セブ島IT留学体験談 Vol.56| IT・エンジニア留学のKredo

まずは飛び込んでみることが大事。やってみないと、向き不向きもわからない。

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

簡単に自己紹介お願いします。

清河大雅です。今20歳で大学2年生です。
春休みなので1ヶ月Kredoで留学するためにセブ島に来ました。

留学のきっかけを教えてください。

明確な将来の夢っていうのは今はまだないんですが、旅が好きなので世界一周もしたくて。そのためのツールとしてまず英語が必要だなと。
あとは就職も考えてはいますが、まだ就職するかどうかもわからないので…”スキルとしてこれがあれば生きていける”というものを身に着けたかったんです。それを探していたときに、ITが1番いいなと思いました。

なぜKredoを選びましたか?

短期留学ならセブ島だなというイメージがありました。インドも安いとは聞いていましたが、生活や食事が心配で…お腹壊さないかなって(笑)。セブ島は観光地としても来てみたかったのもあり、セブ島でITと英語が学べる学校をネットで探しました。Kredoが良いなと思ったのは”英語で”ITを学ぶという付加価値が大きかったです。
あと私の友人がKredoを卒業していて、その人の後押しもあって、Kredoに決めました。

英語でのIT授業はどうでしたか?

Kredoスタッフ:英語でのIT授業には不安はありませんでしたか?
英語は全然しゃべれないですし、聞くのもまだまだなんですけど…1回自分を追い込んでおきたかったんです(笑)。
Kredoは僕にとってスタートラインなんです。2年位のビジョンを持った上での今回の留学で、夏からは1年間のアメリカ留学も予定していて。
その前にまずはやってみて、自分はどこができないのかを確認した上で、夏までに詰めていこうかなと。
だからKredoですべてを完璧にできなくても大丈夫だと思って来ましたね。
Kredoスタッフ:よく計画されてますね!次の目的やプランがあると、授業も楽しんで受けられますよね。授業自体のご感想はいかがでしたか?
授業は一言で言うと、シンプルに良かったです。ただ、自分にセンスがなくて…フォトショップとかイラストレーターは特にそうで、デザインは美術的なセンスがないと難しいなと。ソフトの使い方や技術的な部分はわかってても、何を作って良いのかわからないんですよ。何も頭に思い浮かばなくて。これを作ってください、という完成図があればいくらでもできるんですけど(笑)。
htmlとか、コード打ったりするほうが自分は楽しかったですね。コード書けるとかっこいいな、というイメージもあったので、できるようになって良かったです。
引き続き、英語やITスキルは磨いていこうと思います。

英語の授業はどうでしたか?

レベル別に分けていただいてたので、グループレッスンもやりやすかったですね。先生の人柄が良くて。
どの先生もそうなんですが、モニーク先生は特にお母さんみたいでした(笑)。
わからない言葉があったらすぐに簡単な表現で言い換えてくれたりしますし、良かったです。

セブ島のイメージは来る前と後で変わりましたか?

東南アジアは、ベトナム、カンボジア、タイなどにはバックパッカーとして行ったこともあったので、特にギャップはありませんでしたね。
むしろセブはきれいだなと思いました。

宿泊施設のAvida Towers CebuやITパークはどうでしたか?

部屋はきれいだし、よかったですね。
2段ベッドは寝返りとか起きたときにベッドが軋む音がするので、その点はお互いに気にしなければならないのが難点でしたが…。
Kredoスタッフ:2人部屋は2段ベッドになるので、音がどうしても気になってしまう方は1人部屋のご利用がいいかもしれませんね。
ITパークはきれいだし、便利ですね。外食が多かったんですが、ITパーク内のレストランはかなり行きました。
Kredoスタッフ:ちなみに、おすすめはどこですか?
日本風居酒屋の「Q兵衛」にはかなりお世話になりました、セブ島で貴重な野菜を摂取できる場所として(笑)。あとはカフェの「コーヒービーンズ」のパスタが、少し高いんですが、すごく美味しいのでおすすめです!

放課後や休日はどのように過ごしていましたか?

1週間目の週末はバッチメイトとセブ市内観光しました。
あとはオスロブやカオサン滝にも行ったり、疲れた時などは家でゆっくりしてましたね。

今後の計画や将来の夢があれば教えて下さい!

色々と考えてはいるんですが…よく会って話してくれる親戚の叔父さんがアメリカで働いていて、世界を飛び回っていてカッコいいですね。
その叔父さんの影響は大きくて、海外を飛び回れる仕事がいいなと。
安定して稼げるのであれば、フリーランスでもいいし、会社員でもいいと思っています。
ただ、どうなるにしても一度は就職して会社員を経験しておきたいという気持ちはありますね。

これからKredo(留学)に来る方々へ一言お願いします!

何にしてもまずは飛び込んでみることが大事だと思います。やってみないと、向き不向きもわからないです。
ここに来て、例えばITが向いてないとしても、得られるものがあると思います。
だからとりあえず、やってみること。
僕はあまりマイナスなことは考えないので、とりあえずやってみるタイプ。だから失敗しまくってます(笑)。
でもウズウズしてる時間がもったいないですよね。
Kredoスタッフ:留学はお金もかかるし、行ってうまくいくかもわからないし、と不安で足踏みしてしまう方も多いですよね。
そういう方は1年とかの長期じゃなくてまずは1ヶ月とか、短期で行ってみると良いと思います。
1ヶ月なら、僕のような学生でもバイト代を貯めて来られます。自分のお金で来ると気合いも入りますし。

流石に長期の留学は自分だけの経済力じゃ難しいですが、1ヶ月なら可能ですよね。
留学で悩んでいる方は、気持ち的にも金額的にも気軽なところから始めると良いのではないでしょうか。

セブ島IT留学体験談 Vol.55| IT・エンジニア留学のKredo

今まで関わったことのない方々と接する機会が多くあり、少なからず自分の考え方や生き方が変わりました。

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

簡単に自己紹介お願いします。

兵庫県明石市の出身の後藤圭将、25歳です。
192cmであだ名は「ゴリ」でした(笑)。背が高いので大体どこでも一発で覚えてもらえます。
趣味はビーチバレーと音楽(バンドでギターやってました)。大学では機械工学し、前職では建築関係で設計の仕事をしていました。

留学のきっかけを教えてください。

元々海外や英語には興味があったんですが、今まで一度も海外に出たことがなく、一歩踏み出すきっかけがありませんでした。
ですが、海外の人達とコミュニケーションを取りたいという気持ちが強くなってきたのと、このままやってみたいことに挑戦しない自分は嫌だと思い…今回思い切って仕事を辞めて、留学することにしました。

なぜKredoを選びましたか?

フィリピンの英語はとてもきれいで、なおかつ留学費用が安いという理由からフィリピン留学には興味がありました。
kredoにした理由は、HPを見て、安心して海外生活を送れると感じたからです。
学校も滞在先のコンドミニアムもセブでは治安がいいと言われているITpark内にあるので、初めての海外だった僕としてはとても安心感がありました。

英語の授業はどうでしたか?

グループクラスとマンツーマンクラスがバランス良く組み込まれており、その中でも、speaking,writing,listening,readingそれぞれに特化したものや、
IT英語やビジネス英語などのジャンルのカリキュラムもあったので、幅広く学習できました。
その中で自分に合う学習方法を選んで受講できるので、今の自分に合わせて効率的に学習できると感じました。

先生たちはどうでしたか?

僕は英語が全く話せない状況でフィリピンに来たので、最初は全然口から英語が出てきませんでした。やっぱりどこかで英語が話せないことに萎縮していたんだと思います。
でも、フィリピン人の先生がとても気さくで明るくオープンなので、恥ずかしい気持ちをあまり感じることがなく積極的にアウトプットできました。それが結果的に英語力の向上に繋がったと思います。フィリピンの温かい雰囲気が自分には合っていたと思いますし、初心者にはオススメだと思います。

セブ島の治安は来る前と今ではイメージ変わりましたか?

海外を知らない僕にとっては治安がとても心配だったんですが、結果的には盗難等の被害もなく、安心して生活できました。ITパーク内なら夜中でも一人で出歩けるので何の不便もなく生活できて快適でした。

宿泊施設のAvida Towers Cebuはどうでしたか?

とてもきれいなコンドミニアムで快適でした。日本での生活と何ら変わらない日常を過ごせました。

放課後や休日はどのように過ごしていましたか?

休日はアイランドホッピング等で海に行くことが多かったです。
セブは自然のアクティビティがとても豊富なので、休日の過ごし方で困ることはありませんでした。平日に集中して勉強して、休日はリフレッシュするメリハリのある生活ができました。
近くにショッピングモールがいくつかあったので、ショッピングをして過ごすこともありました。
自然と便利さが共存しているのもセブの魅力だなと思います。

今後の計画や将来の夢があれば教えて下さい!

海外を視野にいれて、何らかの形で自分の個性を表現していきたいですね。

これからKredo(留学)に来る方々へ一言お願いします!

留学は新しい文化に触れることができ、出会ったことのないような人と関われます。
僕自身も、今まで関わったことのない方々と接する機会が多くあり、少なからず自分の考え方や生き方が変わりました。
これから留学に来られる方にもそのきっかけになればと思います。

セブ島IT留学体験談 Vol.54| IT・エンジニア留学のKredo

留学も子育てと一緒で、やってみてわかることがたくさんあります。

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

簡単に自己紹介お願いします。

N.Sです。今育児休暇中で、1歳4ヶ月の息子と一緒にセブ島へ親子留学に来ました。
人材情報サービス業で、企画編集の仕事をしています。

留学のきっかけを教えてください。

4月から仕事の復帰も決まっていて、そろそろ育児休暇も終わるなぁという時で。今のうちに何かできることはないかなと思っていたんです。
残り少ない期間に何かに挑戦したいなと。そこでふと頭に「留学」というのがよぎって、親子留学(ママ留学)を見つけました。
こんなに人生で時間があることって、社会人になってしまうと中々ないですよね。だからこの貴重な時間をどう過ごすかって真剣に考えました。

Kredoスタッフ:確かに、お子さんがいらっしゃる方は、尚更ご自分の時間が取りづらくなりますよね。

だから色んな意見があると思うんですが、私は育児休暇もそうやって充実させてもいいのかなと思って。思い切って留学に飛び込みました。

Kredoスタッフ:留学について旦那様はどんなご意見をお持ちでしたか?

反対はなかったですね。けっこう時間もお金も使うことだし、小さい子どもを海外に連れて行くということもハードルが高いし、私自身も英語に自信があるわけではない…そのあたりどうなのかなっていうのは、旦那よりも私のほうが心配していたくらいです(笑)。「いいんじゃない、行ってきたら?」と、快く送り出してくれましたね。
私(奥さん)が自宅にいて悶々と毎日過ごすよりも、やってみたらいいんじゃないか、という(旦那さんの)心境だったんじゃないかなと。

英語の授業はどうでしたか?

英語力は全然ないんですけど、先生たちは皆さん優しくて丁寧で、熱心に教えてくださいました。
あとは国民性なのか、本当に明るい方が多くて。普段は育児で赤ちゃんとしか話してない私にとっては、気持ちもすごくリフレッシュして楽しかったです。英語がしゃべれなくて頭の中はパンクしそうなんですけど、授業に来ることは楽しくて。しゃべれなくて恥ずかしいかな、とかそういうのは吹き飛びましたね。

放課後や休日はどのように過ごしていましたか?

放課後は学校が終わったら家に帰って、シッター(家政婦)さんが作ってくれた夕飯を食べて、子どもが早く眠くなるので…それで一緒に寝ちゃう、という感じで。どこか出かけたりというのは、ほとんどなかったですね。
ただ、5時まではシッターさんが家にいてくれるので、4時に授業が終わってから1時間ほど、時々1人でカフェに行ったりしました。来たばかりのころは、ITパークを散策したり。子どもがいるとそういうのも難しいので…。

Kredoスタッフ:1人でカフェで過ごす時間なんかも、すごく貴重ですよね。

カフェくらいなら子どもと行けなくもないけど、泣き出しちゃったりもするので…。そういう時間は本当にありがたかったですね。しかも、シッターさんが夕飯を作ってくれるので夕飯のことも考えなくていいし(笑)、その時間に旦那とゆっくりLINE電話したりもしてましたね。

セブ島・ITパークはいかがでしたか?

留学を急いで申し込んだのもあって、実は来る前にセブ島について調べる時間がほとんどなかったんですが、パンフレットや留学カウンセラーさんからITパークは安全だと聞いていました。実際に来てみたら、空港のあるマクタン島からセブ島までの道は少し発展途上国の雰囲気があったものの、ITパークは安心、安全、快適と話に聞いていた通りだなと。怖そうとか危ないなと思ったことはありませんでした。

宿泊施設のAvida Towers Cebuはどうでしたか?

部屋の広さは十分で、子どもと2人だったら全然大丈夫でした。施設という意味では、海外なのでしょうがないと思うんですが、バスタブがないので小さい子どもと一緒にお風呂に入るのは難易度が高かったです。最終的にはダイソーですべり止めマットを買って、その上に座らせていました。空気入れて使えるのとかもあるので、バスタブがないって知ってたらそういうの持ってきたかったです。

Kredoスタッフ:たしかに、小さいお子さんがいらっしゃる場合、大変ですよね。より快適に過ごしていただけるように、5月からオープンしております親子留学専用校舎では、現在バスチェア&ベビーバスのどちらもレンタルできるように検討しております。貴重なご意見ありがとうございます。

今後の計画や将来の夢があったら教えてください。

仕事は正直、すぐに英語を使うような部署ではないので…残念ながらビジネスシーンでは今のところ予定はないんですが。
お母さんになっても、今の自分の年齢になっても、学ぶっていうことからはしばらく遠ざかっていたけれど、いざやってみたら楽しい。大変なこともあるけど、人としてプラスになることも多いですし。そういう意味で今回は本当に来てよかったなぁと思っています。
まだ子どもの英語教育については踏み込んで考えていないんですが、まずは自分が英語を楽しんで、その中で自然に子どもも歌やゲームから英語に興味を持ってくれたら嬉しいなって思います。
あとは会社の制度で1週間のまとまったお休みが取れるんです。独身のころは海外とか好きで行ってたんですが、結婚してからは主人とお休み合わせるのも難しいのでどこにも行ってなかったんですね。でも今回こういう経験をさせてもらって、自分1人、もしくは子どもと一緒に1週間のお休みを使って短期留学みたいなのを毎年でもしてみたいなって思います。

Kredoスタッフ:今回親子留学をご経験されて、「小さな子どもと海外」や「留学」というハードルは下がりますよね。ぜひ、どんどん新しいことにチャレンジして楽しんでいただきたいです!実際、今おっしゃっていたように社会人の方で「1週間お休みで短期留学を毎年したい」という方は多いです。フィリピンは日本からも近く、費用も抑えられるのでそういったプランも可能ですよね。

これからKredo(留学)に来る方々へ一言お願いします!

とにかくシッター(家政婦)さんが本当に明るくて子ども好きで、心強い味方です。そしてママ以外の誰かが家族みたいに子どもに接してくれるって、ママにとっても子どもにとっても、すごく貴重な経験だと思います。
あとはパパさんが日本に残ってる場合は…生きる力が身に付くというんでしょうか(笑)。もちろんスタッフさんを頼って、助けてはもらいます。ただ全部が全部、日本みたいにはいかない部分もあります。そういう時は自分で考えてなんとかしなければならない、それでサバイバルスキルが身に付きますね。ただ、それも留学したからこそできる経験かなって。
留学も子育てと一緒だと思いました。やってみてわかることがたくさんあります。楽しいばかりではなく、時々うまくいかなかったりもする。でも全部やってみて、わかることばかりだから。ゆるやかに頑張ればいいんじゃないかって感じましたね。

Kredoスタッフ:”子育てと一緒で、やってみて初めてわかる”、というのはママさんならではの視点ですね。Kredoの親子留学ではN.Sさんがおっしゃっているように、シッター(家政婦)さんやスタッフが一緒に留学生活をサポートします。だから持ちを楽に、新しいことにチャレンジしていただきたいです。ぜひ毎年、セブ島とKredoに遊びに来てください!本日はありがとうございました!

セブ島IT留学体験談 Vol.53| IT・エンジニア留学のKredo

よく「1度、海外に出てみたら」という言葉ってよく言われますよね。それって本当に間違ってないなと思います。

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

簡単に自己紹介お願いします。

茨城県出身、27歳の川津貴大です。昨年の12月に脱サラをして、セブに来ました。

留学のきっかけを教えてください。

就職活動をしていた時から海外志向が強くて、海外に行けるような会社を探していました。そして実際に就職したのが「フォワーダー」という業界で、海外への貨物の輸出入をする仕事ですね。その駐在員として海外へ行くパターンが多いんですが、会社に入ってみたら中々海外には行けず…。5年勤めましたが、10年くらい続けなくちゃ海外には行けないということで…。

Kredoスタッフ:なるほど。けっこう時間が必要ですね。それは入社後に知ったのですか?

そうなんです。チャレンジすれば、行けないことはないんですが…でもそれを追い続けるよりも、自分のほうで行動してしまったほうがいいかなと。思い切って会社を辞めました。実はフィリピンには馴染みもあって、まずは一旦留学をしようとこちらに来ました。

他のIT留学のカウンセリングなども受けたんですが、僕にとってはKredoが真面目にやれそうで良い印象でした。
あとはKredoのCEOの横田さんと事前にお話ができたのもありますね。DMMサロンという海外移住者のコミュニティがあるんですが、フィリピン渡航前にまずは人脈を作りたくて、サロンに入りました。そこで横田さんにお会いして、面白いなと思ったんです。色々と留学後のことも相談させていただいて。留学のあとに、すぐ起業するのか、まず会社で働くのか。留学後に人脈を作ってから動く人が多いというお話も聞きました。

Kredoスタッフ:今回IT授業も取られていますが、ITスキルを身につけてご自分で起業を、というプランだったのですか?

いや、実はITで何かをしようという気持はなくて。元々フィリピン人の友人も多く、英語力はそれなりに身についていました。日本でも数年間オンライン英会話も受けていたので。今回の留学では英語以外にもプラスで何か習得したいな、と考えたときにITリテラシーを身につけるのがいいんじゃないかなと思いました。IT、苦手なんですが…(笑)。今後の役にも立つし、必要かなと。

Kredoスタッフ:IT業界での就職や起業は視野に入れていないということですが、どんな事業をお考えなんですか?

今考えているのが、セブでサラダを売ることです。セブやフィリピンに滞在したことがある方はご存じだと思うんですが、なかなか野菜が摂れないですよね。マニラで今サラダバーが流行しているという話を両親から聞いたりもして。僕がこっちでチャレンジしたいと思っている、ということを伝えていたので、そういうヒントや情報をくれたんですね。まだ構想段階ですが、バッチメイトや色んな人に意見を聞いたりしながら進めています。

英語の授業はどうでしたか?

一応上のほうのクラスに入れていただいていたと思うんですが、自分よりもっと英語が上手な方も多くいらっしゃったので。そういう方たちに刺激を受けましたね。自分はまだまだ、と感じることもできました。
例えばディベートの授業なんかは、英語で深く思考する習慣がなかったので良かったですね。TEDを観て、その1分後にはディベートが始まる。観終わった後に賛成か反対かのポジションを与えられるので、自分がどちら側になるかは知らずにTEDを観なければならないんです。観終わった後に瞬発的に英語で思考し、反応しなければならないので、良いトレーニングになりました。すごいスパルタでしたが、それが自分には良かったと思います。

英語でのIT授業はいかがでしたか?

英語力はある程度あったので、特にストレスはなく授業を受けることができました。ただ、IT授業自体については、自分はデザインのセンスが本当になくて…(笑)。HTMLとCSSは事前に自習もしてきていたし、けっこう掴めたんですが。フォトショップやイラストレーターの授業はちょっと苦労しました。自分のセンスの問題もありますが、ソフトの操作自体が難しくて。留学前に自習できるような、事前課題なんかがあったら良かったかもしれません。

Kredoスタッフ:なるほど。たしかに課題があるほうが事前に学べて良いですよね。今後参考にさせていただきます。

*当校ではプログラミングの授業に関する事前課題のみご用意させていただいております。

セブ島・ITパークはいかがでしたか?

これまでにフィリピンには何度か渡航していて色々な場所を訪れていたので、ITパークは逆に新鮮でしたね。今まで知っていたフィリピンとは違って、こういう綺麗で発展しているところがあるんだなぁと。いい意味で発見でしたね。海外ということを忘れずに気をつけてさえいれば、ITパークは治安が良いので過ごしやすいと思います。

Kredoスタッフ:やはり他の地域と比べてもITパークは格段に発展していますよね。宿泊施設のAvida Towerいかがでしたか?

こちらに来る前に滞在していたゲストハウスと比べると当然ビルのメンテナンスも良いし、綺麗でよかったです。フィリピンが初めてという方でも、Avida Towerは安心して住めるのは間違いないと思いますね。

放課後や休日はどのように過ごしていましたか?

平日はバッチメイト(同じ日に入学する同期生)や先生とご飯を食べに行ったりしました。セブにはフィリピン人の友人がいるので、休日は彼らとよく出かけましたね。彼らから色々と情報を教えてもらえるので、色んな場所へ行きました。

Kredoスタッフ:色々な場所に行かれたということですが、おすすめはありますか?

特定の場所ではないんですが、フィリピンって野外ライブが多くやってて、そこが日本と違って開放的ですごく良いです。

Kredoスタッフ:たしかに、レストランなどで生演奏が観られることは珍しくないですよね!しかも皆すごく歌が上手いから聴きごたえがあります。

そうなんですよね。僕はあの野外ライブが好きですね。

今後の計画や将来の夢があったら教えてください。

近い将来で行ったら、4月にフィリピンにまた戻ってきます。まずこっちの会社で現地採用で働いて、ゆくゆくは事業(サラダバー)をやるつもりです。

これからKredo(留学)に来る方々へ一言お願いします!

