セブ島・ITパークの治安を各国と比較した結果【2019年最新】

公開日:2019.02.15
更新日:2019.03.22

留学を検討されている方で、とても気になることといえば現地の治安状態ではないでしょうか?
特にフィリピンは東南アジアということもあり、不安な方が多いかと思います。

そこで今回は、セブ島と留学主要都市と比較してみました。
すると驚きの結果が出たのです!!!

ぜひ、留学地決めの参考にしてみてください!

セブ島と留学主要都市の【治安レベル】を比較してみた


フィリピンの中でもセブ島は治安が良いと言われておりますが実際はどうなのでしょうか?
次のデータは各国各都市の犯罪指数を調べることのできる「NUMBEO」というデータベースサイトから検索した各都市の治安レベルの比較です。
左上の「Crime Index(犯罪指数)」「Safety Scale(安全度数) 」という2つの数字を足すと大体100となり、治安レベルを測ることができます。

フィリピンの首都【マニラ】 vs 【セブ】

首都マニラとの比較です。同じ国内でも治安の差が出ています。
フィリピンは治安が悪いと思われがちですが都市によって異なるようです。

オーストラリアの人気留学地【メルボルン】 vs 【セブ】

オーストラリア留学で人気の都市、メルボルンとの比較です。
なんと指数は1ポイント低いですが、ほぼ同じ治安レベルです!

ニュージーランドの人気留学地【オークランド】 vs 【セブ】

ニュージランド留学で人気の都市、オークランドとの比較です。
こちらはなんと、3ポイントとわずかながらセブの方が安全というデータが出ています!

アメリカの人気留学地【ニューヨーク】 vs 【セブ】

留学地としても旅行先としてもダントツで人気の都市、ニューヨークとの比較です。
なんと1ポイントながらセブの方が安全というデータが出ています!

世界第3位の安全国家【東京】 vs 【セブ】

我が国、日本との比較です。これはさすがに敵いませんね…笑
日本は世界で3番目に安全な国とされています。
日本から出る際は、どこの国へいっても危険が伴うということですね。日本がいかに安全で平和であるかということを知ることができたと思います。

セブ島の治安レベルは良い

上記のデータから、セブの治安レベルは他の人気留学地と変わらない、むしろわずかながら上回っている都市もあります!

「フィリピン=治安」が悪いと思われがちですが、セブ島は他の先進国の都市に留学するのと変わらないほどの治安レベルなのです。

しかしどこの国へ行くとしても、日本から出る以上は十分に気をつけなければいけません。

フィリピンを安全に歩くコツ

各都市との比較でセブ島は先進国の人気留学地と変わらぬほどの治安レベルということがわかりましたが、あくまでも海外。
出歩く際は犯罪に巻き込まれぬように気をつけなければなりません。

特に発展途上国であるフィリピンでは「日本人=お金を持っている、おとなしい」といったイメージがあるためターゲットにされやすいのです。
ターゲットにされないためにも以下のことを心がけなければなりません。

  1. 夜中には出歩かない
  2. 移動はタクシーを使う
  3. リュックは前に抱えて歩く
  4. ポケットにスマートフォンや財布など高価なものは入れない(スラられる可能性も…)
  5. 現地に慣れている感を出しドヤ顔で歩く(意外と重要)

フィリピンの生活に慣れてくると気が緩み、一番危険です。
常に心がけるようにしましょう!!

セブ島でもっとも治安が良いITパーク

ここで、治安が良いと言われるセブの中でも、さらに治安が良いとされているITパークの治安についてみていきます。
残念ながら統計データなどはないのですが、ITパークはフィリピンの経済特区にも指定されているためエリア内は厳重に警備されています。
フィリピンでは珍しく、エリア内にはストリートチルドレンや物乞いはいません。

車道には車がスピードを出しすぎないようにするためのバンプが設置されており、車やバイクは遅く走行する必要があります。

またアメリカのコールセンターも多くあるため、ITパーク内には24時間働いている人がいます。
そのため夜中に出歩いてもトラブルに巻き込まれることは少ないです。
街中に警備員(セキュリティーガード)が多く配置されているのも安心感がありますね。

まとめ:セブ島の治安は他国主要都市と同じくらい良い

今回は実際のデータを用いてセブの治安を調査してみましたが、セブの治安レベルは先進国の人気留学地と変わらない、むしろわずかながら治安が良いということが判明しました。

治安レベル

東京=ITパーク>>>メルボルン>セブ>ニューヨーク>オークランド>>マニラ

フィリピンの治安の悪いというイメージはマニラの治安の悪さが影響しているのかもしれません。

そしてそのセブ島の中でも最も治安が良いといわれているITパーク。
ストリートチルドレンや物乞いも滅多にいない、24時間働いている人が多いビジネス街です。
夜に女性が一人で歩くことができるほどのレベルです。
(とはいえ、安全な日本でも同様ですが、女性の夜中の一人歩きは十分に気をつける必要はありますよ!)

セブ最大の大型ショッピングモールも近く、レストランも充実しており、ナイトマーケットもあります。
安全性、利便性、施設やイベントの充実性、ともに申し分ありません。

自分は東京と変わらないくらいの治安ではないかと思っています。
(あくまで自分の感覚値です!笑)

より良く快適な留学生活を送るためにも学校の立地を考えるのはとても重要なことです。
皆さんも留学される際はぜひ、ITパークの学校を検討されてみてはいかがでしょうか?

留学するなら、ITパークにあるKredoへ!

Kredoはセブ島でもっとも治安がよいといわれているITパークに位置しています!
IT留学のほか、英語留学も定評があり、キャリアアップを目指すビジネスマンも多くいらっしゃいます。

ご留学を検討されている方はぜひ、Kredoを検討してみてください!

セブ島常駐のスタッフが無料でカウンセリングをお受けしておりますので、お気軽にご相談ください!

無料でカウンセリングする!

セブ島で、ITと英語を同時に学びませんか?

当メディアを運営しているKredoでは、「セブ島で唯一、ITを英語で教える政府公認校」として IT × 英語 留学を運営しています。これからの時代は「 ITスキル+α」の時代です。卒業生は国内外のIT企業への就職、海外起業、フリーランスなど、実績が多数ございます。IT、英語ともに初心者の方から学ぶことができますので、ぜひお気軽にご相談ください!

Kredo公式サイトへ
この記事を書いた人
MALIBU
MALIBU

Kredoのマーケティング責任者。 大学時代は全国の大学生を対象としたミスコンを主催し、アナウンサーやモデルを多数輩出。その人材を起用したインフルエンサーマーケティングやPR活動を行う。 2015年にはM-1グランプリに出場し、見事1回戦に進出。 かの"しずる"と激闘を繰り広げ、相方の大遅刻により大トリを任されるも、無念の敗退。 でも正直、この大会で優勝していたら、今の自分はなかったと思います。 全て人生は紙一重なんやなと。 大学卒業後は、人材大手企業に入社し、新規事業立ち上げ&CVC部門に配属され、HRTech系スタートアップの立ち上げを行う。 そして、なぜか今セブ島にいます。 真面目な話と、ふざけた話が混在してしまいまして申し訳ございません。 好きなものは夏とお酒と映画です。