんが、現地に来てから現地人の服装を見て気づくことがあります。

それは半ズボンを履いている人よりも、
ジーンズのような長ズボンを履いている人の方がよく見かけるということです。

それに常夏ですが、パーカーなどの上着を1枚は持っていきましょう。

今回は意外と半袖、半ズボン、ビーチサンダルではないセブ島の服装事情、
セブ島へ旅行に行く際に上着を持っていた方が良い理由もしっかりと説明します。

セブ島の季節に合わせた服装

セブ島は1年中夏ですが、2つの季節があります。それは雨季と乾季です。
雨季は6月〜11月頃まで、乾季は12月〜5月となります。

1年中暖かく、服装がそこまで変わらないような感じがしますが、
それぞれの季節に合った服装があるのでご紹介します。

セブ島のシーズンごとの気温や降水量、特徴については以下の記事で詳しくご紹介しています!

セブ島雨季時の服装:6月〜11月編

雨季に適した服装は通気性のいいTシャツなどのトップスに、
半ズボン、サンダル、もしくは濡れてもいい靴がおすすめです。

セブ島には2つの季節しかなく、1年の内半月は雨季に当たります。
日本の雨季を思い浮かべれば1日中雨が降り続くような感じがしますが、
セブ島では異なります。

1日中雨が降り続くということは珍しく、1日の何処かのタイミングでスコールが振ります。
そして少しするとやんで、また降るといった感じです。

海辺や田舎には蚊が発生します。
刺されるのが嫌いな人は長めのズボンを持っていくことをおすすめします。

また、雨が降ってきたときのためにウィンドブレーカーもしくは折り畳み傘を常備しておきましょう。

セブ島乾季の服装:12月〜5月編

乾季の服装も通気性のいい服は外せないですね。それに暑いので半ズボン、サンダルも。

セブ島の雨季以外のもう一つの季節が乾季です。
乾季の服装も雨季の時とほぼ変わりはないです。

パーカーなどの上着を1枚持って行くことをおすすめします。

その理由は、店内で冷房が効きすぎているお店があるからです。
タクシー内も同様で、冷房が効きすぎていることがあります。

寒すぎるってことが結構あるので上着は常備しておいておきたいです。

場面別・セブ島の服装

日本でおしゃれなレストランに行くときにドレスコードが必要なように、
セブ島でもいくつか場面に応じて服装を変えなければいけない、変えたほうがいいという場合があります。

セブ島服装・ビーチ編

セブ島へ旅行に行く際の大きな目的が綺麗なビーチって方はたくさんいると思います。
そんなセブ島の代名詞、ビーチでおすすめの服装を紹介します。

水着、ビーチサンダル。

基本的にはこれだけで大丈夫ですが、
かなり暑いので帽子は持っていくようにしましょう。
日差しから頭を守ることが大切です。

それからあまり日焼けしたくない方はサングラス、上着、日焼け止めを持っていきましょう。
日本より紫外線が強いのですぐに焼けてしまします。

セブ島服装・クラブ編

セブ島ではドレスコードを設けているクラブやバーがいくつかあります。

週末になると多くの旅行者や留学生で賑わいますが
ドレスコードがあるクラブなどに行く際には注意が必要です。

主に、半ズボンを履いている人、またはビーサンを履いている人は入場規制されます。
ジーンズなどの長ズボン、靴を履いていきましょう。

トップスに関しては特に規制はなくTシャツで入場することができます。
お昼に半袖、半ズボン、ビーチサンダルで遊んでそのまま行ってしまえば、
クラブに入れないこともあるので注意が必要です。