よく、「1度、海外に出てみたら」という言葉ってよく言われますよね。それって本当に間違ってないなと。僕の弟も3年間、教員の仕事をしていたんですがこの春に辞めてベトナム行くらしくて。彼なんかもそうですが、どうしても、すごく狭い視野で世界を見てしまいがちだと思うんです。その視野を1回ひらいて…で、また考え出すのもいいのかなって。新しいものに触れて…そこで得たものを日本に帰ったあとに役に立たせよう、という気持ちになると思います。そういう意味でいうと今の時代に必須なスキルを効率的に身につけられるKredoにくれば間違いない、と思いますね。留学を迷っている方はぜひ検討してみてください!

セブ島へもどり実際に事業(サラダ宅配)をスタートされた川津さんからメッセージをいただきました!(追記:2018年7月)

私が起業するにあたって、KredoでのIT留学が活きている点が多くあります。

  • 営業をする際の英語力
  • 事業のFacebookページ(HP)に掲載する写真の加工技術
  • 今後ワードプレスを使ったHPを作成する際のプログラミング技術
  • 人脈形成

ITスキルはもちろんですが、この中でも特に役に立ってると感じていることは、実は最後の人脈形成です。
しっかりした考え方を持ったバッチメイト(同期留学生)と出会ったり、Kredoを通じて様々な人との出会いがあったからです。
今の事業を始めるきっかけとなったのが、Kredoでの留学です。
逆に言うと留学をしていなかったら自分で起業をするという選択肢を選べていなかったかもしれません。
そう言った意味ではこの留学が僕の脱サラ後の未来への第一歩となったことは間違いないです。

”いつかやる”はほぼやらないに等しいと思います。
留学でも何でも良いので、少しでもやりたい!と思ったらすぐにやってみることを強くおすすめします!

川津さんのサラダデリバリー事業【One’s Salad Days】Facebookページはこちら

セブ島IT留学体験談 Vol.52| IT・エンジニア留学のKredo

IT授業を英語で行っていること。とにかく英語力を上げたかったので、自分にはそれが魅力でしたね。

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

簡単に自己紹介お願いします。

宇佐見裕太と申します。現在大学4年生です。大学4年生なので卒業かと思われるのですが、1年留年して、帰ってからすぐ就活を始める予定です。
プログラミングの経験としては、PHPをある会社のインターンとして2ヶ月やったことがありました。

留学のきっかけを教えてください。

昔から海外に対する興味や憧れがありました。将来は出張でもなんでもいいので、海外で働いてみたいという気持ちがずっとあって。高校のとき世界史の授業も好きで、日本と発展途上国を比べた時の不公平さなどにも関心がありました。
もし海外で働くのだとしたら、途上国の問題解決に役立てるようなことがしたいと思っていました。就活をするときに”将来は海外で働きたい”と言っても、そもそも海外に行ったことがなかったら、そんな気持ちは口だけなんじゃないかと思われてしまうなって。それで留学を決めました。

なぜKredoを選びましたか?

プログラミングも元々少しだけやっていたし、就職もIT業界を考えていたので、英語もプログラミングもできるKredoがいいなと。ITが学べる留学先は他にもあったんですが、Kredoに決めた理由は、IT授業を英語で行っていることでした。とにかく英語力を上げたかったので、自分にはそれが魅力でしたね。

Kredoスタッフ:自分をスパルタな環境に置きたかったんですね。

英語の授業はどうでしたか?

僕はリスニングが苦手で…最初は本当に何言ってるか全然わからなかったです。とくにITの授業はまったく何を言っているか理解できず、英語が堪能な周りに助けられながらなんとか付いて行きました。
先生たちはみんなやる気があって、熱心に教えてくださるので。留学前と今じゃ、かなり英語力が伸びた実感があります。感覚としては、授業を受け始めてから1週間経ったくらいからなんとなくわかるようになってきましたね。そこから週を重ねるごとに更にわかるようになってきて。
今ではマンツーマンの授業で先生が言っていることもある程度わかるようになったし、わからないことがあれば質問したり、そういったやりとりもできるようになって…一人でも授業が受けられるようになりました(笑)。

英語でのIT授業はいかがでしたか?

満足しています。以前PHPをインターンでやっていたと言ったんですが、これは在宅での作業がほとんどでした。全部一人でこなさなければならず、最初は右も左もわからない状態で…単純なスペルミスでさえ、見つけるの1時間取られてしまうんです。でも、Kredoで先生と一緒にやりながらだと、わからないところがあったらすぐにエラーを探し出して指摘してくれます。なので効率が良かったですね。先生もプロフェッショナルで、信頼感がありました。
少人数制のクラスなのですが、まず1人でやるよりもメンバー(仲間)がいたほうがよくて。そしてメンバーだけではなく、先生がいたほうがいいなと感じました。とてもいい環境でした。

放課後や休日はどのように過ごしていましたか?

学校の友達と近くの島に観光に行ったり、アイランドホッピングへ行きました。海はやっぱりきれいで、最高のレジャーでしたね。元々僕はあまり海が好きじゃなくて、たぶん友人たちに誘われなかったら行ってなかったと思うんです。だから誘ってもらえてよかったです。

宿泊施設のAvida Towers CebuやITパークはどうでしたか?

Avidaはすごく豪華だなと思いました。プールもあるし。あとキャンペーンで近隣のジムを使える権利も付いていたし贅沢でしたね。

Kredoスタッフ:そうですね!プールやジムは使いましたか?

いや、使ってないです(笑)。プールはぼーっと眺めに行きました(笑)。あとはAvidaはキッチンも付いてるしいいですよね。こっちの外食は肉料理やファストフードが多いので、スーパーとかで野菜買って料理すれば栄養管理はなんとかなるかなと思いました。まぁ料理は自分はしないんですが(笑)、仲良くなった他の生徒さんに料理作ってもらって一緒に食べたりしました。

これからKredo(留学)に来る方々へ一言お願いします!

やっぱり吸収効率を上げるためには、英語のリスニングはある程度やっておいたほうがいいかなと思います。プログラミングに関しては、やったことがない人でもまったく伸びないということはなくて、ちゃんとスキルアップして帰れるので、初心者でもあまり心配しなくてもいいのかなって。
プログラミング未経験で来てる方はけっこう多かったですけど、それでも皆伸びているのを見ていたので。とりあえず、英語かITか少なくともどちらかが多少できる状態で来れば、大丈夫じゃないかなと!

Kredoスタッフ:IT授業で吸収効率や授業の理解度を上げるには、まずリスニングが必要ですものね。貴重なご意見、ありがとうございました!

セブ島IT留学体験談 Vol.51| IT・エンジニア留学のKredo

授業は大変でしたが、一緒に学ぶ友達や人脈ができました。

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

簡単に自己紹介お願いします。

冨山典香です。現在大学生で20歳です。今は春休みで、今回はKredoのRubyコースに参加しました。

留学のきっかけを教えてください。

自分が1番やりたいことが何かなって考えたときに、旅をして生きていきたいなって。
世界中放浪しながら生きていくのに、無職のままだと金銭的にまずいし、良い仕事はなんだろうって調べていたんです。それで見つけたのがエンジニアでした。

なぜKredoを選びましたか?

ITに関してはまったくの素人で、勉強の仕方とかもわからなかったので、まずはどんなものなのか知りたくて…英語とプログラミングを一緒に学べるところがいいなと思って見つけたのが、Kredoでした。
Rubyコースを受けた理由の1つは、年収がいいということでした。将来のことを考えたときに、できるだけ平均年収が多い言語がいいなって。将来の選択肢を広く持つためにも、お金はできるだけあったほうがいいと思うので。

Kredoスタッフ:なるほど、確かにその通りですね。ちなみに日本でもプログラミングは学べますが、なぜあえて留学しようと思ったのですか?

留学しようと思ったのはやっぱり英語を学びたかったのと、日本と違う場所にも行ってみたくて。姉が外大のドイツ語専攻でオーストリアとかスイスとか色々留学していて、両親が私にも”一生に一度は留学してみなよ”って言ってくれたんです。

Kredoスタッフ:そういうバックグラウンドがあって、ご両親の後押しもあったんですね。

そうなんです。今回が初留学で、そもそも1人で海外に行くっていうのが初めてだったんですけど…。実は、本当は最初はフィリピンへ行くつもりはなくて、留学と言ったらアメリカとかオーストラリアとかかなって思っていたんです。

でもITができる、プログラミングができる場所って欧米圏では中々見つからなくて。英語もITもできる、という条件で探したら、Kredoが1番最初に出てきて、良さそうだなって思ったんですよね。

東南アジアでフィリピンで、っていうのは少し不安もありましたが、欧米圏と比べると安いですし。英語がしっかり学べるなら、と思って決めました。

Kredoスタッフ:不安もありながら念願の留学、実際に来てみてどうでしたか?

1人で飛行機の乗り継ぎをすることすら初めてで…間違えたらもう終わりじゃないですか、助けも求められないし(笑)。とにかく来る時が1番、何もかも初めてで心配だったので空港ピックアップのサービスはすごく助かりました。

英語でのIT授業はいかがでしたか?

周囲の人たちが優しくて、すごくよかったです。一緒に受けている他の学生さんたちがどちらも経験者で、私は本気の初心者で、もちろん大変でしたが…。そもそも英語もできないしITもできない状態だったので、最初は本当に苦労はしましたね。

コース選びでアドバイスするなら、私のように英語もITも初心者なのだとしたら、最初からRubyを取らずにまずは通常のITコースを取るのも選択肢としてはいいんじゃないかなと思います。あるいは、自分でhtmlなどのWebの基礎を多少やっておくとか。正直、それすらも知らないでいきなりRubyを受けた私は、かなり大変だったので…(笑)。

最終的にはやはり経験者の子と同じレベルにはなれなかったです。でも、授業は大変でしたが、一緒に学ぶ友達や人脈ができました。スキル的な面でも0から1になったという感じ。勉強の仕方もわかるようになったし、友達に良いサイトや教材を教えてもらって助かりました。日本で1人でやっていてもこうはならなかったと思います。

また自分で少し勉強してから、今度はRubyの応用編のほうを受けに、また留学したいですね。

Kredoスタッフ:Rubyコースでは日本人サポートが入りますが、そちらはいかがでしたか?

わからないことがあっても日本人サポートの方が常にいてくださったので、なんとなかったなと思います。日本人サポートがいるのといないのでは安心感が全然違いますね。技術力がある先生と、日本人サポートの方が2人で教えてくれる環境はすごい良かったです。

英語の授業はどうでしたか?

フィリピンの先生たちってすごく明るくて、感情豊かで…授業はいつも楽しかったです。

放課後や休日はどのように過ごしていましたか?

放課後はけっこう早く帰って休んでました。今思えばもう少し勉強すれば良かったな…(笑)。
週末は学校の友達と島に行ったりしました。フィリピン人の友達がいる子がいて、その人に案内してもらったりもして、楽しかったです。

将来の夢があれば教えて下さい!

最初に言ったように、やっぱりこれからもっと旅をしたいですね。旅をすると、毎日が新鮮で…それがすごく好きなんです。違う場所に行って、違う食べ物を食べたり、違う人と話したり、あるいは助けられたり…将来はそんな風に色んなところに行きながら毎日を楽しめたらなって。あとは、時間に余裕も欲しいなって思います。でも、お金も欲しい。結婚して子どもをちゃんと育てられるようになりたいとか、そういうことも考えるので…そこの両立を頑張りたいです。

最後に。これからKredo(留学)に来る方々へ一言お願いします!

もしRubyコースの受講を考えているならば、Webスキルの基礎があったほうがいいと思います。私のようにWebスキルが0レベルだと本当に大変。Webスキルの基礎がある上で、プログラミングやRubyの初心者であるのなら、全然大丈夫だと思います。

RubyコースはFramgiaの方が講師だったりサポートで入られているので、すごく面白い話も聞けますし、人脈も広がります。Kredoの人たちも面白い人が多くて楽しかったので、その点もおすすめの理由の1つです。やっぱり普通の英語学校ではなくIT×英語というコンセプトでやっているからなのか、ちょっと変わった人が多いのか…とにかく面白かったです(笑)。

セブ島IT留学体験談 Vol.49 | IT・エンジニア留学のKredo

大学時代の悔しさをバネに、社会で活躍するためKredoに留学!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

まずは簡単に自己紹介をお願いします!

星川賢吾です。現在大学4年生で4月から日本のIT企業に入社予定です。

Kredoスタッフ:大学ではどのように過ごしていましたか?

大学ではずっとサッカー部で忙しかったです。小学2年の終わりくらいからサッカーを始めて、中学校、高校、大学とずっとやってきました。

 

Kredoスタッフ:部活といえばハードなイメージですが、毎日どのような生活を送っていたんですか?

部活は週6で朝7時から朝練、そのあと試合に応援行ったり、練習試合がありました。もちろん授業もちゃんと出ていました!1年生の時なんかは家が遠いので、始発で学校にいっていました。12月のクリスマス過ぎから1月中旬まではオフですが、それ以外はずっと部活。だから留学に行く暇はなかったですね。

 

なぜフィリピン留学に来ようと思ったんですか?

予算的に安いっていうのは大きかったですね。大学4年間サッカー部だったのですが練習がなくなったのが去年の11月。卒業論文とかもあったのでお金も貯めることができず、なるべく安く行けるところを探していたときにフィリピン留学をみつけました。

また「留学」という言葉はずっと頭にありましたが、サッカーが忙しくなかなかいくことができませんでした。高校生の時に一度だけ短期留学に行ったことがあったんです。イギリスの田舎のインターナショナルスクールに学校のプログラムを使っていきました。英語を学ぶだけなら日本でもできると思うので、いろんな人にあったり、日本でできないようないろんな経験をしました。

留学に行かなくても英語はどこでも勉強できるとかいう人いるじゃないですか!自分はそう思わなくて、留学は英語以外にも学ぶことが多いと思っているのでずっといきたかったんです。イギリスでの留学経験がずっと頭の中にありましたね。

どうやってKredoを見つけたんですか?

フィリピンの語学留学を探している時にたまたま見つけたんです!ここなら 英語とIT学べて一石二鳥だなと思いましたね。

なぜKredoを選んだのですか?

理由の一つとしてタイミングがあったということです。IT留学の学校で3週間という短い期間で受け入れてくれるところが他になかったので…

もう一つが内定先でインターンをしていたのですが、自分って本当に何も知らないなって思ったんです。そこで入社までにITの知識や技術を身につけておきたいなと思いました。オフィスではデザインの話とかITの話が常に飛び交っているんですよ。

Kredoスタッフ:その人たちは技術者ではないんですか?

はい、そうなんですよ。でも自分もそういう話をできる状態になっておきたいと思ったんですね。あと社長からもプログラミングに「興味ないか?」って言われていたタイミングなので。
ITの知識つけたいと思ったのと、もしかしたらプログラミングをするかもしれないっていうことと、留学したかったこと、ついでに卒業旅行も兼ねていけたらなと思って全部を叶えられるのがKredoだったんです!笑

Kredoスタッフ:インターンでは何をしていたんですか?

内定先であるIT系のベンチャー企業で有給インターンをしていました。内容は中途採用のサポート・スカウト、会社の経理、社内のサイトのライティング、求人広告のライティングなどいろいろな経験をさせてもらいました。問い合わせして来た応募者を担当の部署に振り分けたりとかもしていましたね!部活があってあまりできなかったりしたのですが、とても充実していました。

Kredoスタッフ:最初からIT系に行こうと思っていたんですか?

いえ、全く思っていませんでした。
体育会系によくありがちなんですけど、銀行、証券、商社って体育会系の人が好きなんですよ。先輩が行ってて「お前こいよ」みたいに誘われるパターンもよくありますし。
僕は最初金融をみていて損保に行きたかったんですよ。でも最終で落ちちゃって…それまでは他の企業は全く興味ありませんでした。損保行きたかった理由の一つとして、尊敬できる先輩がいたんです。そのひとはサッカーも仕事もできるしスーパーマンでした。笑

Kredoスタッフ:そこから就職活動を仕切り直したんですね!

はい、そこからめちゃくちゃ動いて、幅広くゼロから見直しました。よく就活って自分の頑張ってきたことに結びつけて志望動機をいう人が多いと思うんですよ。自分も損保の志望動機も自分の経験に結びつけて行っていたんですけどまじで薄っぺらいなと思ってたんですね。笑
それはすごく違和感がありましたし、逆に何も決まっていないっていうことを軸にして、将来的に何かやりたいことが見つかった時にできる自分になっていたいと思ったんです。それってどういう環境だろうって考えた時に、自分がまだやったことのないことをやってみようと思って。自分で起業するにしても、未知のことにたくさんチャレンジすることになると思うんですよね。そうなったときに解決していける力を身につけたいなと思ったんです。
そう考えた時にベンチャー企業がいいかなと思いました。サッカーでは活躍できなかったので、社会では活躍したいなと思って…4年間本当に悔しくて。

Kredoスタッフ:どのような会社なんですか?

僕が入る会社は3期目のゴリゴリベンチャー企業です!ホールディングス化されていて、大元の会社自体は10年くらいやっているんですけど…

事業内容としては主にオウンドメディアを生かした人材紹介を行なっています。ベンチャーなのでいろんな仕事こなさなければならないんです。なのでマルチに活躍できる人材にならなければならないですね!内定先もIT企業なので、ここだ!って思いました。

学校生活はどうでしたか?

楽しかったです。先生もフレンドリーですし、Kredoのいいところだと思います!

非常に充実した1ヶ月だったので、もう一回留学したいなって考えています。

※星川さんは実際に2018年3月から2回目の留学をされています。

ITの授業はどうでしたか?

最初はスピードが速くて追いつくのが結構大変だったんですよ。全く未知の世界だったので…

もう、放課後必死に勉強しましたね。その成果もあってか次第についていけるようになりました!
また、自分の思ったものを作れるというのは楽しかったです。自分は絵とかが苦手で芸術的なもの作るなんてできないと思っていたんですけど、コードを打つだけで思い描いてるものを作れるっていうのはすごいなと思いました。

英語でIT授業を受けるのはどうでしたか?

わからないことがあっても先生はもちろん、他の生徒に教えてもらったりしたので問題ありませんでした!

すごく楽しかったです!
ただ、ある程度英語のレベルがあったほうがいいかもしれませんね。
*Kredoでは留学申し込み確定後に生徒様へ事前課題を出させていただき、最低限の英語レベルまで身につけてから留学に参加いただけます。

先生との思い出はありますか?

お昼に食事にいったりしました!あとナイトマーケットに飲みに行ったりもしましたね!!個人的に IT Parkの雰囲気は好きですね。

休日や放課後はどう過ごしていましたか?

ローカルなところにたくさん行きましたね〜!コロンストリートにも歩いて行きました。笑

Kredoスタッフ:歩いてですか!?結構遠いですよね?

はい、探検するのが好きなんですよ!マンゴージュース飲んだりしながらのんびり歩くんです。
あと歴史も好きでサンペドロ要塞もすごくよかったです!

豊かなところもみましたけど、貧しいところもみたので結構格差があるんだなと思いました。

Kredoスタッフ:フィリピンにいると日々、新たな価値観を得られますよね。

そうですね。

そういえばセブ島最大の祭り”シヌログフェスティバル”にも行きました!人が多すぎてパレードが全然みれなかったんですけどね。

シヌログ祭の日の夜はショッピングモールにミサを聴きに行きました。
日常に音楽とか踊りがあるのがいいですね!みんなフレンドリーですし。

もちろん今後発展するのはいいんですけど、東南アジア特有の空気は消さないでほしいですね。

セブ島の治安はどうでしたか?

僕はリュックを前に抱えたり、結構用心深いので大丈夫でした!あとどこにでもガードマンがいるので安心感がありました。
治安というよりは交通事情の方が危ないと思いましたね。バイクとかもたくさん走っていますし。

コンドミニアムであるAvida Towers Cebuはどうでしたか?

居心地がよかったです!ルームメイトにも恵まれてすごく楽しかったです。
フィリピンの語学学校って結構汚い学校寮のイメージだったんですけど、Avidaは綺麗だったのですごくよかったです。

将来の夢はなんですか?

必要とされる人になりたいです。部活では結構悔しい思いもして必要とされないことが多かったのですが、社会では必要とされる人間になりたいなと思っています。
そういう人間になるためにKredoにも来ましたし、自由に時間使えるのも今しかないので。入社までの時間って価値がとても高いと思うんです。入社したら稼げるんだから今バイトするのはもったいないな〜と思っています。旅行してもいいんですけど、同時に学ぶことができれば一石二鳥だなと思いました。

これからKredoに来る人に向けてひとこと!

そうですね。留学とかもそうですし、社会に出るといろんな決断とか迫られると思うんですが、最終的には自分で決めた方がいいかなって思います。流されるがままにやっていてももったいないと思うんです。例えばKredoでの留学で言うと、どう授業に向けて準備するのかとか、週末どう過ごすかとか。

しっかりと留学前に目標を決めて、留学中も見直した方が良いなと感じました。

とにかく留学って日本での日常とは全く違う環境なのでいろいろ大変だと思います。逆を言えば、やり方によってはとんでもない成長に繋がると思いますね。

そしてKredoには最高の環境が揃っていると思うので、留学するのにはうってつけの場所だと思います!!

セブ島IT留学体験談 Vol.48 | IT・エンジニア留学のKredo

英語とITを学ぶだけではなく、海外で働く機会も十分にある。そういった将来も描きながら挑戦してほしいです。

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

それでは簡単に自己紹介をお願いします。

福田隼です。今は34歳で、元々は印刷業界で10年ほど働いてました。10年の間に一度転職していて、2つめの会社を辞めてからこちらへ来ました。

留学をしようと思ったきっかけを教えてください。

これからの社会人は英語が必要だと昔から言われてますよね。でも広告や印刷業界で働いていると、実際はそんなに使うことはなくて。考え方が変わるきっかけになったのは、インターネットのインフラがどんどん整っていったことですね。個人で海外の物を買ったり、逆に海外に売ったりするようになりました。そこで、仕事でもプライベートでも、英語ができると将来の色んな選択肢が広がるなと。来年35歳になるので、その前に留学をしたいと思いました。

Kredoスタッフ:今回、親子留学(パパ留学)でご家族一緒にいらっしゃってますが、どのような経緯がありましたか?

