コースなどに関するご質問は、お気軽にご相談ください。 無料で資料請求する お申し込みする まずはお問い合わせしてみる

Kredo留学でSprobeへ!卒業生の海外就職のリアルを突撃取材!

池田 壮真 Sprobe Inc. / デベロッパー

20代24週間以上の長期留学WEBデベロップコース

公開日:2019.05.29

更新日:2019.06.16

今回、Kredoの卒業生である池田壮真さんに突撃取材してきました。

KredoのWebデベロップコースを卒業し、現在はSprobe.incでエンジニアとして活躍されてるそうです。

現在でこそフィリピン人と一緒にエンジニアとして共同開発してる池田さんですが、
Kredoに留学する前はごく一般の大学生だったそうです。

海外就職される方は必見のインタビュー記事です。

Kredoに入る前は普通の大学生だった。

かいと

本日はお忙しい中ありがとうございます。 よろしくお願いします。

池田さん

こちらこそ、よろしくお願いします!

かいと

早速なんですが、Kredoに留学される前は何をやられてたんですか?

池田さん

普通の大学生で、周りと同じようにバイトしてました。

かいと

えっそうなんですか! 今の池田さん見ると想像できません!! 今はエンジニアとして最先端を走ってる印象があります。

池田さん

僕、将来は絶対に海外フリーランスエンジニアとして働きたいと思ってるんですよ! そのためには、海外エンジニアとして経験を積むのが一番だなと思ったんですよ!

かいと

海外でフリーランスエンジニア!!いいですね! ちなみに、数あるIT留学校の中からKredoを選んだきっかけはなんだったんですか?

池田さん

これ、僕自身が1番びっくりしたんですが、元々、行く予定だった学校が潰れたんですよ!! 他のIT留学校を探してたら”ITを英語で教える”とKredoさんのWebサイトに載ってて”ビビッと”きたんですよ。 英語でITを学べたら海外でフリーランスエンジニアとして働く夢が叶いそうって思って、即決で申し込みました。

かいと

すごいハプニングですね。 確かに、IT留学には英語でプログラミングを教えてくれる学校日本語でプログラミングを教えてくれる学校がありますよね!

少人数で、英語でITの授業はKredoでしか体験できない

かいと

実際にKredoの授業を受けてみてどうでしたか?

池田さん

ITの授業は大満足でした!! 英語でITの授業が学べる経験はKredoさんでしかできないなと思います。

かいと

ありがとうございます。 Kredoの特徴でもありますよね!

池田さん

はい! 先生たちもかなり褒め上手でつまずいてるときもそっとカバーしてくださいましたので、すごい助かりました。

かいと

ありがとうございます。 ちなみに、一緒に授業を受けてる生徒はどのような人でしたか?

池田さん

1人、大学を休学してKredoさんの授業受けてた同期入学の子がいたんですが、 その人はかなり意識高くて、すごいなと思いました。 その方は、Kredoを卒業した後、シリコンバレーにあるIT企業でインターンしてました。 本当に切磋琢磨できる仲間を見つけることができました。

かいと

シリコンバレーのIT企業でインターンってすごいですね!

池田さん

僕もびっくりしました。 今は、大手の日本企業で働いてるそうです。

かいと

すごい… いいモチベーションになりますね! 宿泊先はどちらでしたか?

池田さん

宿泊先はITパーク内にある、アビダタワーというホテルでした。 アクセスも便利で居心地がかなり良かったです。

かいと

ITパーク内にあればアクセスいいですね!

自分が海外就職できたのはKredoさんのおかげです。

かいと

池田さんが海外就職されたきっかけを教えてください!

池田さん

はい! 僕、日本の企業の上下関係が苦手なんですよ! それと、もっと自由に働きたいと思ったからです。

かいと

確かに、 年功序列といい、日本の社会にはピラミッドが存在する印象があります。 実際に海外就職されてみてどうでしたか?

池田さん

大きな違いは定時上がりが当たり前という事です。 フィリピン人は家族を一番大事にするので、絶対定時に仕事を終える印象があります。

かいと

日本ですと、定時に上がるのはかなり気まずいですよね(笑)

現在は、日本人で唯一、Sprobe開発業務に携わっている

かいと

現在はSprobeさんでどのような業務に携わってるんですか?

池田さん

フィリピン人と一緒に開発業務に携わってます。

かいと

え?かなり珍しいですね! 海外就職ですと、日本人はブリッジSEの業務をするってイメージがあります。

池田さん

開発業務に携わることができて、僕自身かなりラッキーでした。

かいと

ちなみに、実際に現場で開発されてるとのことでしたが、開発言語はプロジェクトごとに変わるんですか?

池田さん

はい!変わります。 ちなみに、今はJavaScriptのフレームワークであるReact Nativeでアプリを開発してます。

かいと

この言語は現場で働きながら学ばれたんですか?

池田さん

はい! 現場で開発しながら手探りで学びました。 わからない箇所があれば、フィリピン人エンジニアが丁寧に教えてくださいました。

かいと

え、そうなんですか! かなりいい環境ですね!