セブ島服装・おしゃれなレストラン編

夜景の見えるレストラン、高級ホテルのレストランなどで
NGになる可能性が高い服装は、
タンクトップ、半ズボン(男性)、ビーチサンダルです。

Tシャツでも大丈夫ですが、フォーマルすぎない襟付きのシャツなどが適しています。
女性の方はワンピースにショールなどの組み合わせでも大丈夫です。

番外編・あると便利なアイテム編

マスク

セブ市内を観光するとなれば、マスクが意外と役にたつかもしれません。
マスクを着用すれば暑いのは承知ですが、それ以上に健康に害を及ぼす排気ガスから守ってくれます。

セブ島での排気ガスは思っているよりも深刻なので、
排気ガスが気になる方は持っていくようにしましょう。

サングラス

サングラスはあれば持っていきたいです。

紫外線は目から吸収するためサングラスを着用することである程度カットできるのです。

虫除け&かゆみ止め

一年中夏で、蚊が大量にいます。外出時の虫除けスプレー、室内用の蚊よけもあれば最高です。

ドレスコード用の服

セブ島では高級ホテルのレストランなど、ドレスコードのある場所があります。
そのような場所にいく予定がある方はカジュアルすぎない、フォーマルすぎない服を1着持っていきましょう。

スマホ防水ケース

セブ島といえばビーチです。
せっかく綺麗なビーチにいくので写真に残したい。

そこで海の中に携帯を落としてしまえば楽しむどころではありません。
防水機能が付いている携帯でも海水となれば話は別なので、
万が一を回避するためにスマホ防水ケースがあれば携帯水没を防いでくれます。

トイレットペーパー

セブ島のトイレではトイレットペーパーがないことがあります。結構な頻度で。
そのため外出する際にはトイレットペーパーをもち運んだ方が良いです。

トイレットペーパーが大きくて荷物になるならポケットティッシュでも代用可能です。

セブ島ではトイレットペーパーを流してはいけないトイレがほとんどです。
備え付けのゴミ箱があるのでそこに捨てるようにしましょう。

ちなみに僕は流してはいけないと知らずに、
滞在していたホテルで流しまくって詰まらせた経験の持ち主です。

ご注意を。

旅行英会話の本

簡単な旅行英会話の本は海外旅行の障壁を低くしてくれます。
さらに、その本を使い会話を試みれば英会話の練習にもなっちゃいます。

まとめ

セブ島旅行時には基本的んは半袖、半ズボン、ビーチサンダルで大丈夫です。

しかししっかりとドレスコードのあるお店もあります。
そういった場所にビーチサンダルなどで行ってしまい、入場拒否されないように気をつけましょう。

セブ島で留学しながらプログラミング×英語スキルを身につけよう!

セブ島 IT×英語留学の「Kredo」は、セブ島でIT / プログラミングを英語で学べる日系で唯一のフィリピン政府公認校で、プログラミングと英語のスキルを同時に身につけることができます。

また、Kredoの卒業生は、有名IT企業、グローバル外資系企業への就職、海外就職、起業、フリーランスなど、さまざまな道で活躍しています。

これからは、プログラミングと英語のスキルが必須となる時代。

あなたも「Kredo」でプログラミングと英語のスキルを身につけ、世界で活躍できる人材を目指しましょう!

Kredo公式サイトをみる

セブ島で、ITと英語を同時に学びませんか?

当メディアを運営しているKredoでは、「セブ島で唯一、ITを英語で教える政府公認校」として IT × 英語 留学を運営しています。これからの時代は「 ITスキル+α」の時代です。卒業生は国内外のIT企業への就職、海外起業、フリーランスなど、実績が多数ございます。IT、英語ともに初心者の方から学ぶことができますので、ぜひお気軽にご相談ください!

Kredo公式サイトへ
この記事を書いた人
Taichi
Taichi

海外新卒フリーランスライターをやめてKredoでインターンをしている倉若太一(くらわかたいち)です。倉若って名前日本に100人くらいしかいないめっちゃ珍しい名字。大学4回生の頃にアメリカへ1年間留学、その時にした「アメリカ3ヶ月宿無し旅」がきっかけで旅にもうハマり。今はある部族の集落に住みながらリモートワークでインターン中。3/25日からオフィス勤務です。今はKredoでいっぱい学んで将来「海外フッ軽族」になるのが夢。