小さな子どもが2人いるので、妻を残して自分ひとり留学というのは選択肢にはなくて。そんな中、ちょうど妻の育児休暇が3年取れるということで、この3年を活かそうと。自分は仕事を辞めて、家族で一緒に留学することが可能になりました。夫婦2人で仕事を辞めるのはリスクが高く避けたかったので、本当にタイミングがよかったですね。

Kredoスタッフ:奥さまは留学には前向きでいらっしゃったんですか?

実は最初は反対していました。日本でも英語の勉強はできるから、と。でも妻も元々オーストラリアにいた経験があって、最終的に将来は海外で生活したりしたいね、なんて話を結婚当初にもしていたんです。結婚して5年ほど経ちますが、当初あった海外で生活するっていう目標にはあまり向かっていなかったので、思い切って生活を変えようと。もちろん子どもに海外生活を体験させてあげたいというのもあって。なんとか妻を説得しました(笑)。

なぜKredoを選ばれたのでしょうか?

まず留学費用をおさえるために、フィリピン留学に行くことは決めていました。フィリピンの親子留学で探していて、何校か見ていたのですが…ほとんどのところが親子留学であっても寮に入ることが条件になっていました。家族一緒の住まいがなかなか確保できなかったんです。Kredoでは親子でワンルーム(Avida Towers Cebu)に住めて、費用面でも他校と比べて良かったので、迷いなくKredoに決めました。

実際に住んでみて、Avida Towers Cebuについてはいかがでしたか?

僕たちは4人家族で1人部屋を使用させてもらっていたのですが、広さに関して不満はありませんでした。備品なども生活する上で特に不便もなく、最低限のものが揃っていましたし。ひとつ言うとしたら、飾り物(ディスプレイ用のインテリア)が多かったことです。小さい子どもがいるので、好奇心でおもちゃにしちゃうんですよね。壊したりしないか不安でした。なので家政婦さんに手伝ってもらって、棚の上に全部移動したりしましたね。

Kredoスタッフ:なるほど、確かに小さいお子さんがいらっしゃる場合、それは心配ですよね。今後の部屋の準備で参考にさせていただきます。

英語授業のご感想をお願いします。

良かったですね。留学を決断したものの、日本でほとんど勉強してこなかったので大変でしたけど(笑)、面白かったです。もうちょっと勉強してから来ればよかったと少し後悔してますが。

あと、実は留学前に気にしていたのが年齢のことです。若い人が多くて年齢的にかなり浮いちゃうんじゃないかなって。でも親子留学で来てる同年代の方も多くて安心できました。最初、グループレッスンは年齢の不安と、英語がほとんどしゃべれないのもあって、複数人でレッスンをあまり受けたくなかったんです。担当の方に6コマすべてをプライベートレッスンにできないか相談もしていました。

でも実際に受けてみたら楽しかったですね。同じくらいの英語レベルの生徒が集まっていたからか、居心地がよかったです。周りがすごく上手い人ばかりだったら嫌になっていたと思うので、その辺のバランスをとってグループをつくってくれていたのかなと思います。楽しかったのでプライベートレッスンへの変更要請は取りやめて、そのままグループレッスンを続けました。

Kredoスタッフ:英語力に不安があったということでしたが、プライベートレッスンや先生たちはいかがでしたか?

そうですね、先生はすごく優しかったですね。英語が全然しゃべれないからといって冷たくされることもなく(笑)、授業も楽しくて良かったです。時々どうしても伝わらなくてに困ったな、ということはありましたが。でもそれは自分の英語力のこともありますし、どんな(英語を学ぶ)環境でもあることなので。不便や不満は感じませんでした。

休日は放課後の過ごし方を教えてください。

僕たちは家族で来ているので、やはり家族単位で動くことが多かったですね。子どもを見てくれる家政婦さんがいますが、17時には帰ってしまいます。なので日本にいた時と同じような感じで、生活に慣れてきたら外に出るより家でゆっくり過ごすほうが多かったかもしれません。
それでも最初の頃は好奇心もあって、がんばって家族でモール巡りなんかしましたね(笑)。どこが一番安いか、なんて言いながら見て回ったり。観光地は子ども連れだとちょっと大変なので、基本的には近場で過ごしてました。

あとはAvida Towers Cebuにはプールがあるので、すごく助かりました。子どもたち同士で交流したりもして。子どもも喜んで行きたがって、ほぼ毎日のように使っていた時期もありました。

治安面はいかがでしたか?

周りにも心配されましたし、自分でも少し不安でした。でも実際来てみたら意外と、危ない所にいかなければ大丈夫という印象です。日本でも新宿とか渋谷なんかの繁華街に行くと危ないは危ないですよね。もちろん日本と比べたら確率的にはフィリピンのほうが(犯罪は)多いのかもしれませんが。

Kredoスタッフ:夜に外食などはされましたか?

子どもがいるので基本的に夜はあまり出歩かなかったですが、行くとしても近場(IT Park内)か、タクシーで行ってドアツードアで帰れるような場所でした。

将来の夢やビジョンを教えてください。

今回は人生の選択肢を増やそうということで、その第一歩として留学に来ました。英語がしゃべれるようになったら、マレーシアやシンガポールなどの東南アジアのアツい国に行きたいなと。

Kredoスタッフ:”アツい”というと、気温の話ではないですよね(笑)。

気温の話じゃないです、経済成長しているという意味です(笑)。欧米はやはり(生活費なども)高いですし…東南アジア圏の急速に発展している、どこかおもしろい場所へ移住するのもいいなと。
あるいは、Kredoを選んだ理由としてはITも勉強できるという部分。アジア圏へ移住する以外にも、ここでITを学んで日本に帰って就職するということも選択肢としてあるかなと。

Kredoスタッフ:実は福田さん、留学生としての期間を終えて、Kredoでインターンとして働いていただくことになりましたね。
そうなんですよ!1ヶ月前にはまさか自分がインターンすることになるなんて、まったく想像もしていませんでした。インターンは3ヵ月の予定ですが、それこそ3ヶ月後に何が起きてどうなってるかなんて、わかりませんよね。今は今後のために色んな選択肢を増やしながら、流れに身を任せている部分もあります。

Kredoスタッフ:たしかに、海外にいると自分では思いもよらないことが次々と起きますよね(笑)。人生を変えようと思っている人には、良い環境かもしれません。

最後に、これからKredoへ来る方に向けてメッセージをお願いします。

僕の場合、留学後のインターンや正社員雇用についての情報がなく、そういった可能性を知らずにいました。知っていたらもっと早く留学に来ていたかもしれないです。
英語とITを学ぶだけではなく、海外で働く機会も十分にある。僕と同じ年代の方で留学を考えている方には、そういった将来も描きながら挑戦してほしいです。

セブ島IT留学体験談 Vol.47 | IT・エンジニア留学のKredo

子どもの適応力を信じて、親は親でやりたいことをやってみてもいいんだなぁと思いました。

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

簡単に自己紹介をお願いします。

Kredoスタッフ:本日は清水さんご夫妻とお母様の3名様、ご一緒にインタビューさせていただきます。

清水一生(いっせい)です。年齢は34歳です。病院に12年勤めています。

清水まみです。私も同じ職場で働いています。

清水恵子と申します。私は62歳になります。今回は息子たちについて来ちゃいました。

留学をしようと思ったきっかけを教えてください。

Kredoスタッフ:今回皆さんは1週間の超短期留学でしたが、1週間お休みがあったら家族旅行などへ行く方も多いですよね。なぜ留学をしようとお考えになったんですか?

一生さん:職場に海外の方が研修などで来ることが多いんですが、そういった方への対応が増えていて。
まみさん:私も同じで、そういったところで英語の必要性を感じていました。あとは、子どもに教えてあげられたらいいなという気持ちがありました。最初は私の育児休暇がきっかけですね。この時間を有意義に使いたいな、そういえば短期留学っていうのを聞いたことあるなと調べていって。行くなら子どもは置いていけないなと思っていたので、子どもも一緒に行ける留学を見つけて、それなら行ってみたいと思ったんです。(一生さんに)相談して、”一緒に行く?”と聞いたら、行けそう、ということで…その輪が広がって、(お母様も含めて)皆で行くことになりました。

Kredoスタッフ:ちなみに、まみさんから留学の提案をうけて、一生さんや恵子さんはどう思われましたか?

一生さん:どうだったっけ?
まみさん:行ってくれば、みたいな感じだったと思う。
一生さん:でも1人で行くっていう選択肢はなかったでしょ。
まみさん:子どもが2人いるので、できれば大人がもう1人いて欲しいとは思ってました。
恵子さん:私はたまたま家族で集まった時に、この2人が家族でセブ留学に行く、という話を聞いて。”セブ島!!私も行きたい!”と言ったら、いいよ~って。
まみさん:大人が増えるのはすごくうれしいし、助かりました。
恵子さん:連れてきてもらって本当に良かったです。

Kredoをどのように知り、選ばれましたか?

まみさん:留学先はフィリピンに絞って探していました。やはり安いですし、日本から近くて時差も少ないし…子どもへの負担も少ないかなって。それでネットで見ていたら、Kredoのママ留学っていうのが目に入って、選びました。

宿泊施設(Avida Towers)のご感想をお願いします。

まみさん:治安の面ではAvidaの入口にガードマンさんがいますし、とても安全な感じがしました。今回1BR(1LDK)の部屋が空いてなかったから仕方ないですが、スタジオタイプ(1K)のお部屋は私たち4人家族には少し狭いかな~、と思いました。
一生さん:子どもたちが寝たあとは部屋を暗くしてしまうので…家で勉強ができなくて。電気スタンドが持ってくればよかった、と思いました。
Kredoスタッフ:貴重なご意見ありがとうございます。電気スタンドは、今後部屋の備品として検討させていただきますね。

英語の授業はいかがでしたか?

一生さん:個人的にはすごく満足しています。1番いいのは、先生たちが手を抜いてる感じがほとんどないところですね。50分しっかり、みっちりやってくれる。時間もあっという間に過ぎて、充実感がありました。
まみさん:私も、先生たちが一生懸命わかるように文章を書いてくれたりだとか、待ってくれたりだとか、そういう部分がありがたかったです。

Kredoスタッフ:先生たちの熱意や姿勢に満足していただけて、うれしいです。では、逆にこんな授業があったら良いなというご期待はありますか?

まみさん:医療に特化したものなんかがあったら、実際に現場で使えるのでうれしいです。あとはキッズ英語ですね。一緒に学校に登校して、ここで同じ時間を過ごせたら子どもも楽しいし安心できるかなと。家に帰ると、”私をおいて、ママもパパも毎日どこへ行ってたの?”という感じですこし拗ねちゃってて。

Kredoスタッフ:同じKredoの校内でお子さんも英語を習えたら、お友達もできたりするしいいですよね。ちょうどこの2月末から、Kredoではキッズコースをスタートいたしました。次回セブにいらっしゃるときは、是非お子さまもご一緒に留学を楽しんでいただければと思います!

恵子さんは、英語の授業はいかがでしたか?

恵子さん:私は英語が高校時代に勉強して以来だったので、全然覚えてなくて。単語も出てこないし。今回も授業中に覚えたことを次の日にはもう忘れちゃったり(笑)。でも、脳がどんどん活性化するような感じで、本当に楽しかったです。

Kredoスタッフ:それは良かったです。せっかく英語の楽しさに目覚めたので、日本に帰ってからも続けたいですね。

放課後の過ごし方はどのようにされましたか?

まみさん:シッターさんが17時までなので、授業後はすぐ家に帰って…せっかくセブまで留学に来てるので、夕食は毎日みんなで外で食べました。
一生さん:1番最初の英語の授業で、先生たちに現地のお店でどこがいいか教えてもらったりして(笑)。
まみさん:グループレッスンでもみなさんに情報提供していただきました。

今後、留学を考えてる方へメッセージをお願いします。

恵子さん:息子家族と一緒に1週間も一緒に過ごせることはあまりないので、本当にありがたい経験だったなと思います。
英語の勉強で錆びついていた脳が回転し始めた感覚もあって、”ああ、英語が話せるっていいなぁ”って、楽しかったです。
シニアの方も、どしどし、がんばってほしいです。私のように親子留学にお手伝いさんとしてついていって(笑)、英語も勉強して…すごくいい経験ができると思いますよ。

まみさん:日本では24時間ずっと子どもたちと一緒にいたので、最初は子どもと離れて授業を受けたりできるかなって心配しました。でも、拗ねるくらいですんでいるので(笑)。意外と、子どもの適応力を信じて、親は親でやりたいことをやってみてもいいんだなぁって思いました。
一生さん:母親にも、子どもと離れられる時間って良い時間だよね。
まみさん:とってもいい時間でした。

一生さん:仕事を辞めるという選択肢を持っていない、でも英語がやりたいという方って多いと思うんですよ。フィリピンは1週間あれば、5日間集中して英語に浸かって帰れる。そういう使い方も、男性にとってはいいんだろうなと。それを1年に1回とか2回とか繰り返しながら、オンライン英会話なんかと組み合わせたりして。

Kredoスタッフ:1週間の短期留学にも価値がある、と感じられた理由はどのようなところでしょうか。

一生さん:1週間の留学の意味をどこに置くかって、人それぞれだと思うんですが…少なくとも英語に慣れることができます。1日7時間、7コマ、みっちり英語に触れ続ける機会っていうのは、自分でこうやって作らないと日本では絶対できないです。導入として、英語に対する恐れがなくなれば、少し語学が入ってきやすくなるんじゃないかなと。

Kredoスタッフ:忙しい社会人の方にとってオンライン英会話などはすごくいいですよね、毎日少しずつ継続して学習するのは効果がありますし。でも一生さんがおっしゃるように、完全に頭を英語モードに切り替えて、お子さんや仕事から離れて、っていう環境は日本では中々できませんよね。

一生さん:しかもフィリピンは費用が安いですし。オンライン英会話も安いと思っていましたが、フィリピンに来たらさらに安いと感じました。

Kredoスタッフ:今後も年に何度かの短期留学を通して、継続学習がんばってください!

セブ島IT留学体験談 Vol.46 | IT・エンジニア留学のKredo

Rubyを学んでエンジニアとしてのスキルがさらにアップしました!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

簡単に自己紹介お願いします。

小畑景雅(おばたかげまさ)です。24歳です。フリーランスでエンジニアとして活動したり外国人と一緒に開発チームを作ったり、その他にもウェブメディアを運営したりしています。

Kredoスタッフ:すごく若いのに色々されているんですね。どういった経歴をお持ちですか?

そうですね、まず高校卒業して18歳ぐらいの時にバーをやろうと思って、それぐらいからビジネスに興味が湧きましてウェブメディアを立ち上げました。その後、20歳の時に1ヶ月だけイギリスに留学行って、今度は海外でビジネスしたいなって思いました。そのあと、オーストラリアへワーホリにも行って色々経験しました。

Kredoに来るきっかけってなんだったんですか?

最初は普通にセブ島の語学学校で英語を学んでたんですけど、英語学習のみやっていても仕方ないなって思ったんです。
なんか違う切り口で勉強したいなって思いまして、そこでIT留学しようと思いました。

そしてセブのとある語学学校でIT留学を考えていたんですけど、問い合わせしたところその学校が満員だったんです。

Kredoスタッフ:え?そうなんですね。

そうしたら、その学校のスタッフさんが「もしすぐ行きたかったらKredoさんがオススメなので、一度問い合わせてみたらどうですか?」って言ってくれたんです。

Kredoスタッフ:えー!それは嬉しいですね!

それで問い合わせてみると、たまたま枠に空きがあったのでKredoに申し込みました。

Kredoスタッフ:それは助かります。ありがとうございます。

でもあの時Kredoを紹介してもらって本当に良かったです。

なぜRubyコースを選ばれたんですか?

友人がRubyを勉強していて、起業とかもしていてイケてる感じだったので、単純にRubyってなんか良いなって思ってFramgiaさん監修のRubyコースに来たんです。Framgiaさんってイケてるプロダクト開発チームってイメージだったんです。

Kredoスタッフ:実際にきてみてどうでした?スキルって身につきました?

正直いうと身に付きました!なぜかと言うと、かなり本気でやりましたからね。
6週間のコースを受けたんですけど(※現在は4週間の基礎コースor応用コース、8週間の基礎+応用のマスターコースの3つ)、ほとんど遊びに行かずに起きたらすぐそのままプログラミングみたいな生活をしていたので、身につかないはずがないですよね。

Kredoスタッフ:そうなんですね。めっちゃストイックですね!

このIT留学にかける思いもあったので。そして卒業してすぐにフリーランスエンジニアとしてRubyのお仕事を頂いて、既に2件完了しました!

Kredoスタッフ:それは早いですね!早速仕事になっているんですね。

ですね。おかげさまで。本当にありがとうございます。とにかくすぐに仕事で使えています!

Rubyを勉強したことによって、他のフレームワークのLaravelとかを勉強した時もスイスイ入ってきましたね。ちょっと外れたところですけど、PythonのAIとかも勉強しててめっちゃ大変なんですけど、Rubyやってなかったら確実に諦めてましたね。
一回対面でRubyを学べたことで、プログラミングのベースが身についたので、自力で他の言語も諦めずにやれる力が身に付きました。

フィリピン人の現役エンジニアの先生はいかがでしたか?

そうですね、Framgia現役のエンジニアさんだからか、教科書に掲載されていないようなマイナーな書き方を教えてくれたんです。
最初はよくわからなかったんですけど、実際に仕事の案件をこなす時にすごい重宝するんですよ。
現役のエンジニアさんだからこそ実践で使えるものも教えてもらえたんだと思います!

英語の授業はいかがでしたか?

英語の授業も良かったですよ!
結構こっちのやりたいことに柔軟に対応してくれたので。場合によっては歌を歌ったり、こっちが持ってきた題材で授業をさせてくれました。
他の語学学校だとその授業はできない、やらないみたいな感じで言われたんです。Kredoの先生とは友達になりたいなーって思うぐらい親しみやすかったです。笑

セブ島の治安面はいかがでしたか?

治安は良いですね。
他の東南アジアの国に比べるとぼったくりとかも少ないですし。
それに比べてインドとかマジでやばいですよ。笑
とにかく身の危険とかは感じなかったですね。

宿泊施設のAvida Towers Cebuはいかがでしたか?

Avidaは綺麗でしたねー。
転校する前の語学学校の寮はホントに汚くて、天と地の差でしたね。笑
確かにKredoは少し料金設定が高めではあるんですけど、コスパで言うと3倍も4倍も違う感覚でした。笑

放課後や休日はどのように過ごしていましたか?

そうですね、気持ち悪いぐらいずっと勉強してました。笑

そういった環境があったのでストイックにやれました。

Kredoスタッフ:英語とITどちらもですか?

はい!ITでいうと仕事も兼ねてパソコンでひたすらコーディングしてました!

英語は今まで他の学校で留学したり、オーストラリアで留学してたときよりも伸びましたね。先生ともやりとりを無理やり英語でやっていたのが一番伸びた理由かもしれません。

将来の夢などありますか?

プログラミングで言うとなんでも浅く広く作れるようになりたいです。
そして、誰か特定の人に対して神みたいな存在になりたいです。新しく事業やりたいっていう人に対して、お金も投資してあげられて、リスクも背負ってあげられて、見返りも求めないで、出せるリソースも全部提供できるような、半分投資家みたいな人間が理想です。

あと映画監督にも興味があります!昔から映画が大好きだったのでSF映画とか作ってみたいですね!

最後にこれからKredoに来る人に向けてひとこと!

僕はやっていなかったんですけど、Rubyコースは予習してから来た方がいいかなと思います。少人数で融通が利くので、わからないところは何度でも教えてくれますし、逆に理解しているところは飛ばしたりもできる。せっかく教えてくれるのに基礎で終わるのは本当にもったいないと思うんです。自分でできるところは自分でやって、ややこしいところや応用的なところを教えてもらうといいと思います。

あなたにとってKredoとは?

ITビジネス、フリーランスエンジニアになるきっかけをくれた場所です!

セブ島IT留学体験談 Vol.45 | IT・エンジニア留学のKredo

「生きた英語」を学ぶことができ、また「教育者」としても学ぶことが多かった!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

まずは簡単に自己紹介をお願いします!

はい。私は公立高校の英語の教員をしています瀬戸恵美です。5年間育休を取って親子留学に来ることができました。

Kredoスタッフ:え?5年も育休取れるんですか?

はい、出産が続くと連続で取得できて、最長5年間も取れるんですよ!

Kredoスタッフ:普通の高校で働かれているんですか?

普通の高校とは少し違うかもしれません。埼玉の学校なのですが外国語学科があって、生徒の中には帰国子女とか英語ができる子もいるので中途半端な英語は教えられないんですよね。なのでKredoでの留学はとても自信になったし、力になりました。

Kredoスタッフ:なるほど、それはプレッシャーですね。笑  ちなみに留学は始めてですか?

いえ、大学の時に1年間交換留学でカナダに滞在したことがあります。その時は交換留学だったので、現地の大学の講義を受けていました。でも東南アジアへの留学は初めてでした。なのでこういった形でマンツーマンやグループクラスの授業を受けるのは始めてで、学ぶところが多かったです。自分の教え方と比較して授業を受けていました。

なぜKredoへ留学へ来ようと思ったのですか?

まず、長期間現場に出ていないので不安があるのと、現地の生きた英語を復帰する前に学んで自分の教え方に活かしたいと思ってきました。あと子育てに追われて勉強する時間がなくて、ストレスが溜まっていて…
来年4月から復帰が決まっていて、自分の自信につながる経験をしたいなと考えていました。その時、たまたまこのプログラムを知ったんです。すごく楽しそうで良い機会だなと思って参加しました!