池田さん

Kredoの横田社長とSprobeのマネジメントで話し合ってもらい、Kredo x Sprobeのインターン連携立ち上げのモデル生としてSprobeのインターンからスタートさせてもらうことになったのです。 なので、Kredoさんにはかなり感謝してます。

かいと

Kredoで3ヶ月学んで残りの3ヶ月は会社でインターンできるコースですよね。 今は、SprobeさんとLIGさんがありますよね。

池田さん

はい! 今後も募集中だそうです。

かいと

そうなんですね! 何卒よろしくお願いします!

Sprobeはフレックスな働き方を推奨

かいと

次に、Sprobeさんでの1日の流れを教えてください!

池田さん

弊社ではフレックスタイムを採用しております。 7時から9時の間であればいつ出社しても大丈夫です。

7時に来たら16時に帰れます。

そして、9時からスクラムという朝礼があります。 ここでは、今日やることについて話し合います。 それ以降はチームでの開発です。

かいと

フレックスタイム!! 働きやすいですね! もちろん、社内の共通言語は英語ですよね? 実際に英語での開発は難しいですか?

池田さん

はい!そうです! 日本人とフィリピン人が話す時は英語ですが、ただ、フィリピン人通しはビサヤ語で話してます。 英語での開発ですが、Kredoさんでの英語の授業のおかげで難しくありませんでした。

かいと

ちなみに、フィリピン人と一緒に働いて苦労する場面ってございますか?

池田さん

強いて言うなら金銭感覚のズレですね! フィリピン人と一緒にご飯によく行くんですが、一度、150ペソの食べ物に対して、「うわっ安い」って言っちゃったんですよ。
そしたらフィリピン人に「何を言ってるんだ?高いじゃないか?」といわれて、まずいなって思いました。

かいと

文化の違いですね。 海外で働く際は文化の違いも気を遣った方が良さそうですね。

池田さん

そうですね! 肌で実感しました。 仕事面では何も苦労はしません。

Kredoのおかげでフィリピン人とコミュニケーションが取れてる

かいと

Sprobeで働かれていて、IT英語は実務面では役に立ってますか?

池田さん

かなり役に立ってますよ! Kredoで学んだIT英語のおかげでフィリピン人とコミュニケーション取れてます。

かいと

IT英語は専門的で難しいってよく聞きますしね!

池田さん

そうなんですよ!! IT英語を聞き取る耳が慣れてると海外就職する際はかなり役に立ちますね!

かいと

なるほど! かなりいい意見が聞けました。 ありがとうございます。

将来はSprobeカナダを立ち上げたい!

かいと

次に池田さんの目標を教えてもらえますと幸いです。

池田さん

フィリピン人エンジニアに頼らずに自分1人でも開発できるようにしたいです。 将来は昔留学していたカナダへの愛着も強いことから、エンジニアスキルだけでなくビジネススキルも身に着けて弊社のカナダ拠点 (Sprobeカナダ)を立ち上げてみたいと思っています。 海外でエンジニアとして働きたい一心で、学生時代はバイトして貯金をし、Kredoさんに通いました。

かいと

すごい…自己投資ですね!!

プログラミングは英語で学ぶべき

かいと

英語でプログラミングを学ぶ事に関してはどう思いますか?

池田さん

プログラミングは英語で学ぶべきだと思います。 というのも、プログラミングは海外で開発された言語ばかりなので、英語でプログラミングに触れることができれば、情報源がかなり増えます。

かいと

詳しく教えてください!

池田さん

例えば、QAサイトのスタック・オーバーフローはご存知ですか?

かいと

はい! エンジニアのための質問サイトですよね!

池田さん

はい! スタック・オーバーフローには日本語版と英語版があるんですが、日本語版は初学者向けなんですよ。 いざ技術的な質問をしても質問が返って来にくいんですが、英語版の場合はすぐに返って来ます。 エンジニアの数が多いので、かなりマニアックな質問をしても返って来ます。

かいと

圧倒的に海外の方が日本に比べてエンジニアの母数が多いですしね!!

池田さん

はい! あとは、英語でプログラミング勉強した方がプログラミング言語が理解しやすい印象がありました。 プログラミングは日本語ではなく英語で勉強すべきです。

かいと

ありがとうございます! かなり参考になりました!!

これからKredoに来る方に一言

かいと

最後にこれからKredoに来る方に一言お願いします!

池田さん

はい! 海外就職したいのであれば、英語でプログラミングを学ぶべきです。 これは、自分が海外就職してみて、肌で感じたことです。 また、Kredoさんで3ヶ月英語を学べばフィリピン人との仕事に支障をきたさないと思います! 頑張ってください!

かいと

素敵な感想ありがとうございました。 本日はお時間を取っていただき、誠にありがとうございました。

池田さん

こちらこそありがとうございました。

まとめ

今回、池田壮真さんにインタビューしてみて英語でプログラミングを学ぶ重要性を知ることができました。

というのも、池田さんによると、英語でプログラミングを学べば日本語でプログラミングを学んだ場合より海外就職しやすいからです。

また、プログラミング言語は海外で開発されたものがほとんどなので、英語で学んだ方が理解しやすいでしょう。

これから、海外就職される方はぜひ参考にしてみてください!