Kredoスタッフ:たしかに復帰前の留学は感覚を取り戻すのにはいい機会かもしれませんね。

そうなればいいですね。また、公立の先生って5〜10年で転勤しちゃうんで、復帰した頃にはほとんど知ってる先生がいなく、ほぼゼロの状態から始まるんですよ。
復帰しても、部活や次の日の予習、他の仕事に追われて何も勉強できないと思うんです。なのでここではスピーキングやプレゼン、ディベート、ディスカッションといった実践的な能力を伸ばしたいなと思いました。
日本では週一ペースで英語のスクールには通っていたんですけど、結局子供の都合で毎週は行けなくて…だからここでみっちり2週間鍛えようという気持ちできました。

どうやってKredoを知ったんですか?

エージェントさんに紹介していただきました。親子留学であれば専任の日本人スタッフもいるしKredoさんがおすすめということで!

先生たちはどうでしたか?

英語力はみんな高かったです。でも、知的レベルや話す内容の質は違いましたね。プレゼンや政治的な話、ディープな話をするときは差がありました。
ただ、普通に英語を上達させたいのであれば十分なレベルにあると思います。
ビジネス英語を学びたい方や私のような教師の方もこれからくると思うのですが、そういうことを考えるともっといろんな経験をされている教師を置く必要が出て来ますね。

Kredoスタッフ:たしかにそうですね!

でもモチベーションの高い先生もたくさんいて刺激になりました!グループレッスンでの教え方がすごく良かったんです。
自分も教師として学ぶ点がたくさんありましたし、英語でどうやって生徒を惹きつけているかを知ることができました。
簡単な英語ワードについてのプレゼンがあったのですが、随時細かくメモってくれて最後に的確にフィードバックをくれたんです。生徒をちゃんと見てくれているなと思いましたし、そこはすごく見習いたいと思いました。

Kredoスタッフ:教師としての収穫もあったんですね!

そうですね!また私が先生方に提案したいのが、アクティブラーニングです。ゲームとかプレゼン、ディスカッションをもっとさせたほうがいいなと思いました。日本の政府もうそういう方針で、2020年に入試も変わるので、それに伴って授業も改革し始めていて…
でもそれについていけない教師もたくさんいて、中高年の先生とか留学経験のない先生とか恐怖を抱いているんです。実践の場も限られているので、できれば皆こうやって海外留学に来てスキルアップしたいと思っているんですよね。
なので英語教員に向けた留学プランとかあるとすごく需要があるんじゃないかなと思います!短期集中型で一日中英語漬け、しかも安かったらすごく魅力的ですよね!!

渡航前のフィリピンのイメージはどうでしたか?

ドゥテルテが大統領になってからだいぶ治安がよくなったとは聞いていたので渡航前も安心はしていました。実際に来て見た感想は、やっぱり発展途上国フィリピンという感じでしたね。笑
でもIT Parkは治安もいいし、夜も歩けないとかそんな感じではなかったですね。

コンドミニアムのAvida Towers Cebuについてはいかがでしたか?

住んでみるとほどよい広さで、キッチンも使えましたし良かったです!東南アジアなので仕方ないとは思いますが、アリがちょっと出ちゃうんですね。ここまで完璧に対策できたら最高でしたね!

放課後や休日はどう過ごしていましたか?

休日はアイススケートにいったり、ホテルのデイユースに行きました!ショッピングモールも行きましたね。大きくて新しくて日本にはなかなかないようなモールで驚きました…Jパークアイランドというリゾートにも子供と行ったのですが、5つ星ホテルですごく良いところでした!食事もサービスも豪華でしたね。
放課後は子供も待っているので自炊したり外食したりコンドミニアムの併設のプールに行って過ごしていました。

将来のビジョンはありますか?

教員としてプロ意識を持って、英語で授業をやり、こういう人間になりたいなって思ってもらえるような人になりたいですね!人の姿勢から教わるって大事だと思うんです。Kredoにも自分が求めていた能力を、しっかりと伸ばしてくれた先生がいたので見習いたいなと思います。教師としての財産になりました!
授業ではプレゼンに対してフィードバックをしてもらって、さらにディスカッションもしました。すごく成長できましたね!たった2週間でも充実できました。限られた時間でもしっかりと計画して努力すれば、目標は叶うと思います。
そして教育の場で本当に英語を活かしたいのであれば、英語圏の国に来て英語漬けの生活を送るのが一番おすすめです。これは私が実際に体験して感じました。

最後に。これからKredoに来る人に向けて一言!

迷わずに来て英語漬けの生活にしてみれば何かが変わるかもしれません!でもそれは、目標を持つことやモチベーションが大事になってくると思うんです。
ただ「英語がしゃべれるようになる」だけじゃダメで、どんな英語がしゃべれるようになりたいかっていうのを設定したほうがいいと思います。そしてある程度の準備をした上で留学に来たら、英語力はすごく伸びると思います!
Kredoは少人数だから生徒に合わせてくれるし、こんなに恵まれた環境はないと思うんですよ!もし嫌だったら自分の持ってるテキストを使ってもいいわけじゃないですか。自分のやり方に合わせてくれますし。
自分がある程度の準備をしてくればその環境は活かせるし、準備がなければただ流されて終わるんじゃないかなって思います。なので目標設定は大事だと思いました!

セブ島IT留学体験談 Vol.44 | IT・エンジニア留学のKredo

会社に囚われず、自分の力で自由に生きていきたい!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

KredoでのIT留学を終えてどうでしたか?

良かったですね〜!
実は、留学は今回が初めてではなくて、最初はフィジーに3ヶ月、2回目はサラリーマン時代に1週間だけ来て、今回で3回目なんです。

やっぱり留学って良いですね。しっかりと楽しめました。

Kredoスタッフ:どういうところが楽しかったですか?

まず、自分の場合って他の留学生と結構目的が違うんですよ。
他の人は英語上達させたいとか、ITスキルを身につけたいって感じできてると思うんですけど、自分は海外生活を楽しみたいって気持ちが結構強いですね。

そう言った意味で楽しめましたね。

留学に来る前はどのような経歴でしたか?

大卒で就職して20代の時は仕事で必要っていうのもあって、英語を勉強したりプログラムの勉強したりとか努力していたんですけど、途中くらいから自分で会社に依存しないで生きていきたいなって思うようになりました。
英語とかプログラミングも自分でサービスを作れないと結局会社員で終わってしまうので、仕事に対する情熱は徐々に無くなっていきましたね。
いくつかの会社で合計9年間エンジニアとして働いて、最終的にセミリタイアすることにしました。
今後は、ネットビジネスで生計を立てて行こうと考えています。

生活費の安い東南アジアなら生活費が5万円ぐらいで済みますし、日本であれば実家に暮らせばそんなにお金が減ることがない。

また、パリにフランス人の彼女が居るので彼女の家に住めば物価の高い欧州圏でもしばらくは暮らしていけます。

ある程度資産を貯めてきたので、しばらくは無収入でも生きていけるんです。

その間にネットでの収入が生活費を上回ればいいかなって考えてます。

Kredoスタッフ:どのような仕事をしていたんですか?

自分は会社の開発チームのディレクションで、外国人が作ったプログラムのテストをしたりですかね。
また会社に依存したくなくて株投資とかもやっていて、ネットビジネス始めたのも会社辞める1年前くらいからですね。
たくさん稼ぐのは難しいですけど、ある程度は生活できますし、自分の時間もあって自由です。

Kredoスタッフ:なぜ会社を辞められたんですか?

会社を辞める転機になったのが、フランス人の彼女と付き合ったことです。
その彼女の仕事の都合で、彼女が2年で3カ国に行くっていうプログラムに受かりまして…自分もついて行くことになったんです。
そのとき、どこの国でも稼ぐことができたら良いなと思ったんです。

彼女は僕よりも8つ下なのですが、僕のサラリーマンのときよりも稼いでいます。すごく優秀ですし、僕が働いていても給料の限界は感じていました。

先ほども言いましたが、会社に依存する生き方もずっとはしたくない。

それだったら迷う必要はない。いっそついて行った方がいいんじゃないかと考えるようになりました。

なぜKredoを選んだんですか?

自分もITで仕事していたというのもあってIT留学に興味があって選びました。

あとセブ島は物価も安いので、海外で安く住めるという点は大きいですね。
自分のブログもセミリタイア系をテーマにしているので、セミリタイアしたいと思っている人たちは安く海外で住めるところを探していると思うんですね。
なので、そういう点ではセブ島はマッチしているなと思いました。

英語でIT授業を受けるのは難しかったですか?

英語がわからなくて止まるということはなかったです。

正直英語とIT同時に学べて効率は良いなって思いましたね。

基本的な英語で画面共有してやっていましたし、そこまで困ることはないんじゃないかと思います。

ITの授業はいかがでしたか?熟知されているとは思いますが…

自分は将来オンラインプログラミングスクールとか興味があるので、初心者の人がどこでつまずくのかってことを知ることができたのは良かったです。

英語の授業はどうでしたか?

マンツーマンの授業が多かったのですが、グループレッスンでもっとディスカッションをしたかったですね。英語もそんなに困らない方なので。

Kredoスタッフ:では、グループレッスンでよかったところはどこでしょうか?

フィリピン人の文化とか習慣が違うので、そういう人たちとディスカッションするのは良いなって思いました。

先生たちとの思い出はありますか?

先生とはナイトマーケットやレストランに行ってご飯を食べたのが良い思い出です!
あと先生や他の生徒さんと飲みに行って、英語でゲームをしたりしたのが楽しかったですね。

治安面の不安はありましたか?

ないですね。笑
インドにも一人で行ったりするので…ローカル食堂にいったら安いし案外美味しかったですね。
だいたいビールも持ち込めて、60ペソで2品とご飯が食べられます。笑

コンドミニアムであるAvida Towers Cebuはどうでしたか?

2段ベッドが多少揺れるのでそこは気になりました。
綺麗だしプールもあるし、立地もいいし、他は問題なかったですね。

放課後や休日はどう過ごしていましたか?

平日はあまり自分の時間がなかったんですけど、軽く飲みに行ったりはしました。
土日は自分の仕事して、ショッピング行ったり、飲みに行ったりしていました。

将来の夢はなんですか?

今の延長ではありますけど、経済的に困らないくらいネットで稼げて好きなことやって生きていきたいですね!

それでは、これからKredoに来る方に一言!

英語を学ぶのも、プログラミングを学ぶのも単なるツールに過ぎないと考えています。
サービスを作るために学ぶとか…それを使って何をするのかっていうのを考えるべきかなと思います!
そこを考えた上で留学に来ると自分のためになります。
Kredoでは自分が活躍するために成長できるフィールドは用意されているので、是非それを生かして留学してほしいですね!

セブ島IT留学体験談 Vol.43 | IT・エンジニア留学のKredo

大手企業への内定を辞退!アフィリエイターを目指し、Kredoでの留学を決意しました!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

まずは簡単に自己紹介をお願いします!

新見良夫と申します。24歳で徳島県出身です!現在は石川県の大学院に通っていて2年です。
ただですね、今年度卒業予定だったんですが、辞める予定です…

Kredoスタッフ:え、本当ですか!?

はい。笑
アフィリエイトがやりたくて…

Kredoスタッフ:おお、それはすごい決断ですね!

友達の影響で興味を持ちました!面白そうだなと思って!!
将来はメインでやっていく予定ですが、まずはIT系の会社でサラリーマンにはなろうと思っています。

Kredoスタッフ:そうですか。ちなみに、学生時代はどのようなことをされていましたか?

学生時代は小学校から高一まで野球をやっていましたね。現在も大学院でやっています。一応エースでピッチャーをやっているのですが、肩が壊れてしまって…笑

Kredoスタッフ:エースってすごいじゃないですか!結構早い球投げれるんですか?

どうですかね。ストレートのマックスは軟式球で132キロくらいです…スライダーが決め球で、カーブとチェンジアップも投げていました。

Kredoスタッフ:十分すぎますね。笑

ありがとうございます。

Kredoスタッフ:怪我がきっかけでITの道に?

いいえ、違います。笑
もともと情報科だったというのと、将来会社員で働くのがいやだと思って決めました。将来的には独立してアフィリエイターになりたいですね。
僕が影響を受けた友達は今までの体験談とか綴っていて、グーグルアドセンスとアマゾンアドセンスを使って収益化を諮っています。
僕は現在麻雀のサイトを作っていて、主に同じくアドセンス収益を考えています。

Kredoスタッフ:具体的にはどのような麻雀のサイトを作っているのですか?

麻雀のルールとか勝ち方とかを書いています!

Kredoスタッフ:新見さんの麻雀の実力のほどは…!

自分の麻雀スキルは全然です。笑 でも、ルールは完璧なので大丈夫です。笑
麻雀のジャンルは競合サイトはそこそこいますけど、将来的には絶対に上位表示されるように頑張りたいです。

Kredoスタッフ:どのようにサイトは構築されているのでしょうか?

ワードプレスで書いていてテンプレートに沿って、HTMLやCSSをいじっています!
PHPが難しいですね〜…

なぜKredoを選んだのですか?

IT留学で調べて一番上に出てきたのがKredoでした!

Kredoスタッフ:無料留学ということで、就職が必須のコースですが抵抗はありませんでしたか?

大手の内定をもっていましたが辞退する予定です。大手にずっといるよりも、個人事業のほうが稼げるなと思って!そのためにもっと直結する勉強とか仕事をしたくて。
あと、大学院の研究もそうですし卒業するのもかなり大変でしたし、なんか遠回りな気がしたので辞めようと思いました。

Kredoスタッフ:かなり大きな決断ですね!大学院ではどのような分野を学ばれていたのですか?

今はセキュリティー系の研究をやっています!もちろんホワイトハッカーです。笑 大手にもセキュリティー系のポジションで決まっていました。
0円留学の進路もウェブ系の会社多いですよね。将来はそれでお金を稼いでいく予定なので、そういう会社に就職したいなと思っています。

英語の授業はどうでしたか?

グループ授業だったのはよかったのですが、ビジネス英語は難しかったですね!
わからない単語が多かったです…聞いたり調べたりして何とかものにしてました。

グループクラスではプレゼンテーションやディスカッションをしました。
日本ではどんなSNSが使われているのか?とか、SNSの良い面、悪い面について話しました!

ITの授業はどうでしたか?

ITの知識はある程度ある状態で来ました!
そのため、授業でのギャップもありませんでしたし、課題とかも早めに終わって周りの人に教えたりしていました。ただ、英語は皆さんのほうが上手でしたね。笑

英語によるITの授業はどう感じましたか?

大学院でも研究室の教授が外国人だったので、特に違和感はなかったです。

僕は日本語でも英語でも大差はないかなと思います!
わからなかったら優しく教えてくれたり、自分で調べたりもするのでそれが結局勉強にもなります。

先生はどうでしたか?

先生の話すスピードに慣れるのが大変でしたが、とても勉強になりました。
授業終わりにはミッカ先生とお昼一緒に物買いに行ったりだとか…あとは休み時間などにもいろんな先生たちと話したりししていました!

セブ島の治安とかはどうでしたか?

以前に旅行でインドネシアに行ったりしていたので、同じ感じかちょっと怖いぐらいかなって思ってました。最初は全然わからなかったですけど、今は全然慣れました!
実際は特に危ないことはありませんでした!特にITパークは全然危なくないです!!移動はもっぱらタクシーだったので安全でした。

コンドミニアムであるAvida Towers Cebuはどうでしたか?

広くて新しくて良かったです!
強いて不満をいえば、食べ物を置いておくとアリが出たり、あとシャワーのお湯がたまに出なかったことですかね…アリは東南アジアなの仕方ないですね。笑
でも、食器も、洗濯機もあるしすごく快適でした!!

放課後や休日はどう過ごされていましたか?

放課後はいつも夜の8時や9時まで居残って勉強してから、ご飯を食べて帰っていました!The Walkにあるレストランに行ったり、ナイトマーケットに行ったりしましたね。安いし結構おいしいんです!この前はシシグーというセブの人気料理となぜかたこ焼きを買いました。笑
休日は散歩したり、アヤラモール、SMモールに行ったりしました。もしかしたら日本のモールよりもすごいんじゃないかって思いますよ!
広いし、映画館もあるし…SMモールはボウリング場、スケートリンクもありましたね。あとはマッサージにも行きました。1時間200ペソで激安です。笑

Kredoスタッフ:充実した休日を過ごされたみたいですね!リゾートなどは行かれましたか?

はい、先日念願のリゾートに行くことができました。笑 生徒さんたちとプランテーションベイリゾートにデイユースで行きました!豪華な食事と綺麗なプールに入れて最高でした!!

将来の夢などはございますか?

そうですね、やっぱりアフィリエイトをメインにやっていきたいです!最初はサラリーマンやりつつですけど、軌道に乗ってきたら独立してやっていきたいと思っています。最短で独立したいですね。フリーランスは時間も自由なのでいろんな国をウロウロしながら生活してみたいです!!KredoではHTML、CSSなどのITの知識、英語力も身についたので、今後独立する上で必ず役に立つと思います!ノマドワーカーとしてやっていけたら理想です。

Kredoスタッフ:他にやってみたい事業はありますか?

アフィリエイトの中でのいろんなジャンル、麻雀以外にも広げていきたいです!

それでは、これからKredoに来る人に向けて一言!

Kredoに来る人は面白い人が多いので、友人作ったり、海外への視野広げたり、通常の語学学校よりもたくさん学べることが多いと思います。
将来フリーランスになりたいとかITで稼ぎたいっていう人が多いので、おのずと面白い人たちが集まってきますよね!そういう生活に憧れる人は是非オススメです!

セブ島IT留学体験談 Vol.42 | IT・エンジニア留学のKredo

日本でのインターン中に英語とITの重要さを痛感しました。

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

どういった経緯でKredoに来られたのでしょうか?

Kredoに来る前は入社がすでに決まっている会社で半年ほどインターンをしていました。ただ、その会社はITを使って新規事業しているのにも関わらず、ほとんどの人がITについて知らなかったり、全然内製化されていなかった現状がありました。それってすごく勿体無い事だなと感じましたし、不便だなと思ったんです。私はこれからIT人材も社内で増やすべきだと。それこそ内製化にも力を入れるべきだと考えていました。

ITの知識が乏しいと値段の相場がわからない、外注する際などの値段交渉も難しいですし。入社する会社は営業はうまいんですけど技術的交渉ができないので、そういう面でも知識は必要だなと思います。

またインターンではありましたが、デザインの仕事も任されたりしていました。当時は全部独学でやっていたんですけど、独学でのレベルのままで限界を作るのは嫌だなと思って…しっかりITやデザインについて学びたいなと思ってKredoに来ました!

Kredoスタッフ:その会社にはITに詳しい人はいなかったのですね。

そうですね。その中で自分が知識を身につけることができたら「この分野なら智沙に聞こう」と思ってもらえると思いますし、1年目から活躍できると思ったんです!
また社内にIT人材を増やしたいと思った時に、自分が教えられたらいいなと思っています。なので、しっかりしたプロセスで学んでみたいと思いました。

どうやってKredoを見つけたのでしょうか?

インターンをするまでは英語の語学留学をしたいと思っていました。これから入る会社はB to Bの営業で、商材として研修のコンサルティングとかも売ったりするんです。
例えば某IT企業への研修コンサルティングだと、TOEIC850点越えのレベルの研修内容だったりして…でも実際会社には英語がバリバリできる人材もいなくて…
売ってる側がTOEICを知らないと、何も説得力ないなと思ったんです。その人が作ったカリキュラムって本当に大丈夫なのかって、自分なら思いますし。笑

そこで自分なりにTOEIC850点を超えるようにしたいと思いましたし、インターンを経験してITも重要だと感じたので、インターネットで「IT  英語」で検索しました。検索の上位にKredoが出てきたのでそれで知りました!

Kredoに決めた決め手はなんですか?

ゴキブリが出ないところです。笑 フィリピンって学校の寮とかにもゴキブリが出るって聞いていたのですが、KredoのコンドミニアムAvidaTowerは高層建築で綺麗で新しいからゴキブリは一度も見かけませんでした!

あと、デザインを教えてくれるところですかね。PhotoshopやIllustratorを教えてくれる学校が意外と少なくて…

Kredoスタッフ:確かにそうですよね。

留学に来た目的としては、「英語を学びたい」っていう比重が大きかったんです。その点では、Kredoは全部英語で授業ということだったので、そこが決め手としては大きかったですね。

そして、Kredoのスタッフさんの連絡がどこの学校よりも一番早かったんです。笑
「行きたい」っていう気持ちが一番強いときに決められたので気持ちが良かったです。カリキュラムもわがまま聞いてもらっちゃって、柔軟に対応してくださいました!

英語でのITの授業はどうでしたか?

レイチェル先生は一番わかりやすかったです。アウトプットを先に見せてくれてからコードの全体を見せてくれるので、英語が多少わからなくても画面の解説を参考にすると理解することができました。
また「今はこのJavascriptのここをやっているんだよ」とか「JQueryのここをやっているんだよ」とか最初に全体図を説明してくれて、今自分がどこを勉強しているのか教えてくれたのでわかりやすかったです。
期間が短い人もいて、最初は「果たしてこのペースが早いのか?」とか「本当に間に合うのか?」とかが不安だと思うんです。なのでスケジュールの説明や全体図など、逐一説明してくれると安心して授業することができると思うので非常に良かったなって思います。

本当にわからないときは、ITに詳しい日本人スタッフさんもいるのでその人に聞いてました!初心者にはとても安心ですね。

ITのスキルはどうのように変化しましたか?

留学を経て、もっとITを突き詰めたいなと思うようになりました。何より勉強する方法がわかるようになりましたし、興味が増しました。最初の一歩としては大きな一歩でした。ITアレルギーだったので苦手意識が消えただけでも大きな収穫でした。

先生たちはどうでしたか?

フレンドリーな人が多かったです!あとすごく人のこと見てるな〜って思いましたし、深い話ができる先生がいておもしろかったです。日本人の働き方とか、気持ちが落ち込んだときにどうするかとか話しました。笑

メイ先生とは放課後にネイルに行ったりとすごく仲良くしました。ちなみに足と手で1,000pesoで2,200円くらいでした!日本だったら10,000円くらいするのですごいお得ですね!セブは物価が安くて最高です。

セブ島の治安のイメージはどうでしたか?

危ないことはありませんでしたし、私としてはヨーロッパのほうが危険な匂いがするイメージです。笑
IT parkは特に安全かなと思いました。強いて言えば運転が荒いので、交通事故が心配ですね。まぁ、良く言えば運転は上手いですね。笑

コンドミニアムであるAvida Towers Cebuはどうでしたか?

部屋がすごく綺麗でした!東南アジアだから仕方ないですけど、アリが出たり洗濯機の水漏れがありました。
あと、家政婦さんが部屋を綺麗にしてくれるのですごく良かったです!住むところが安心じゃないと集中して留学できませんしね。1階にはプールもあってリッチな感じでした。

放課後や休日はどう過ごしていましたか?

放課後はよくIT Parkのナイトマーケットに行っていました。あとはコロンストリートというローカルな場所にも行きました!野菜や果物などもそうですし、雑貨とか服とかなんでも安いんで楽しかったです。
また、休日には生徒さんたちとボホール島に行ったことやテニスをしたことも、すごく良い思い出です!!

Kredoスタッフ:充実された留学生活だったみたいですね!

そうですね!他にも、孤児院に行って現地の子供たちとも触れ合ったりして、とてもいい経験が出来ましたし勉強になりました。

将来の夢はなんですか?

結婚するまでに価値のある人間になりたいですね。例えば、子どもが生まれてからでもどこにでも転職できる人間であったり、同じポジションでそのまま働ける人間であったりとか…

今の日本は男女の発言権とか決定権は女性のほうが不利だと思っているので、男女関係ないくらいの力をつけたいですね。

では、これからKredoに来る人に向けて一言お願いします!

Kredoに来て、新しいことに挑戦するってことは年齢は関係ないんだと学びました!IT留学に来る人って本当に意識高いと思いますし、そういう人と出会える場所です。

Kredoは横田代表も若くて元気で、スタッフさん含め良い雰囲気の学校だなと思いました!Kredoに来たらものすごく成長出来ると思います!!

セブ島IT留学体験談 Vol.41 | IT・エンジニア留学のKredo

フリーランスとしてさらなるステップアップを目指し留学!留学は未来への先行投資!!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

まずは経歴をお願いします!

はい。クラブチームのコーチをしていた父の影響もあって、4才からソフトボールを始めました。小学5年生の時には、友人に誘われてバレーボールのクラブチームに入り、その後も中学・高校とスポーツに青春時代を費やします。
スポーツ以外にも、異文化交流や他の世界を見てみたい!と幼い頃から思っていたのですが、部活が第一だったため、当時は泣く泣く諦めることに。

転機は、姉が必ず留学しないといけない学部の大学に進学したことです。当時、特にいきたい大学もスポーツにかける情熱もなくなっていたのですが、姉の話を聞くたびにワクワクしたり、ドキドキしたり、感情が大きく揺さぶられました。
そんな時、昔からの夢だった他の世界を見てみたい!という感情が蘇り、姉と同じ大学、同じ学部に進学し、在学1年時に5ヶ月間、アメリカに留学しました。

初めての留学、初めて実家を離れることとなるのですが、何もかも新鮮で刺激的だったのを覚えています。ただ、よかった思い出だけではなく、悔しい思いもたくさんしました。

・タクシーを呼ぼうと電話をかけるも「お前の言っていることは全くわからん!」と言われて迎えに来てくれない。(その後、諦めずに4回ほど電話して、相手が折れ迎えに来てくれましたが。笑)
・シェアメイトに「ここはアメリカなんだから英語で喋れ!」と言われる。(え。英語話してますけど?とフリーズする。)

様々な経験をして、英語にコンプレックスを抱えたまま帰国することになります。そしてその後は、英語とは関係のないスノーボード業界で働き、これからはITだとIT業界に転職します。

Kredoスタッフ:大学時代に挫折を味わったのですね。

はい。そこで一体私は何をしたいんだろうと考え始めます。
帰国当日、英語コンプレックスにかかっていたので、再度留学するという選択肢はなく、ひとまず何か新しいことを始めようと考え、今までやったことのないスノーボードショップの店頭販売員になります。笑

当時、そのお店ではPOPなどを自分で考え作成できたので、時間が空いた時はPOPを作成していました。そんな時、他のスタッフさん達からも声がかかるようになり、本格的にデザインを学びたいと思うようになりました。

Kredoスタッフ:新卒でスノーボードショップに入社されてから、デザインの道に進まれたのでしょうか?

スノーボードショップは、学生時代お世話になり、新卒ではスノーボード関係の商品や催事を行う会社に就職しました。わかりづらくてすみません…笑

そこでは、WEBサイトや自社通販サイトをいじったり、商品のキャッチコピーを考えたり、モデルさんを起用し商品撮影をしたり、PBブランドウェアの色味を決めたりといろんな経験をさせていただきました。

その中で、やはりデザインを学びたいという気持ちが強くなり、デザイン事務所がやっている学校に通うことにしました。

Kredoスタッフ:それが転機だったのですね!

そうですね!
休日は、学校が開いている朝の10時から夜の10時まで入り浸り、授業以外の作品の制作に励みました。わからないことや上手く出来ないこと、またアドバイスなどをいただくために先生の休憩を狙っては質問しまくってました。笑

ポートフォリオが完成してからは、いろいろな会社のお問い合わせフォームから求人募集をしていないか、自分にできる仕事はないかと営業をかけまくりました。異業種からの転職、そして美大出身ではないことを理由にほとんど相手にされませんでしたが、それでもメールのやり取りを続けているうちに、数社と業務委託契約や個人的にバナーやリーフレット、コーディングの案件をいただけるようになりました。

ですが、制作会社に勤務した経験がなかったので、業界のルールやスピード感がわからず、何度も何度も何度も何度も挫折しました。

Kredoスタッフ:新たな壁にぶつかって苦労なさったんですね。

はい。グラフィックデザインやWEBデザインの仕事をしたいと思ってこれまでやってきたのですが、実際経験してみるとなかなか自分の思うように作成はできないし、スケジュールはタイト。昼夜を問わず修正の連絡がくるなど、どこか自分のやりたいこと、想像していた世界とは違うと感じていました。

いろいろと経験させていただく中で、ガッツリ制作するよりももっと動きのある仕事が面白そうと感じるようになり、昔から興味があったWEBマーケティングやコンテンツマーケティング、アフィリエイトをやっている会社を見つけ、入社しました。

その会社では、WEBディレクターとしてライターさんの管理、依頼、修正業務、ライティング、ロゴ、バナー作成、コーディングなど多岐にわたって経験させてもらいました。そして今は、またフリーランスとして仕事を受けています。

どうやってKredoを見つけたんですか?

フリーランスとして、人脈を広げたい、仕事の幅を広げたい、他の国のエンジニアさん達に会ってみたい、話してみたい、英会話ができるようになりたいと思っていたときにKredoを見つけました。

ITを学ぶうちに、コードの書き方が英語であることや、参考書が英語だと日本語の比ではないくらいたくさんあること、そして、基礎ベースはある程度知っているので英語で学んだら一石二鳥ではないかと思ったのでKredoに決めました。

また、直感的に「たけさん(CEO)に会ってみたい」と思いました。なんかこの人めちゃくめちゃ面白そうだなと。笑
たけさんがアフリカの大学院に行っていたという記事を拝見した記憶があり、若いし、英語×IT留学は絶対来るなって自分も思っていたので!

Kredoスタッフ:KredoのCEOに興味を持たれたのですね!笑

はい。笑
Kredoを見つけるまではカナダのIT×英語の学校に行こうと考えた時期もありました。
知り合いがそこのCEOだったのでお話を聞いてみると、留学生や授業内容のレベルが高く、ゴリゴリのエンジニア寄りの学校だったので、仕事をしながら受講するのは厳しいし、私のやりたいこととは違うなと思い、「IT×英語」などで検索しKredoを見つけ、問い合わせました。

英語でITを学んだ感想はいかがでしたか?

全部の単語が聞き取れなくても部分部分で聞き取れるので、今どこをやっているんだとわかりました。わからなければ自分で調べられますし、英語でITの授業するのは全く苦じゃなかったです。

授業ではどういう成果を得られましたか?

もともとフリーランスで仕事をしていたので、正直なことをいうと技術的な成果はあまりありません。
ですが、フィリピン人のエンジニアがどのくらいできるんだろうと思っていたので、たくさん製作物を見せてもらったり、ビジネスの話をしたり、将来一緒に仕事できたらいいね!みたいな話もできたので楽しかったです!
どのような戦略でサイト運営しているのか、どうやって営業をかけているのかなど、かなり深い話ができました。あとは、フィリピンのエンジニアさんはどんなコードの書き方するのか、デザイナーさんの色づかいや流行りのデザイン構成はどんな感じなのかなど、実際に見ることができたので面白かったです。

先生たちはどうでしたか?

授業では、テキストに沿って授業を行うのですが、それ以外に自分が苦手な会話の抑揚、小説や長文を読むときにどこで文章を切るのかがわからないなどと伝えると、今日は教科書に沿って、今日は長文読解をしようなどと計画を立て柔軟に対応してくれました。また、長文解読時のアドバイスとして、接続詞などの後に理由があるよと教えてくれ、文を読むのが楽しくなり、苦手意識がなくなりました。

また、英語もクリアでこちらの言いたいことを理解しようとしてくれる。わからない単語があったら違う単語に置き換えてこちらが理解するまで教えてくれるので助かりました。
授業以外にも互いの文化を知る為にビサヤ語を教えてもらったり、日本語教えあったりもしました。担当外の先生ともたくさん話し、恋愛や音楽など友達のように話せてすごく面白かったです!

治安面での不安はありましたか?

私自身はまったく恐怖心がなかったのですが、周りがすごく心配していましたね。笑
バリ島みたいな感じかなと勝手に予想していたので、セブ島に着いたら思っていたより発展途上国感が溢れていてビックリしました。

ですが、空港から街を経てIT Parkに入った時、急に高層マンションや整備された道路などが現れ、すごくビックリしました!

コンドミニアムであるAvida Towers Cebuはいかがでしたか?

部屋にもよるとは思うのですが、Wi-Fiの電波状況が悪かったです。フィリピン全体のWi-Fi環境がまだ整っていないこともあるかもしれませんが。
ただ、そのお陰で学校にいる時間が増え、生徒やスタッフ、先生などと話す機会が増えたし、勉強や仕事もできたので、結果としてよかったかなと思っています。

あとは、マットレスがすごく硬かったです。それ以外は本当に最高です!!笑
夜中に一人でも歩いて帰れちゃいますし、新しくて綺麗なマンションなので。

放課後や休日はどう過ごしていましたか?

IT業界の人たちと話してみたいと思っていたので「もくもく会」というITの勉強会に行って、違う学校の人や現地で働いている方々と交流しました。会話の中で「どこに住んでるの?」と聞かれたとき、「Avida Towerです。」と伝えると、とんでもなく羨ましがられたので、ここに住めるのはすごいことなんだって知ることもできました。笑

そのほかにもIT界隈の情報も聞けましたし、他の人と話すことで人脈や知識が広がりました。その人たちと今後、一緒に仕事ができるかもしれないですしね!

あとは、日本人が想像するセブ島のリゾート地に遊びに行ったりもしました。それとは対極に、もっとフィリピンっぽいところにもいきたくてコロンストリートとカルボンマーケットに行きました。ストリートチルドレンや物乞い、デパートのトイレなのにトイレなのかなと思うくらい汚いトイレを体験したり、貴重な経験をしました。やはり自分の目で見たり、感じたりするのはすごく大切なことだなと思いました。

また、カルボンマーケットでは、子供たちと遊んだり、仲良くなったおばちゃんに店番を頼まれたり、ビサヤ語と日本語を教えあったりしてとてもいい時間を過ごすことができました。たくさん外に出て、アウトプットすることで英語が伸びるなと改めて感じました。どの体験も刺激的で楽しかったです!

将来の夢はなんですか?

面白いと思ったことをやる。複数ヶ所から収入を得る。行きたい、やりたいと思ったことは全てやる人になることです。今も結構自由にいろいろとやらせてもらっていますが、より厚みを増せたらと思っています。

また、Kredoのディベロップメントコースに行こうと思ったのは、ワードプレスでPHPをいじりたいから来たんですね。いじれることで仕事の幅も広がりますし、自分でもWEBサイトを製作しようと動いています。また、当然のことながら人脈も増えました。人脈が増えたことで新しく一緒に仕事を始めたり、仕事をいただけたりと良い関係性が築けたらと思っています。

留学に来る人が増えたらもっと面白いことができると思うので、いろんな人と繋がれたらいいなと思っています!

それでは、これからKredoに来る人に向けて一言!

今、この記事を見ているということは、何かを変えたい、やりたいということだと思うので、とりあえず来ればいいと思います。笑
目的があってくるのが一番いいと思いますが、こっちに来てから気付くこともたくさんあると思います。いろんな人に出会って、いろんなことを学んで、考えて、また違うことを始めて。何かを始めるときにお金を惜しむことはないと思います。先行投資なので!!

最後に、あなたにとってKredoとは?

可能性です。

何か変えたいと思ったら絶対に行動しなければならないし、自分も元々はIT系で働いていたわけではなく、変えたいと思って行動してきた結果、今の自分がいるので。
とりあえず行動する、できなかったら他の道を考えてみる。人脈があれば何かしら仕事ももらえると思いますし。少しでも迷っている人は、まずKredoに来てみましょう。何度も言いますが、まずは行動あるのみ!です。

セブ島IT留学体験談 Vol.40 | IT・エンジニア留学のKredo

中国の劇的な経済成長を目の当たりにし、日本の教育を変えることを決意!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

どういう経緯でKredoに来たんですか?

日本の大学を卒業後に中国の大学院を卒業。そこから就活をして内定をいただいたのでKredoに来ました。2018年の4月から就職予定です。

Kredoスタッフ:変わった経歴の持ち主ですね!大学時代はどんな学生生活を送りましたか?

大学時代はいろんな起業家さんや政治家さんに会って自分が何をすべきかというのを追求しました。
その中で気づいたのが、教育をやりたいなということです。

Kredoスタッフ:起業家さんや政治家さんはどのようにして会ったんですか?

大学3年生のときに、学生と一線で働いてる起業家などの人たちと出会うイベントを開きたいなと思って、大学の教授とサークルを作りました。
大学の教授が人脈を持っていたため、起業家さんや政治家さんを集めてもらって月に一回イベントを開いていました。

もう一つは大学4年間新聞奨学生として新聞配達していたんですけど、その歴史が45年くらいあって1期から45期まで集まる大きなイベントや月一の小さな交流会があるんです。
新聞奨学生のOBは読売新聞の副社長さんだったり政治家の方だったりいろんな人がいて、そこで出会うことができました。

Kredoスタッフ:優秀な方たちが多いんですね!その後、中国へ?

はい、中国の大学院へ行き、2年半暮らしました。

Kredoスタッフ:なぜ中国へ行こうと決心されたんですか?

一度、20歳の頃に北京に旅行しました。
そのときに、中国はエネルギーがあって現代化された部分と、古い中国の歴史を持つ北京っていう都市にすごい魅力を感じたんです。
さらに日本に帰ってきたときに、中国が経済的に盛り上がっている一方、日本ってすごく停滞しているなと思ったんですよね。
そのときにこれからの時代は中国だなと直感的に思って、大学卒業したら中国に行こうと思ったのがきっかけです。

Kredoスタッフ:すごい行動力ですね!

それと同時に中国行ってから一ヶ月後に東日本大震災が起こったんです。
僕の地元は福島なのですごく被害があったんですけど、みんなで助け合ったり、励ましあったりしてなんとか乗り越えることができました。
そのときに人のために何か手助けできるような、そんな人間になりたいと思いました。
大きく言えば国のために何かできる人になりたいなと。
その中で何ができるかを考えたときに僕のなかで一番大事なのは教育だなって。教育を通して世のため人のためになりたいと思いました。

Kredoスタッフ:中国での生活はどうでしたか?

中国の勢いって本当にすごくて、経済スピードもすごいしマーケットも大きいし人も尋常じゃないほど優秀で、世界中から投資が集まっているんです。
人・モノ・情報と全部揃っていました。

日本ってマーケットとしてどんどん縮小していくじゃないですか。
これからの時代グローバリゼーションと知力の台頭っていうのがどんどん進んでいく中で、「進化論」を書いたダーヴィンが言うように、周りの変化に対応していかないと生き残っていけないと思うんです。
日本の弱点って英語だったり、ITのリテラシーも必要ですし、これからの時代日本人が身につけていくべき事だと思います。

Kredoスタッフ:将来についてすごく考えていらっしゃいますね。具体的にどのような教育をしていきたいですか?

教育の中で一番投資効率の良い、0〜6歳の「幼児教育」に重点を置いてやりたいと思いました。
僕が2018年に新卒で入る会社は「企業型保育」というのをやっていて、企業様に自社で保育園を運営しませんかっていう営業をしています。
待機児童問題や会社の福利厚生の向上もできるし一石二鳥ですよね。
しかもカリキュラムは完全英語なんですよ。さらにプログラミングの授業もやっていて、これから増えていくと思うんですよね。

Kredoスタッフ:Kredoに来る前は何をされていたんですか?

貿易と人材紹介を個人事業でやっていました。
外国の人に日本の仕事を紹介して、決まればそこでマージンを得られるみたいなお仕事です。
8月は東南アジア、中国8カ国を周って人材探しをしていました。
9月はセブの会社でインターン留学をしていて6時間仕事で4時間英語の授業を受けていました。

Kredoスタッフ:なぜ前のインターン留学を辞め、Kredoへ?

前の会社には1ヶ月いたんですけど、Kredoを知って、そっちのほうがいいな〜と思って。笑
Kredoは英語教育とIT、子供の教育も行っているので、自分のやりたいこととマッチしているな〜と思いました。
今は午前中の4時間はKredo横のKOREKURU International Inc.のコールセンターでテレアポしているんですけど、社長のすぐ横で働けるのでビジネス面で学びを得ることができたのが大きいです。

Kredoスタッフ:コールセンター業務の中で学んだことはありましたか?

そうですね、テレアポはFace to Faceではないので声高を気にしたり、メンタル面もとても鍛えられました。
またどんな言葉を使うかとかによってお客さんの反応も全然違うので、いろいろ試行錯誤しながら学ぶことができました。
仕事をしながら働けるので、留学費用で困っている方や、仕事でも貴重な経験を積みたい方にはぜひおすすめしたいプランですね!

授業は英語のみということでしたがいかがでしたか?

とてもよかったです!
授業内容も実生活で必要な英語を学ぶことができるんです。
例えば、タクシーの乗り方とか服の買い方、サイズ選びまで細かいところまで学ぶことができました。
また先生たちはみんな、自分のレベルに合わせて授業をしてくれましたし、リラックスしながら楽しく学べたのでよかったです!

先生たちはどうでしたか?エピソードなどありますか?

一緒にパーティーに行きました。
先生たちも学生時代は毎週パーティーに行ってたみたいです。
フィリピン人は賑やかなところが好きですよね!
ハロウィンも本格的ですごかったです。笑

セブ島は初めてでしたか?フィリピンのイメージはいかがでしたでしょうか?

来る前のイメージは、東南アジアにはそこそこ行っていたので想像通り「ザ・東南アジア」のイメージでした。笑
来てからもやっぱり東南アジアだったんですけど、他の東南アジアと比べて人が優しいなって思いました。

治安面や環境面はどうでしたか?

僕は中国にいたのでそういう面はある程度許容できました。笑
来てからも驚いたことはなかったです!!

コンドミニアムであるAvida Towers Cebuはいかがでしたか?

外観もいいし、部屋も綺麗で、プールまであってすごくよかったですね。
プールは入ってはいないんですけど…笑

ルームメイトも仲がよかったのですごく楽しかったです!!

放課後や休日はどうでしたか?

友達とモアルボアルとかマクタンなど、もっぱら海に行ってました!
車で少しいけば綺麗な海やリゾートにいけるので行けるだけ行きました。

あとは、筋トレですかね。笑
プロテインも欠かさず飲んで、ジムもいつも行ってました。いつの間にか筋肉留学になってました。笑

Kredoスタッフ:自習などはしてましたか?

そうですね、授業でみっちり勉強して、放課後とかは先生や現地の人と話したりしてアウトプットしてました!

将来の夢やビジョンはどうですか?

理想としては自分で学校を運営したいです。
これから就職する学校も自分のやりたい教育方針と合致しているので、そこでしっかり結果を出したいと思います。
内定企業の本社は徳島県で、これから全国に展開していきます。
将来的には法人として海外にも展開していきたいと思っています。

Kredoスタッフ:なるほど、会社ではどんな事をしていきたいですか?

日本人が普通に英語が話せて、海外のマーケットを切り開けるような未来を創っていきたいです。
今の日本の英語教育って無駄だと思うんですよ。
一流大学行っている人でさえ英語のスピーキング能力って低いと思うんです。
僕の時代は中学から大学までの10年間の英語教育で何も身に付きませんでした。
ようやく小学校からの英語教育が始まるようですが、幼少期から英語を定着させるべきだと思います。

Kredoスタッフ:そういう面では将来Kredoと組めそうですね!

はい!笑

Kredoスタッフ:本社は徳島といっていましたけど、勤務地は?

東京で営業職ですね!東京が一番ニーズがあると思うので。

Kredoスタッフ:東京でも頑張ってくださいね!

でも、Kredo卒業してから入社までは台湾の大学に行ってきます!

Kredoスタッフ:え!?ストイックですね!笑

そんなことないですよ!もっとすごい人たくさん見てきたので!頑張ってきます!

それではこれからKredoに来る人に向けて一言!

僕はフィリピンで英語留学、IT留学するならKredoはオススメだと思っています。
まず学校や宿泊施設がIT Park内にあるので住む環境や周りの環境も良いですし、代表の横田さんが特に面白く、スタッフさんも面白い人が集まっています。
正直、前のインターン先はパリピみたいな人が多くて、遊びに来ましたみたいな人が多かったんですけど…自分はそういう中でやっていても面白くないなと思って!!
コールセンターの代表さんがしっかりと仕事の意義とか目的も伝えてくれて、いろいろな学びもあったのですごく勉強になりました。
Kredoは意識が高い人や変わった経歴の人が多く、オススメです!!

セブ島IT留学体験談 Vol.39 | IT・エンジニア留学のKredo

仕事のスキルアップと、親として娘にもっと良い英語教育を受けさせたくて留学に来ました!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

どのような経緯でKredoに来たんですか?

私は英語教育の仕事に携わっていました。その影響もあり、娘には1歳から英語のDVDを見せたり、英語のおもちゃで遊んだり、自然に英語に親しませていて、5歳の娘は今英語が大好き。
でも最近、娘との英語遊びがワンパターンになってきて、自分の英語表現の幅のなさをもどかしく感じていました。
そして、2人目の子の育休中に、どうしたら娘にとって一番いい英語教育ができるか考えなきゃなと思って…4月から英語教室に通わせ始めたんですけど、親として自分でもっと何かやりたいなと思ったんです!

どうやってKredoを見つけたんですか?

たまたま、育児休職者向けのセミナーにいったときにKredoのプレゼンを見て決めました。
「ママがたくさんいそう」「少人数制でアットホーム」っていうイメージですごく気に入って!
そして、家に帰って旦那に相談したら「行っていいよ」ってあっさり言われて。笑
それから一週間くらい悩みましたかね…まだ断乳していない子もいましたし、セブの治安は大丈夫なのかなと不安でした。
でも、いかないと後悔すると思って来ました!実際にきて、行く決断をして本当によかったなと思っています。

あと、お昼は絶対外に行きたいと思っていて。笑
ITパークは都会なのでそれも楽しみでした。

Kredoでの生活はどうでしたか?

留学エージェントさんにアドバイスしていただいて、入学の4日間前にセブ島に入ったんですよ。
前もってセブにも慣れることができましたし、子供もシッターさんに懐いてくれて入学前の下準備ができました!
またKredoはコンパクトな分、いろんな人と仲良くなれましたし他のママさんとも情報交換することができました。

英語の授業はどうでしたか?

先生方はみんな素晴らしくて感激です。
間違っていても嫌な顔せず教えてくれるし、やればやるほど英語ができるようになるのがわかりました。
また、先生とはフィリピンの文化とか宗教の話もしました!
ガイドブックにも載っていないようなフィリピン人の考え方や文化にも触れることができて、とても貴重な時間を過ごせましたね。

一番印象的だったのは、ビジネス英語とプレゼンテーションです!

他社とのネゴシエーションというテーマでは、仕事でつまずくポイントがたくさんあって、あー、これ大事だよな!とか、仕事での振り返りにもなりました。笑

仕事では通訳者や翻訳者がいたので自分の英語をなんとかしなきゃという気にならなかったのですが、Kredoでは全部自分の英語で発表!
いいプレゼンができるように、夜まで準備したり、練習したり。
英語の学び方をたくさん教わったので、最後にまとめてプレゼンをしてみました。
娘に英語を教えるときに、これから役に立つといいなと思います。

セブの治安はどうでしたか?

来る前は、すごい怖いと思っていましたしIT Parkという場所がどんな場所かもイメージ出来ずにいました。ですが、結局怖いことは一回もありませんでした。
モールとか行っても特に何もないし、特にIT Parkは安全でした!
夜も女性一人で歩いて帰ることができるほどでした。

コンドミニアムであるAvida Towers Cebuはどうでしたか?

とても広くてきれいでした!

あと、シッターさんもいたので色々やってくれて快適でしたね。
朝早くから来てくれてすごく頑張ってくれました!

放課後や休日はどう過ごされていましたか?

放課後はすぐに家に帰って子供をお風呂に入れるのが日課です。私も一緒にお風呂に入ってしまいます。
娘2人もいるので置き去りにしたら、小さい子がまず泣くんですよ。笑
そしたらそれにつられて上の娘も泣くので本当に大変なことになるんですよ…

Kredoスタッフ:それは大変ですね。笑

なので今は一緒に入っています。笑

そして、その間にご飯の下準備をシッターさんにしてもらってました。
夕食後は子供を寝かしつけたあと、深夜1時ぐらいまで宿題したり勉強したりしてました。
たまにですが、シッターさんと一緒にレストランでご飯食べたり遊びに行ったりもしましたね!
あとブログをアップしたり…笑

Kredoスタッフ:なんていうブログですか!?

絶対言いません。笑

Kredoスタッフ:ITの学校でもあるのでとても興味深いですね。笑

あとは、プランテーションベイリゾートにも子供とシッターさんを連れて行きました。

Kredoスタッフ:え、シッターさんもですか!?

はい!お金も全部払いましたよ。笑
大人ひとりじゃ子ども2人、しかも赤ちゃん連れで絶対行けないですし、少し遠いし、リゾートホテルは諦めていたのですが…
「あ、シッターさんも一緒なら行けそう!」と思って、休みの日にも関わらず、来てくれないかとお願いしました。

Kredoスタッフ:多くのママさんは、家でシッターさんにお子さんの面倒を見てもらって行っていますよ!笑

思いつきもしませんでした。笑
一緒に過ごす時間も短かったのでたくさん思い出作りたいと思っていきました!!

Kredoスタッフ:シッターさんにとってもなかなかない機会だと思うので、いい経験だったと思いますよ!

将来の夢はなんですか?

具体的にはないのですが、ずっと仕事は続けていきたいし、英語ができれば仕事の幅も広がると思うんです。
人間はいつになっても目標に向かって頑張れば、それを達成できると思っています。
為せば成る!!
Nothing venture, nothing gain!
今までは保守的だったのですが、留学を通して新しいことに挑戦することの楽しさを学びました!
将来もずっとそう思って生きていきたいですね!!

それでは、これからKredoに来る人に向けて一言!

最初はみんなから、子供2人と行くの!?って言われたんですけど、全然来れちゃいました。笑
育児休暇中を有意義に使えるのかなとか、自己啓発に使えるのかなって思ってきたんですけど、もしそう思う方がいれば来るべきだと思います。
仕事のために何かスキルを身につけたかったり、何か新たにチャレンジしたいという方はKredoをお勧めします!
少しでも興味があれば絶対来たほうがいい!
Nothing venture, nothing gain!笑

最後に、あなたにとってKredoとは?

私のファミリーです!笑

セブ島IT留学体験談 Vol.38 | IT・エンジニア留学のKredo

育休を利用して憧れの海外留学へ!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

なぜフィリピン留学をしようと思ったのですか?

大学が外国語大学で周りはみんな留学とかしていたんですけど、勇気もなく気づいたら卒業して就職しちゃいました。
一度でいいから海外で生活してみたいなと思っていたのですが、社会人になるとなかなかできないじゃないですか?
それで子供が生まれて育休を取得することができたので1年半休めることになり、この時間を有効的に使おうと思ったんですね。
これは留学行かないと!と思って。

Kredoスタッフ:育休で1年半も休めるんですね!

そうなんですよ。でも赤ちゃんがいるのに留学なんてできるのかなと思ってました。
そこでインターネットで「赤ちゃん」「親子」「留学」みたいなので調べてたら2個くらいヒットしました。
1つはセブでもう1つはオーストラリアだったんですけど、オーストラリアの親子留学で見積もり出したらすごく高くて…
セブは東南アジアだし英語はどうなのかなと思ったのですが、留学先としては全然頭になかったんですけど安いしとりあえず行ってみるかと思いました!

なぜKredoを選んだんですか?

エージェントさんが「親子留学ならこの二つの学校がオススメですよ。」と紹介をいただいて、私があれやりたい!これやりたい!って言ったら最終的にKredoを勧められました。
Kredoは日本人スタッフのサポートが他校よりも厚く、アットホームでカリキュラムも柔軟に対応してくれると言われて。

Kredoスタッフ:どんなお仕事されてるのですか?

メーカーの資材調達をしています!
外国人のクライアントだと、「こういう梱包で送って!」っていったのに全然違う梱包で送ってくるんですよ!笑

Kredoスタッフ:それは大変ですね!笑 他の国の方と働くと、国ごとにそれぞれ違う考え方があるので大変ですよね。

英語の授業に関して、ビジネス英語を学ばれたそうですがどうでしたか?

授業は先生によってまちまちでしたね。
結構ブロークンな英語を話す人もいれば、しっかりした英語を話す人もいたので勉強になりました!授業全体の満足度は高かったです。
あと先生方でパソコンを持参している方も居たので、会社として配布してあげるなどもう少し環境を整えてあげて欲しいなと思いました。

Kredoスタッフ:そうですね、努力致します。

でも私のやりたいプレゼンテーションができたり、カリキュラム面では非常に満足しています!
また日本人の方がカリキュラムの相談に乗ってくださったので、安心して授業に取り組めました。

先生はどうでしたか?

みんな優しいですし、驚いたのが私よりもほとんどみんな年齢が若いことです。
同い年くらいの先生とは英語以外にも子育てだったりいじめの対処だったり、いろんな話をできたのでよかったです!
孤児院で育った先生もいて貴重な話を聞けました。

Kredoスタッフ:先生たちとの思い出はありますか?

休日とかは旦那も来てたりして先生たちとは会えなかったですね。
でも授業終わりとかに赤ちゃんを連れて行くと、みんながすごく可愛がってくれました!
あと、ハロウィンパーティーに参加できたのが一番の思い出です。先生たちの気合の入り方が違いすぎて文化の違いを感じました。笑
当日はフェイスペイントしたまま授業したり、本場のハロウィンを体験できたのがすごく印象に残っていますね。

セブの治安面などはどうでしたか?

正直なところ、赤ちゃんもいたし最初は不安でした。
IT Park内は噂通り大丈夫だったのですが、IT Parkから出たら発展途上国だな〜という感じでした。排気ガスとかもすごいですし。
でも、基本タクシー移動だったので最終的には全く問題ありませんでした。

コンドミニアムであるAvida Towers Cebuはどうでしたか?

私は快適に過ごすことができました。
不満はあえて言えば、シャワールームが日本ほど広くなかったのとWi-Fiが少し繋がりにくい時がありました。

キッチンが特によくて、IHのクッキングヒーターもミキサーも冷蔵庫も電子レンジもあって…洗濯機も使えて快適でした!

放課後や休日はどう過ごされましたか?

放課後は帰って子供と遊んだり散歩したりしていました。
本当はもっとインプットして勉強したかったんですけど、結局子供のお世話に追われていました。笑
あとは、他のママさんとお子さん、ベビーシッターさんとホテルのプールにデイユースで行きました!すごく良かったです!

親子留学に関してはどう思いましたか?

私以外にもママがたくさんいてお互い子供連れて旅行に行けましたし、子育てなどの情報交換もできました。
同じ学校に母親がいるっていうのは心強いしよかったので、これからどんどんお母さんたちにも来て欲しいです!

将来の夢があれば教えて下さい!

フィリピンに来てビジネスって面白いなって思いましたね。
英語の授業でビジネスコンセプトを語るっていう授業をやったんですけど、私はセブでカフェをやりたいってプレゼンしました。
こっちにはいっぱいチャンスがあるなって感じます。

あとは家政婦さんっていいなと思いました。日本って家政婦さんに子守りとか家事をしてもらうってすごく抵抗があると思うんですよね。
でもフィリピンではそれが普通で私もすごく助かりました。
日本にも家政婦さんっていいんだよって広められたらなと思います!

では、これからKredoに来る人に向けて一言!

まず先生が熱心だし性格もいいし楽しめると思います。
日本人のスタッフも多いのですぐ対応してくれるし、安心して勉強に取り組めました。
そしてセブ自体も良いところで海も綺麗ですし勉強以外の生活も充実できます。
家政婦さんも居るので子連れで来てもたくさん楽しめますよ!

生徒さんも全員日本人で、学校内でカルチャーの差にイライラせず私にとってはとても良い点でした。
みなさんバックグラウンドも違ってとても刺激にもなりました!
ありがとうございました!

セブ島IT留学体験談 Vol.37 | IT・エンジニア留学のKredo

農業×ITで地域の活性化を図りたい!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

それでは簡単な自己紹介をお願いします!

林真司です!
香川真司と同じ漢字です。笑

Kredoスタッフ:年齢はおいくつですか?

今年27歳です。

Kredoスタッフ:横田代表と同じ27歳ですね!どんな経緯でフィリピンに来たんですか?

もともと大学が英語系の学部で留学したいとは思っていたんですけど、
経済的な問題があってなかなか挑戦出来なかったんです。

それこそ安く留学ができるフィリピン留学は僕が大学生の時はまだ有名ではなくて、、、
フィリピン留学の存在を知ったのは大学を卒業する間際だったんです。

これは絶対フィリピン留学行ったほうがいいなと思って、でも就職は決まっていたので入社はしました!
入社先は地方銀行でかなりお堅い感じのところでした。
自分には合わないなと思いつつトライしてみたのですが、やっぱり自分の考え方と会社の風土が合わなすぎて二日目でやめること決意したんですよ。笑

Kredoスタッフ:えー!?笑

このままここにいても先がないな〜と思って。
でも1年はお金貯めて、翌年に留学に行こうと決めました。
そこで学生の時に行きたいと思っていたフィリピン留学に行こうと決めました。

Kredoスタッフ:すごいな〜具体的にどんなところが合わないと思ったんですか?

まず無駄なところに厳しいんですよね。
例えばですけど、お客さんから5万円預かったとするじゃないですか。
そしたら証書みたいなのをその場で書いて渡さなきゃいけないんですよ。
もしそれを間違ったら紙に二重線を引いて、自分のハンコと上司にわざわざハンコを押してもらって承認を得ないといけないんです。
そういう時、銀行の上司は新入社員に対して「なんでこんなの間違えんの?」とか平気で言うような人が多いんですよね。

Kredoスタッフ:かなり厳しいんですね。

あとは営業もやってましたけど、保険売ったり融資売ったりとか、、、
そもそも業界の構造が難しいと思うんですよ。
銀行とか信金とか証券会社とかもあるし競合がいっぱいあるわけじゃないですか。
もうすでに保険に入っているのに、保険に入ってくださいということに関して、全くやりがいがないなと思ってモチベーションも上がらないし、、、
数字取れなかったら上司にも「存在する意味ないやん」みたいなこと平気で言ってくるんです。
本当にその上司が優秀なら絶対にそういうこと言わないと思うんです。
どうやってこの部下を伸ばそうかって考えると思うんですよ。
考え方が昭和というか、なんなら大正時代かってレベルの考え方の人しかいなかったのでそこが違うなと思いました笑

Kredoスタッフ:そういう経緯で銀行やめられて、フィリピン留学に?

1年働いて4月でやめて、5月から留学に行きました。

Kredoスタッフ:期間はどのくらいですか?

4ヶ月ですね。
一応2校行ったんですけど、アンへレスっていうところとに2ヶ月、セブに2ヶ月です。

Kredoスタッフ:セブはどちらの学校に?

ある韓国経営の学校に2ヶ月お世話になりました。

Kredoスタッフ:では通われていたのは3年半前ぐらいですか?

そうですね、もう3年半前になりますね。

Kredoスタッフ:なるほど、そこからどうされたんですか?

よくある話なんですけど、そこからオーストラリアにホーキングホリデーに行きました。

Kredoスタッフ:どのくらいの期間ですか?

1〜2年いようと思っていたんですけど、半年未満で帰ってきました。

Kredoスタッフ:どんな仕事をしたんですか?

ファームですね。
果物の収穫とか選別とかしていました。

Kredoスタッフ:でも給料は良かったのでは?

いえ、実は全く良くなくて日本円で1,000円ないぐらいでした。
職種的にもオーストラリアいる意味全くないなと思いまして、、、

Kredoスタッフ:内容もそんなに良くなったですか?

はい、周りはアジア人ばかりでしたし。

Kredoスタッフ:そのあとにセブにこられたんですね。就職で来たんですか?

最初はセブのバニラッド地区にある学校のインターンできたんです。
韓国経営の学校なんですけど、5ヶ月くらいインターンしてたら上司から社員になってほしいと言われて、そこから1年間働きました。
そのあとセブ島内で転職して、ayalaのビジネスパークにあるアライアンスっていうITの会社に入りました。
そこでも1年間働きました。

Kredoスタッフ:どんな業務内容でしたか?

会社自体はITなんですけど、僕がやっていた仕事は基本的にはコミュニケーターでした。
クライアントが7割日本人の方で、こちらのフィリピン人のエンジニアの通訳みたいなことをしていました。

Kredoスタッフ:ITの知識はあまりなかった?

そうですね。ブリッジSEの一歩手前のような、通訳をしていました。

Kredoスタッフ:そうなんですね。

ちなみにKredoはどのようにして見つけましたか?

Kredoを知ったきっかけは友人のフェイスブックでした。

Kredoスタッフ:フェイスブックの投稿でみつけたんですか?

はい、そこからメールで問い合わせして説明を受けました。

なぜKredoを選んだんですか?

自分本読むのが好きで、ビジネス書とか小説とか読むんです。
ビジネス書にはITのエンジニアになる必要はないけど、最低限コード読めたりエンジニアと最低限の話をできるようになっていたほうがいいとよく書いてあって。
エンジニアにはならないけど、ITを勉強しようと思いました。

Kredoスタッフ:他の学校もみましたか?

他のIT留学の学校も知っていました。
でもKredoさんはできたばっかりというのもあって頑張って欲しかったんです。笑
応援したかった気持ちと、少人数というのが予想できて生徒に対する対応が手厚いのかなと思いました。

Kredoスタッフ:期間はどのくらいでしたか?

6週間ですね。4週間で申し込んで、もうちょっとやってみたいという事で2週間延長しました。

Kredoスタッフ:なぜ延長したんですか?

日本に帰るスケジュールに余裕があったのもそうなんですが、それよりも授業もすごく良かったので延長しました。

英語でのITの授業はどうでしたか?

日本語で授業を受けたことがないので比べられないですけど、言語の壁は感じませんでした。
話す内容は決まっていますしモニターをみながら話すので、ある程度英語がわからなかったとしても先生の言ってることは理解できると思うんですよね。

Kredoスタッフ:ここに来る前はITに触れたことは?

あまりなかったです。コーディングとかは初めてでした。

Kredoスタッフ:6週間やってみてどう感じましたか?

最低限サイトは作れるなと思います。
学び方がわかったというのがすごく大きかったです。

Kredoスタッフ:それは大きいですねー。英語の授業は取ってなかったんですよね?

はい、とってませんでした。

先生はいかがでしたでしょうか?

優しかったです。
わからないことも教えてくれるしフレンドリーでした。
フレンドリーだからこそ質問しやすかったです。

Kredoスタッフ:先生たちとの思い出はありますか?

先生と一度食事に行ったくらいですね。

Kredoスタッフ:Avida Towers以外の違う宿泊施設に滞在していたみたいですが、宿泊施設はどんな間取りだったんですか?

1ルーム2バスルームでした。

Kredoスタッフ:なんですか、その間取り!?笑

2つもバスルームあるのは、フィリピンの人はよく朝にシャワーを浴びるからですかね?彼女が朝全然出てこないんですよ。笑

彼女さんと住んでいたんですね!

2年半付き合っている彼女がいて、日本に帰ってから結婚する予定です。

Kredoスタッフ:彼女さんとはどちらで知り合ったんですか?

最初の学校の先生でした。

Kredoスタッフ:なるほど。彼女は日本話せますか?

全く話せません。笑

Kredoスタッフ:オールイングリッシュですね!将来の夢や展望はありますか?

実家の農家を継ぎつつ、自分でもやりたいですね!

Kredoスタッフ:なるほど!どのように販売しているんですか?

半分は農協に出荷し、半分は直売しています。
直売は固定のお客さんが買ってくださいます。
全て口コミです。

Kredoスタッフ:口コミって大事ですよね!

将来のビジョンはありますか?

インターネットでメディアをもつのは当たり前だと思っています。
他と差別化するとき、できた果物や野菜を売るだけではダメだと思っているんですね。

Kredoスタッフ:どのような差別化を考えているんですか?

ジャム作ったりとか、獲れた果物を作ってパンケーキを作ったりとか必要だと思うんですよ。
でも、それでもダメだと思っているんですよ。
今は第一次加工品がすごく需要あるんじゃないかなと思っています。
桃を潰して冷凍したものとかは、ケーキ屋とかそういう材料を使うところにはすごい需要があると思うんですよね。
うちはこれからトマト作ろうと思っているんで、トマトケチャップ作っている会社に持って行ってそのまま原料として売りにいこうと思ってます。
個人間の取引も然りですが、法人との取引もやっていきたいです。
どこの農家も取り組んでいないと思います。

Kredoスタッフ:すごく考えられていますね。専用のウェブサイトも作られるんですか?

はい!
パートナーがもう決まっていて、彼はウェブに詳しいのでウェブ担当、オペレーションは僕がやろうかなと思っています。
あとは地元が本当に田舎なので何もないんです。
僕の故郷の農家を集めたプラットホームを作ってみるのも面白いかなと思っています。
それで故郷を盛り上げていきたいです。
Kredoスタッフ:故郷を思う気持ちが伝わってきますね。

それではこれからKredoに来る人に向けて一言ください!

留学は人生を変える大きなきっかけになると思うんですよ。
僕も今セブに3年住んでいて、自分の中の価値感がすごく変わったんですよ。
海外に行くまでは自分の中に自信がなかったり、それこそこれから事業をしようとしてますけど、セブに来る前はそんなこと思ってもなかったんです。
なんでそう思えるようになったかというと、このフィリピンでの3年間で本当に予想もしてなかったこととかたくさんあってそれを解決してきて小さな成功体験を積み重ねることができたんです。
それが今の自信につながっていると思います。
なので留学にきたら人生を変えるきっかけになる可能性はあると思いますよ!

Kredoスタッフ:非常に心強い言葉をありがとうございます!!

セブ島IT留学体験談 Vol.36 | IT・エンジニア留学のKredo

Kredo IT留学に挑戦してみたら新しい自分に出会えました!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

簡単に自己紹介お願いします。

落合裕花です。高校までは栃木県にいました。その後は京都に引越しをして、京都女子大学の英文学科に在籍していました。その後に大学院にも進学しました。そして6年ぶりに地元に帰ってきて私立高校の英語教師に就職しました。

Kredoスタッフ:おお、そうなんですね。それはKredoに留学に来る人の中では珍しい経歴をお持ちですね!

そうなんですか?

Kredoスタッフ:英語の先生は今までいなかったので。ところでなぜ先生辞めようと思ったのですか?
そうですね、とりあえず3年やってみようと思って先生を始めてみたんです。結構始める前になんでも怖がっちゃうタイプなんですけど、先生だったら色々勉強もしてきたのでできるかなーと思って挑戦して見ました。実際3年間やってみて、それなりに頑張れたかなっていうといころで色々考えてみようって。仕事柄、朝は早く夜も遅かったので、なかなかそういう時間も取れなくて。

後、英語も自分で納得出来るレベルまで勉強できてないし、高校生に教えるに当たってまだ不安な面も残っていました。周りはやりながら成長するから大丈夫って言ってくれたのですが、私はそれでは納得できなくて、、、

どっちにしても留学はとりあえず一回はしようと思っていたので

例えばオーストラリアとかアメリカでTESOLの資格も取りたかったんですね。
まぁ、これからまだこの先先生をしたいかわからなかったので、違う道にも挑戦してみようと思ってた時にKredoの無料留学を見つけたんですね。

これなら英語の勉強も出来るし、ITも同時に学べるので違う道も開けるかなって思いました。

Kredoスタッフ:こちらのプランは就職ありきのプランなんですが、そのあたりの抵抗ってなかったですか?

それは逆に心強かったですね。今まで教育しかやってないので、一般企業のことを全然知らなかったので、そこがコンプレックスだったんですね。
なのでIT企業じゃなくても一般企業に挑戦するのが足踏みしてしまう感じだったので、セットで付いているのなら私でもいけるかなって感じでした。
今の私にとってはすごくありがたいプランだなって思いました。

なぜKredoを選びましたか?

無料で留学出来て、さらに就職まで出来てしまうっていうところは大きかったですね。
でも無料で留学出来るっていうのはちょっと怪しいなってかんじでした。騙されてるんじゃないかって思いました(笑)

そこでIT関係の仕事をしている知り合いの方に聞いてみたんです。
じゃあ、初めてなんだし良いチャンスだと思うから挑戦してみたら良いと思うよ!って言ってくださったので挑戦してみることにしました。

英語でのIT授業は難しくありませんでしたか?

難しかったっていうのはなかったですね。とにかく思っていたよりITが楽しかったです!

Kredoスタッフ:ITの知識はどれぐらいありましたか?

ITの知識は全くといってもいいぐらいなかったんですけど、だからこそ英語で言われたことがすっと入ってきたんだろうなって思います。
そういう作業をこういう表現するんだっていうのがそのまま頭の中に入ってくる感じでした。

Kredoスタッフ:それは一番効率的な学び方ですね。プログラミング言語ってそもそも英単語で出来ているところが多いので、日本語に置き換える必要がないので英語で教わるって実は一番効率が良いんですよ。もちろん人によるんですが。

そうなんですね、でもやっぱりKredoから出されていた事前学習をやっていたからすっと入ってきたのはあります。事前学習しているときは正直あんまり意味はわかっていなかったのですが、授業を受けてみたら「あー! あれってそういうことかー! 」って感じでした。しっかりと予習やってきて良かったと思いましたね。

英語の授業はどうでしたか?

マンツーマンクラスはレベルチェックテストの時にやったんですけど、私はグループレッスンの方が良いなって感じでしたね。
結構明確なスキルを身に付けたい、例えばTOEIC、TOEFLとかを伸ばしたいっていう目標がないと自分にはあまり必要ないかなって思いました。
どっちかというとグループレッスンの方が、先生以外の人たちから受ける影響が大きかったです。

もともと教育に携わっていたので、そういった授業の仕方するんだーとか、色々工夫してくれてるな!って感じですごく勉強になりました!

一緒のクラスの人とかはビジネスマンとして成功していて、知識が豊富でたくさんの経験をされているので、自分の知らない事が英語で聞けたりビジネスワードをたくさん話してくださったんです。そういった事が授業で聞けるってすごく新鮮で私にとってはグループレッスンの方が力が付いたかなって思います。英語でディスカッション出来るってすごく身になりました。

先生たちはどうでしたか?

フリッツィ先生は若いですけど、色んなことに精通してて発音も綺麗で、わからないこととかこういう表現方法もあるよって教えてくれました。
彼女は色んな表現をしていて、そういう風に話すんだーって感じですごく勉強になりました。

みんなフレンドリーですごくプライベートでも仲良くしてもらいました。

セブ島の治安は来る前と今ではイメージ変わりましたか?

治安は思ってたほど悪くないなって感じでした。
モールと観光をちょっとして、コロンっていう危ないと言われている地域にも行ったんですけど、特に大丈夫でしたね。
なんかあんまり怯えてても勿体無いなーって思ったので色々行ってみました。

宿泊施設のAvida Towers Cebuはどうでしたか?

ちょっと音がうるさかった時はありましたね。
工事の音とかお店の音とか。ちょっと神経質になっていたのもあって。
最初は耳栓して寝ていたんですが、慣れてきたのかすぐ耳栓しなくても大丈夫になりました。

それ以外は快適に過ごせましたね。

放課後や休日はどのように過ごしていましたか?

放課後は基本、授業が終わったらすぐに帰って簡単にですが自炊していました。

Kredoスタッフ:良いですね。家庭的ですね! 確か弁当も作って来てましたよね。

そうなんです、授業が11時からだったので朝に作って持って行ってました。
ただ、日本にいる時はここまで毎日自炊するっていうのはなかったかもしれませんね。

Kredoスタッフ:じゃあ日本に帰って東京に住むようになったら一人暮らしになって毎日自炊ですか?

いえ、妹が北千住に住んでいるので一人暮らしではないんですよ。

Kredoスタッフ:妹さんが既に東京に住んでいるんですね。

そうなんです。それも御茶ノ水の方にある大学に通っているので、インターノウスのプログラマーカレッジの近くなので一緒に行けるんですよ。

Kredo:スタッフ:それは偶然ですね! じゃあ東京生活は不安はあんまりないですね。

はい、そうですね!

Kredoスタッフ:ちなみに観光とかしましたか?

行きましたよ! ボホール! 最悪でした(笑)

Kredoスタッフ:えっ!?どうしたんですか?

台風がちょうど来ていたので、復路のフェリーが欠航になってしまって・・・
違う港行ってまた別途お金払ってフェリーに乗って深夜に帰って来ました。

Kredoスタッフ:セブはたまにしか台風来ないんですけどね。それは大変でしたね。

でも海に行ってる間は晴れてたのでそれだけでも良かったです! 総合的には良い経験になりました!

あと、モアルボアルのビーチやカワサンフォールにも先生たちと行きました!
すごい楽しかったです!

将来のやりたい仕事とか夢があれば教えて下さい!

今の所模索中ですね。
計画立ててやるというよりも、目の前にあることに飛び込んで決めていくタイプなんですよね。

Kredoスタッフ:今、目の前にあることをどんどんやっていく感じでですね。仕事だけに関わらず、こういう風に生きていきたいっていうのはありますか?

そうですね、せっかくITを学んだので勉強は続けていきたいですね。
あと、先生じゃなくてもいいので教育にも何かに携わる何かをしていきたい気持ちがあります。

そういえばKredoの皆さんをはじめ、海外で働いてる方たちを見てたくさん刺激を受けました!
海外で働いてみるというのも少し興味が湧いてきました。

最後に。これからKredoに来る方々へ一言お願いします!

そうですねー、Kredoに来る人ですか?
Kredoはフィリピン人の先生たちとすぐに友達になれるので、とにかく人間関係が広がって楽しめるところです!
まあ、一言でいうとアットホームっていうことですね!(笑)

そういえばカワサンフォールに行ったときの動画をITの先生が作ってくれたので、せっかくですから共有しておきますね!

Kredoスタッフ:そうなんですか? ではそちらの動画も体験談に掲載しておきますね! ありがとうございました!!

セブ島IT留学体験談 Vol.35 | IT・エンジニア留学のKredo

子育てに追われて留学のことは忘れていましたが、親子留学で実現することができて感動です!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

それでは簡単に自己紹介お願いします。

中島宏美です。会社に1ヶ月休みを頂いて留学に来ました。

Kredoスタッフ:そうなんですね。1ヶ月も休ませてくれるんですね!

有給くっつけて来ました。小さいデザイン事務所なので結構自由が聞くんですよ。

Kredoスタッフ:それはいいですね。ずっとそちらの会社で働いているんですか?

いえ、昔はエスティーローダーで働いていたのですが、結婚を機に退職をしたんです。
それから子供が生まれて、仕事に復帰しました。
そのあとも基本的には美容系の仕事を中心にしてきました。
今はデザイン会社の社長秘書みたいな感じです。

留学しようと思ったきっかけは?

学生の頃から留学はしたいと思っていたのですが、子供が生まれてからは忘れちゃっていました。
そこからは子育て中心に仕事を選んで日々を過ごすって感じです。
最近は子供もある程度大きくなったので、これからは自分のやりたいことに挑戦して行こうと思うようになりました。
そこでやっぱり留学に行きたいってなって調べて見たら親子留学っていうプランがあるって知ったんですね。

Kredoスタッフ:ですよね、画期的ですよね。

最初見つけた時はびっくりしました。子供がいても留学に行けるんだって。念願叶って良かったです!

なぜKredoを選びましたか?

1年ぐらい前からでしたかね、ずっと留学エージェントに相談させてもらってて。
そこで親子留学ならKredoがおすすめと教えてもらったので、もうKredoに行こうって決めてました。
アットホームで少人数制は親子にとってやりやすい環境だなって思いました。

英語の授業はどうでしたか?

授業に対して不安はなかったですね。英語のレベルは正直ゼロに近かったんですが、とにかく日本語の文法で覚えるんじゃなく先生との対話、対話、対話って感じでとにかく話しました!そこで先生が間違えてる文法とか単語を教えてもらうっていうやり方でした。
おかげで話すっていうことに対しての抵抗感はなくなりました。

Kredoスタッフ:確かに英語を早く上達させるにはとにかく英語でひたすら話すことが一番良いかもしれませんね。

ですよね。私もそう思います。

Kredoの英語の先生たちはどうでしたか?

英語の先生たちはい良い人で優しかったですよ!最初はずっと英語漬けで先生とひたすら話し続けるので大変でした。帰ったらすぐ寝てしまうぐらい。それも知らない人の英語ってあまり最初は聞き取れなくてすごく疲れました。でも最後の方は慣れて楽しく話せるようになってきたので良かったです。
あと、英語が間違っててもすごく優しく教えてくれました。

来る前のセブ島のイメージはいかがでした?

もう至るところにビーチ、リゾート、海っていうイメージでした。あと治安はちょっと悪そうって思っていました。
あと、ご飯が美味しくなさそうとか(笑)

Kredoスタッフ:そうなんですね(笑)実際どうでした?

空港についた時は結構イメージに近かったです。東南アジアだーって感じ。でもKredoとか宿泊施設のAvida TowersがあるITパークは綺麗でしたね。ビルがたくさんあるーって思いました!

宿泊施設のAvida Towers Cebuはどうでしたか?

宿泊施設で嫌な思いをしたことはほとんどなかったですねー。そういえばシャワールームのドアが壊れてしまったのはありましたね。
日本ではなかなかないかもしれないですが、フィリピンなのでそのあたりは仕方ないのかなって感じです(笑)

放課後や休日はどのように過ごしていましたか?

学校が終わったら息子と散歩しながらカフェ巡りしてました。息子がカフェが好きなんですよ。スイーツも好きなのでいつも行ってました。
あと、学校終わったら息子とプールに行ったりもしましたね。

そういえば、仲良くなった先生とか生徒とスポーツジムにバドミントンにも行きました!
勉強の合間に息抜きって感じでリフレッシュ出来たし楽しかったです!
運動不足になりがちなので、やっぱりたまには運動もやらなきゃですね!

将来の夢があれば教えて下さい!

将来の夢は、英語がペラペラになって海外に住みたいですね。

Kredoスタッフ:住みたい場所はありますか?

そうですね、やっぱり英語圏ですね。ヨーロッパも良いですねー。

Kredoスタッフ:現地で仕事見つけるんですよね?どんな仕事がしたいですか?

今はデザインの仕事で自分でやっていきたいと思っています。極めていきたいです。

Kredoスタッフ:おしゃれな夢ですね。ちなみに5年後とか10年後のプランってありますか?

そうですね、一回に日本に帰って落ち着いて整理してから考えます。
そういえばITにも興味が湧いてきました。
イラストレーター、フォトショップの使い方も会社の人に教えてもらいながら引き続き勉強していきます!

最後に。これからKredoに来る方々へ一言お願いします!

そうですね、思い立ったらすぐ行動ですかね。行きたいなとか興味あるなーって思ったらすぐやって欲しいなって思います!
私は今回すごく充実した留学だったので、また次回も来ようと思っています。
それも行動したからこそわかることだったと思うんですよね。
なので、留学に行こうか迷っている人はぜひトライして見てください!

Kredoスタッフ:ありがとうございました!宏美さんの夢、 kredoスタッフ一同応援していますね!!

セブ島IT留学体験談 Vol.34 | IT・エンジニア留学のKredo

人の為になることを続けられるような経営者になります!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

Kredoスタッフ:改めまして、1か月間の英語コースお疲れ様でした!

ありがとうございます!

Kredoスタッフ:では簡単に自己紹介お願いします。

吉田陸です。19歳です。人生変えるきっかけになればと思って留学に来ました。
よろしくお願いします。

今まで打ち込んできたことってありますか?

そうですね、正直野球しかしてこなかったですね。

Kredoスタッフ:それって小中高ずっとですか?

もう幼稚園の年長ぐらいからずっとやってきました。野球しか考えられなかったですね。

Kredoスタッフ:じゃあもう野球大好きって感じですか?

いや、そんな事はないんですけどうまくなることに魅力を感じてました。

もう辞めるにも辞められないって感じでした。もうこれしかないって感じで。

Kredoスタッフ:ずっと野球をやって来て引き続き大学に行って野球やろうっていうのは考えなかったんですか?

本当は大学で野球を続けようと思ってたんですけど、分離症、ヘルニアとか肩、肘を故障しちゃったりと。それで辞めちゃいました。

Kredoスタッフ:結構怪我続きだったんですね。で、野球辞めて就職したわけですね。

はい。

Kredoスタッフ:どんな職種だったんですか?

石油、ガソリン精製工場の中で、現場監督していました。配管工の人や鳶さんに指示をしていました。

Kredoスタッフ:どれぐらいの期間やってたんですか?

1年弱ぐらいやってました。

Kredoスタッフ:なんで辞めちゃったんですか?

親父がなくなったのが大きかったですね。

Kredoスタッフ:お父さんが亡くなって何か辞めなくといけない理由ってあったんですか?

いや、そんなことはなかったんですけど、親父が亡くなって色々考えさせられることがあって。

で、叔父が「俺が親父の代わりになってやる」って言ってくれて、とりあえず叔父が経営しているイタリアンで働かせてもらうことになりました。半年間働いていたのですが居候でなんでも面倒見てくれて。

Kredoスタッフ:面倒見のいい叔父さんなんですね。

そうなんです、でもずっとお世話になっていて周りの人には出来るだけ頼らないで自分の力でなんとかしたいなって思ってました。

Kredoスタッフ:でも経営者の近くにずっと居れるっていい環境だと思いますよ。

確かに、それは叔父にも言われました。もしお金持ちになりたかったらお金持ちの近くにいるのが一番近道だって。

Kredoスタッフ:ですよね、すごい人の周りにはすごい人が集まると思います。だから陸さんが勉強するにはいい環境ですよね。

で、その叔父にも留学行って来いって言われました。英語が話せると世界が変わるぞって。叔父の子供たちもカナダとかアメリカに留学してて。

Kredoスタッフ:おー、やっぱり叔父さんの近くにいるっていい環境ですねー。

はい、そう思います。

Kredoスタッフ:じゃあ留学終わっても叔父さんのところに戻るんですか?

いえ、一回実家に帰ろうと思います。それから英語の学校に通ったりオンラインスクールを受けようと考えています。

Kredoスタッフ:いいですね!何かその先の目標があるんですか?

あります!元々仕事辞めた時にワーキングホリデーに行こうと思っていたのですが、いとこにまずセブ島留学経験してからにした方が良いって言われました。一回留学してもっと学びたいって思ったらワーキングホリデーに行けばいいと思うって。

それでKredoに来て勉強してみたら改めてオーストラリアにワーキングホリデーに行きたいって思うようになりました。成人式が終わってから行こうと思うので、それまでKredoでせっかく学んだ英語を忘れないように継続しようと思っています。

やっぱり英語って継続しないと忘れちゃいますよね?

Kredoスタッフ:そうですね、英語もそうですしなんでも継続だと思いますよ。その為には環境って大事だと思うので英会話スクールに行ったり留学やワーキングホリデーに行ったりして英語を話さざるをえない環境を作り出すのが近道だと思います。

ですよね。卒業後もしっかりと英語学習を続けていきます!

ちなみにKredoはどうやって知ったのですか?

はい、実は野球部の先輩が去年セブ島に留学していたのですが、その人が自分の行っていた学校はおすすめ出来ないって言われました。代わりにこの人に聞いてっていう事でセブ島在住の方を紹介してもらったんです。
その方がオススメしてくれたのがKredoだったんです。
そこでKredoスタッフの方と実際話をさせてもらったらすごく意気投合して、実際にKredoに行って勉強してみたいって思うようになりました!

Kredoスタッフ:それは嬉しい限りですね。ありがとうございます!

先生の印象はどうでした?

僕、街中の人やタクシー運転手と喋ったりしたんですけど、その人たちに比べたら断然学校の先生たちの発音の方が綺麗だなって、聞き取りやすいなって印象でした。

Kredoスタッフ:そうなんですね。確かにKredoの先生は語学学校で英語を教えていた経験のある先生や、大学で英語教育を専門に学んできた人たちがほとんどですからね。

あーそういう事なんですね。発音綺麗ですよね。あと綺麗な先生もたくさん居ました(笑)僕の担当の先生が可愛かったです!

セブの印象っていかがでしたか?

来る前のイメージは、セブってリゾート地で治安が良いんだろうなって感じでした。そもそもセブはフィリピンと思っていなかったです(笑)

Kredoスタッフ:実際来てみてどうでしたか?

そうですね、リゾートは結構イメージ通りだったのですがセブシティはちょっと汚かったですね。それからITパークに入った途端、、、別世界かと思いました!めっちゃ綺麗でした!

Kredoスタッフ:じゃあ治安面に関しても特に問題なかったですか?

はい、特に問題なかったです。むしろ街中の人たちはすごくフレンドリーで危ないってまったく思わなかったですね。友達がたくさん出来ました。

宿泊施設のAvida Towersはいかがでしたか?

お風呂に漬かりたかったです(笑)シャワーも立って浴びるのでゆっくりお風呂って感じではなかったですね。

Kredoスタッフ:そうですよね、そもそもそういう文化がないんですよね。

まぁすぐ慣れたので特段問題はなかったです!

警備員も常にいたし、それ以外は申し分なく非常に住みやすかったです!

プールもあったしすごく良かったです。3日に一回は行ってましたよ!

Kredoスタッフ:めっちゃ行ってるじゃないですか(笑)

学校終わりにも行けるんで。22時までやってるのでありがたかったです。

あと、高層階だったので夜景が綺麗でしたね!感動しました!

放課後とか休日はどのように過ごしていましたか?

放課後はだいたい外食してました。土日は海行ったり、リゾート地に行ってました!

カランガマン島とかマラパスクア島にアイランドホッピングに行きました。

めっちゃ綺麗でしたよ!!綺麗な写真がたくさん取れました!!

あとセブ島でキャッチボールしたのも良い思い出ですね!セブ島は野球の文化がないのですごく新鮮で面白かったです!

将来の夢はありますか?

経営者になりたいですね!

Kredoスタッフ:おー、いいですね!どんな経営者になりたいですか?

あんまりちゃんと決まってないんですけど、人のためになるようなことをしたいですね!

海外事業もやってみたいです。とにかく色んな経験をして色んな人に会っていきたいですね。

では、最後にKredoに来る人に一言ありますか?

そうですね!僕はKredoに来て人生を変えれそうな良いきっかけになったので、人生変えたい人とか迷っている人とかきっかけが欲しい人はKredoに来るべきだと思います!

 

 

セブ島IT留学体験談 Vol.33 | IT・エンジニア留学のKredo

テック系有名ブロガーの迫さんが彼女と一緒にKredo IT留学を体験!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

今回はテック系で有名なブロガーでもあるの迫 佑樹さん(立命館大学理工学部ロボティクス学科3回生)と、音石 朋恵さん(立命館大学情報理工学部メディア情報学科3回生)にお話を伺いました。

最初は私からメールをさせて頂いたんですが、Kredoに対してどういった印象でしたか?

迫さん:そうですね。IT×英語って新しいなって思いました。英語オンリーの留学はもちろん、国内でもプログラミング教室とかはあるんですけど、ITを英語で海外で学ぶってすごい新しいなって感じました。渡航前からそれがすごくワクワクしましたね。

音石さん:うん、そうですね。海外でITを学ぶって新鮮な感じでした!1週間でしたが楽しかったです!

1日のスケジュールはどのような感じでしたか?

午前中は9時から13時まで手を動かしながらプログラミングを学び、1時間お昼休憩。お昼はIT Park内にあるレストランを開拓していました。笑
午後は14時から18時までは英語の授業でしたね。

英語でのITの授業はぶっちゃけどうでした?難しかったですか?

迫さん:難しいとは思うんですよ。最初は。
ただ、普通のプログラミング教室よりも少人数制なので、英語であったとしてもわからないところを聞いたらすぐに返ってくるってのはよかったと思います。聞きたいときに聞けるって一番プログラミング学ぶときに大事なことなので。そう意味では時間があれば少しずつ慣れてくると思います。

Kredoスタッフ:日本って少人数制のプログラミングスクールってあんまりないんですか?

迫さん:ないですねー。あとはオンラインでの授業だったりで聞きづらかったりします。
聞ける人は聞けるんでしょうけど、Kredoに来れば聞くしかないって感じになるので少人数制っていうのがかなり良いと思います。
あと先生がフランクなので聞きやすいってのもいいですね。何回同じ事聞いても嫌な顔せず笑いながら答えてくれるのはさすが外国人だなって思いました。日本だと前教えたよね?みたいな感じになるので(笑)

ITカリキュラムどんな感じでしたか?

迫さん:僕らはある程度プログラミングについての知識があったので、まずはRubyコース中級者向けの実践開発のカリキュラムに入らせて頂きました。
フィリピン人の先生がめっちゃ丁寧に説明してくれたのでわかりやすかったです。
さらにRubyコースは日本人エンジニアのサポートもあるので困った方や英語が苦手な方にはありがたいサービスだと思います。

音石さん:普段はプログラミングの授業はあるのですが、実践的な計画の立て方等は学べないんです。スケジューリングやデータベース設計な、開発に入る以前のことも丁寧に教えてくれたのですごく実践的な印象でした。
さらに、クライアントの要求の確認方法なども教えて頂き、他のプログラミングスクールでは扱わないようなこともカリキュラムに入っているのは良いですね。

Rubyとはどうのような言語なのでしょうか?

迫さん:Rubyは日本人によって生み出されたオブジェクト指向のプログラミング言語の一つです!
プログラミング言語ってPHP、Java、Pythonなどたくさんあるんですけど、その中の一つですね。
英語、韓国語、中国語…ってある中の日本語みたいな。笑
他の言語よりもソースコードの記述量が少なく、シンプルで書きやすいとされています。

具体的にRubyコースはどのような内容だったのでしょうか?

迫さん:このRubyコースはKredoさんとオフショア開発で有名なフランジアさんとの共同制作カリキュラムということで、最初聞いた時はとても興味深かったです!

前半3週間で、
「HTML&CSSの基礎」
「Rubyの基礎」
「MySQLの基礎」
「RailsチュートリアルをベースとしたRuby on Railsの初期学習」

後半3週間で、
「フランジアの新人研修で使っている、実際の開発課題(プロジェクトベースの学習プロセスで実施)」

というカリキュラムでした!
実際にフランジアさんの新人研修で使われている課題を使っているということで、かなり実践的な力がつきましたね。
Railsチュートリアル、Rspec、Git、MySQLなどを学ぶことができるので、Webサービス開発に必要なことをまとめて学べる超オススメのコースです!
これさえ学べば、最短でエンジニアとしての道に進めるのではないでしょうか?

また、実際にプログラミングするほか「スケジューリング」や「データベース設計」などの開発に入る前の段階に関しても丁寧に教えてくれたので初心者もビジネスにすぐ応用できるようなカリキュラムでしたね!
クライアントの要求の確認の仕方やスケジューリング、他のプログラミングスクールでは扱わないような実践的、ビジネス的なテクニックも学ぶことができました。

チーム開発を行うは、綿密なスケジューリングやデータベース設計必要になってくるので、初心者のうちから体験できるのはかなり大きいなと思いました!
準備が終わり開発をしていく段階では、1つひとつの機能を実装するごとに先生が細かくアドバイスをしてくれるんです。
ここまで手厚く教えてくれると、初心者の方も安心して取り組めると思います!

通常のITコースも受けられたとのことですが印象はいかがでしたか?

迫さん:まんべんなくデザインとサーバーサイド言語もあるしブーツトラップを使ったデザインもあるし、PHPでサーバーサイドを作れるコースもあるのでアプリケーションを作るしっかりとしたコースになっているなって感じでした。

音石さん:時期もあるのか意外と少人数だったのでやりやすかったですね。

英語の授業はいかがでした?

迫さん:結構フレキシブルだなって思いました。このトピック面白そうっていうのを、カリキュラムの中から選ばせてくれました。興味ないのってやっぱりやりたくないじゃないですか。生徒がやりたいことをやらせてくれるのでモチベーションがあがりましたね。
授業内容としては、HTMLやCSSを座学形式で黒板を使いながら英語で学んだり、ディスカッションやプレゼンテーションでビジネス英語を学んだり、マンツーマンのクラスもありました。全てが違う内容でメリハリがあり飽きずに授業を受けることができました!

Kredoスタッフ:英語の先生はどうでしたか?

音石さん:とにかく優しかったです。毎回、現地のお菓子とかバナナとかくれたので(笑)ニューヨークサンドイッチも貰いました(笑)

迫さん:うん、フレンドリーだったよね。現地のお菓子くれたりするのがよかったです。

Kredoスタッフ:普段、英語話す機会ってあります?

迫さん:授業ぐらいですかね。

音石さん:私は今英語の授業を取っていないので、英語を話す機会がないので久しぶりでよかったです。

セブってどういうイメージでした?

迫さん:観光地のイメージでした。治安も特に悪くないなって感じでしたね。
あ、車の運転が雑でした(笑)だけど変なところに行かなければ何もないなって感じでしたね。

音石さん:最初は観光地だから大丈夫だろうって感じで調べていたら治安が悪い情報があった。すりとか軽犯罪が多いみたいな感じで書いてあったので警戒していました。でも結局何もなかったので、普通に気を付けていたら大丈夫でしたね。

宿泊施設のAvida Towersはどうでした?

迫さん:プールがよかった!あとウォーターサーバーがあったのが良かったです。水って不安じゃないですか。

Kredoスタッフ:確かに、東南アジアですもんね、、、

迫さん:立地も良かったですね。あと、学校徒歩圏内。5分で着くってのも良かったです。

音石さん:レストランも徒歩圏内においしいところがたくさんありました。日本料理の知暮里もよかったですね、普通に日本の味がしました。

迫さん:放課後はアヤラモールに買い物に行ったり、Avida前のナイトマーケットにいったりプールで泳いでいました。

昨日はアイランドホッピングに行かれたんですよね?いかがでしたか?

音石さん:はい、アイランドホッピング楽しかったですよー。

迫さん:GoProも貸してくれたので水中写真も撮れました!

音石さん:島も綺麗でした!船上でごはんも食べれて最高でしたね。

Kredoスタッフ:桟橋も綺麗だったでしょう。

音石さん そうですね。ホントに綺麗でした。シュノーケリングもヒルトゥガン島の近くとナルスアン島の桟橋の近くで出来ました。

Kredoスタッフ:スタッフ:セブ島の休日を満足して頂けたようでよかったです。

将来の予定は?やっぱり就職ですか?

迫さん:今のところ就職はしないですね。とりあえず大学院に行く予定です。ロボット作りたいので。

音石さん:私は画像処理を極めたいですね。

Kredoスタッフ:あー、いいですねー!AI分野ですよね、詳しく聞かせていただいてもいいですか?

音石さん:例えば、車の自動運転に必要なカメラを開発したり、ドローンの空撮を自動で顔認識したりとかです。

えー!すごいですね。それってまだないんですか?

音石さん:あるのはあるんですけど、もっと高速化したり精度をあげたりとかですね。

Kredoスタッフ:じゃあ二人は大学院終わったら就職する感じですか?

迫さん:いや、一応個人事業主としてやっているのでそのまま行く感じですかね。
で、彼女を雇います!

Kredoスタッフ:おー素晴らしいですね!私もお二人と同じように自分のやりたいことに情熱を注ぎ続けたいです!これからもお互い頑張っていきましょう!

二人:はい!ありがとうございます!

では、最後にこれからKredoに来る人に一言お願いします!

迫さん:そうですね!Kredoは先生もカリキュラムも環境も良い。これ以上に学べるところはないんじゃないんですか!皆さんもぜひKredoへ!
音石さん:今回は一週間だけだったんですが長期だったらもっと実力が付くと思うので皆さん是非Kredoで学んでみて下さい!

Kredoスタッフ:それではお時間頂きましてありがとうございました!また迫さんブログロボット・IT雑食日記も拝見させて頂きますね。これからもお二人のご活躍を祈っています!

【密着取材】Kredo親子留学(ママ留学)体験~戸田さと美さん~

経営者で読者モデルでもある戸田さと美さんの親子留学に密着!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

今回は読者モデルでもあり、女性実業家でもある戸田さと美さん親子にKredo親子留学(ママ留学)を体験して頂きました。
忙しい仕事の合間を縫って、2週間みっちりセブ島を満喫されました。

戸田さと美さんのプロフィール

戸田さと美さんはPETAGO株式会社の代表取締役をされている傍ら、現役の読者モデルでもあります。
PETAGO株式会社は女性向けのPRマーケティング、広告代理店業務を中心に事業活動しているそうです。
すごいですよね。才色兼備とはまさにこの事でしょうか。
さと美さんはシングルマザーで8歳の息子さん、頼都(らいと)君とセブ島のKredo親子留学(ママ留学)に来られました。

戸田さん親子は英語コースの受講

Kredoはセブ島で唯一英語でITを学ぶことができる学校です。
グローバルな人材を輩出する為に、日々実践で使えるITスキルと英語を教えています。
また、Kredoでは英語のみのコースも設定されており、ビジネスEnglishや英語でのプレゼンテーションの授業が人気です。
先生も各語学学校にて指導経験のある優秀な先生のみを採用しており、英語コースにも非常に力を入れています。

Kredo IT留学での親子留学(ママ留学)が安心・安全のワケ

Kredoでは親子留学(ママ留学)にもおすすめなアットホームで安全な環境が整っています!
まず、日本人スタッフの目が常に届く範囲で留学生活を送ることが出来ます。
さらに親子留学(ママ留学)担当の日本人スタッフがいるのも強みです。
親子留学(ママ留学)の担当者が生活面のサポートや、お子様のインターナショナルスクール入学手続きのサポートもしております。

また、セブで最大級のショッピングモールの案内もプランに含まれています。
その他に親子が安心して留学出来るよう、そしてお子様が安全にインターナショナルスクールに通えるように、Kredoが自社で採用している日本語が話せるベビーシッター兼家政婦さんが親子の日常生活に付き添ってくれます。

さらにKredoと宿泊施設の高級コンドミニアムAvida Towersはセブ島で一番安全な地域であるITパークにございます。

これだけ親子留学(ママ留学)で安心、安全で手厚いサポートを受けられるのはセブの他の語学学校にはないと思います。

ということで今回、さと美さんはKredo親子留学(ママ留学)でらいと君と一緒に英語コースを受講されました。

戸田さん親子の一日の過ごし方

それでは戸田さん親子の一日に密着した様子です。

7:00 起床後、ジムで運動

朝の日課のジムです。美しさの秘訣は朝活から始まるんですね!

8:00 朝は学校近くのカフェで読書

こちらも朝活で読書です。

9:00 マンツーマンレッスン開始です


発音の授業です。英語は日本人の発音では通じにくいので徹底的に矯正します。

9:45 らいと君はキッズ用の教室へ

さと美さんが1限目授業に集中してる中、息子さんのらいと君はシッターさんと一緒にキッズルームに向かいます。

10:00 らいと君も授業開始です

らいと君も真剣な表情で英語を頑張っていますね。

12:50 さあ、やっと昼ごはん

今日のランチは学校の近くにあるabaca baking companyでおしゃれランチです。abacaは学校から徒歩5分以内の位置に2店舗ございます。


フルーツが山盛り乗ったフルーツタルトも一緒に。

14:00 また昼からレッスン頑張りましょう!

昼からは親子留学(ママ留学)の4人でグループレッスンです。

17:00 らいと君は一足お先に授業が終わりです

今日教わったことの復習です。えらいですね^^

17:50 ママもやっと授業が終わり。さて、お待ちかねの夕食です!

今日は学校から徒歩5分の日本食レストラン知暮里で夕食です。

20:00 ホテルに戻ります

お二人とも充実した日々を過ごしたみたいですね。

こんな感じでKredoの一日は過ぎていきます。

セブの休日

滞在中の土日には色んな体験もされていました。
らいと君にとっては最高の夏休みになったのではないでしょうか。
それでは、楽しかった思い出を振り返ってみましょう!

J Center mallのプールで水遊び!

こちらはJ Center Mallの屋上にあるプールです。

Kredo夏のジュニアキャンプの参加してくれた子供たちと一緒に記念撮影!新しい友達が出来てすっかり仲良くなったみたいです!
J Center MallのプールはKredoと提携を結んでおり、通常料金から割引でのご利用が可能ですよ!

孤児院で地元の子供と触れ合う

さと美さんたっての希望でもあったセブの孤児院へみんなで訪問。

こちらはKredoのGrace先生が幼少期を過ごした孤児院だそうです。
子供の頃に先生になりたいと夢を持っていたそうです。
実際にGrace先生は今その夢を叶えており、孤児院の子供たちに勇気を与えております。
子供たちの夢を聞いてみると医者、建築家、先生になりたい等と目を輝かせて夢を語っています。
私も子供たちの純粋な目や思いに何か動かされるものがありました。

その中でさと美さんはもちろん、らいと君が何を感じ取ったのでしょう。

確かに日本人はフィリピン人に比べたら裕福です。
ただ、日本人は何か純粋な何かを忘れていると時々感じます。
でも、彼たち、彼女たちは純粋な目をして夢を語っていました。
何故か私たちよりも幸せそうに見えました。

私にはそう映りました。

子供たちにも何か感じるものがあったのではないでしょうか、、、

最後は孤児院の子供たちと一緒に記念撮影。いい思い出が出来たね!

セブといえばアイランドホッピング!

さて、帰国前日はらいと君も待ちに待ったアイランドホッピング!!
ゴーグル焼けがすごいですね~
やっぱりセブといえば海ですよね!
こちらもジュニアキャンプのメンバーと一緒に参加しました。

セブの海を感じるにはやっぱりアイランドホッピングが一番ですね!!

船上でウニを食べてます!なんて贅沢な体験なんでしょう!

こちらはシュノーケリングを楽しんでますね。海の透明度がすごいですね!

天国に一番近い島、パンダノン島でパシャリ!

いよいよ2週間のセブ留学も終わりです。英気も十分に養って帰国後も仕事に子育て頑張れそうです!

最後に

2週間という短い期間ではありましたが、十分に満喫して帰国の途についた戸田さと美さんとらいと君。
滞在中にも何度もセブに帰ってきたい、住みたい!っておっしゃられてました。

そして来年の1月から再度、数か月のKredo親子留学(ママ留学)を実際に考えていると連絡を頂きました。
セブ島はもちろん、Kredoを大変気にいって下さったようで良かったです。
皆さんも是非Kredoへ戸田さん親子のようにKredo親子留学(ママ留学)を体験しに来てくださいね!!

セブ島IT留学体験談 Vol.32 | IT・エンジニア留学のKredo

Kredoに行ってもっと個性的に突き抜けてやろうって思える体験が出来ました!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

留学に行きたいって思ったきっかけは?

そうですね。
中学、高校時代はサッカーとか何をやるにしても中の上みたいな事が多く、なんとなくうまくやれてしまう事が多かったんです。勉強もある程度出来たし、大学にも特待生で入れた。正直自分って器用だなーなんて思っていました(笑)
それから大学に通い始めて、普通に就職するんだって思って過ごしていたんです。
でも大学には特徴のある人がたくさん居て自分と比べてみたときに「僕ってそういえば専門性に欠けてるなって」思ったんですね。
サッカーも特別突き抜けてないし、自己紹介をする時も全然特徴がなくて。
そこに気が付いて、それからすごくもどかしくなって何か変わりたいって思うようになりました。
2回生になったら留学に挑戦しようって考えていたので実際にここに来れて良かったです。
最近では経営者ってカッコいいなって思うようになったり、とにかくもっと個性的で何をやるにしても突き抜けてやろうって考えるようになりました。
そこで考えたのがまず英語とITを身に付けるというところだったんですね。

それでKredoを選んだんですね?

はい、留学しようと思ってネットサーフィンをしてる時にセブでIT留学が出来るという学校を何校か見つけました。その中でKredoでは英語でITを学べるの!?って新鮮でしたね。なんとなくですがIT留学に行こうって思って、さらに英語で教えているのがKredoだけだったので面白そうだなって感じで判断しました。
あと、LINEで担当者の方が色んな質問や不安をクリアにして下さったので非常に安心してKredoを選ぶ事が出来ました。LINEだったので簡単に質問出来てさらに親切に答えてくれたのは大きかったですね。



※LINEでのお問い合わせはこちら!

Friends Added

英語でのIT授業は難しくありませんでしたか?

TOEICの勉強はしてきたのである程度は理解出来ましたよ。ただ、本当にわからない時はAlexという先生が違う言葉に置き換えてくれたり、図で表してくれたり、ゆっくり話してくれたりと、色々工夫してくれたので問題なかったです。質問したいんだけど英語が出てこないってのが最初はあったのですが、だんだんと質問の仕方もわかっていきました。

ITのスキルはどのように変化しましたか?

ほとんど何も知らないぐらいのところから来たので、ITの基礎の部分はある程度定着したと思います。
日本に帰っても独学していくつもりですが、IT留学後のほうが教科書とかオンライン学習でもすっと入ってくるイメージ。理解できるイメージが今はあります。もちろん留学前も事前課題のオンラインレッスンや教科書を見てきたのですが理解度が段違いですね。

先生たちはどうでしたか?

みんな優しかったです!何も不満がないですよ!
結構僕がシャイなんですが、やっぱり最初は身構えちゃって英語で喋るのが上手くいきませんでした。でも明るく楽しくラフな感じで教えてくれたのでいつの間にか楽しく喋っていました。素直で外国人ならではの明るさがあったので、シャイな僕にでもすごく楽しく話せたのですかね。

セブ島の治安は来る前と今ではイメージ変わりましたか?

日本から出るとき友人や家族から治安面が危ないってすごい脅されてて、ちょっと不安でした。でも今思うとそんなに危険でもなくて、特にITパークは何もないだろうなって感じでしたね。ただITパークから一歩外に出ると少し気を付けていた方がいいと思います。リュックとか鞄は前にしたり、あと後ろポケットとかにiPhoneとか財布を入れて歩かない方がいいですね。
ショッピングセンターも特に問題なかったのですが、日本とは違うという意識を持っていた方が良いと思います。

宿泊施設のAvida Towers Cebuはどうでしたか?

まず長期での一人暮らしが初めてでしたので、最初は慣れるのに時間が掛かりました。ある程度慣れてからは快適な生活が送れましたね。あ、でもちょっとベッドが硬かったかな?(笑)
またポケットWi-Fiの電波が弱かったのも少し気になりました。まぁ日本に比べてしまうと色々あるのですが、セブでは十分過ぎる生活を送れました。

放課後や休日はどう過ごしていましたか?

放課後はルーティンが決まっていましたね。夕飯をITパーク内で食べて、スタバ行って英語の勉強をひたすらしていましたね。ITの授業の宿題もやっていましたね。
休日は友達とプールに行ったり食事やショッピングモールにも行ってましたよ。

セブで思い出に残っている事はありますか?

思い出ですか、、、やっぱりフィリピン人との思い出ですかね。

なんかいい思い出あったんですか?恋愛とか?(笑)

いや、恋愛とかじゃないんですけどねー(笑)
例えば、日本の事が大好きなショップ店員がバイトそっちのけで2時間僕と話したり、いつも行っていたカフェの店員に、今日が最後なんだよって言ったら、後からケーキ作って持って来てくれたんですよ。その後一緒に写真撮ってFacebookも交換して。なんかそういうのがすごく嬉しかったですね。

フィリピン人って特有なノリがあって、英語が話せないからって下に見てくる感じもないし、性格も明るく素直なのでこっちまで素直になっちゃいますね。人を明るくさせるのが得意な人が多いし、フィリピン人は性格的に教師に向いてるなって思いました。
ちょっと恥ずかしいんですけど、今まで手紙とか書かなかったのですが、先生たちに初めて手紙を書いてみたんです。じゃあすごく喜んでくれて、書いてよかったなって思いました。
そういうのをしたいって思わせてくれるのがフィリピン人なのかもしれないですね。

将来の夢はなんですか?

夢は今まで特になかったのですが、Kredoの社長や色んな人に話を聞き、さらに海外での一人暮らしの経験や、文化などに触れる事が出来て、なんとなくですが夢が出来ました!
英語とITを使って人を楽しませたり、何かできたらなぁって思えるようになりましたね!
そういえばKredoの社長がこれからの時代はITと英語とエンタメだって言ってました。
Kredoに来て色んな人の考えを聞いて、とりあえず目の前にあることをやってみようって思えるようになりましたね。
英語×ITの分野で突き抜けれれば結構敵なしの存在になれる、何分野かで専門性を高めて突き抜けてやろうって思ってます。

次は何やろうとかってありますか?

そうですねー。英語の勉強は引き続きやろうと思っていますね。ITも引き続きやりたいのですが、一つの言語を極めるというより浅く広く学ぼうと思っています。

最後に、これからKredoに来る方々へ一言お願いします!

Kredoってなんかおもしろいし、特に何かきっかけをつかみたい人にはおすすめの環境ですよ!面白い人が集まって来てて、特に社長が面白いので僕みたいにきっかけがつかめると思います。
あと、大学生なら早い時期に来た方がいいと思います。
僕は2回生で来れたのでこれから少しゆっくり考える時間があるので。
とにかく僕みたいな大学生はKredoに来た方がいいと思います!!

セブ島IT留学体験談 Vol.31 | IT・エンジニア留学のKredo

無料で英語とITを学べ、さらに就職まで出来るのがIT留学に行く決め手でした!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

なぜクレドを選びましたか?

1、英語に加えてITも学べるから。
2、無料留学というプログラムがあったから。

まず、英語に加えてITも学べるというのが自分にとっての前提条件でした。無料留学に関しては、もちろん経済的にメリットだと感じた部分もありますが、就職までのレールが敷かれているというのが個人的に大きな魅力でした。
(僕はもともと、自分で働いていきたいという願望があったのですが、その前に一度まともに就職しておきなさいという周りの圧力に屈してしまった為、イヤでも就職をしなければいけない環境が必要でした。)

受けてみてどうでしたか?

基本的に、授業自体は少し楽な印象でした。
その為、自分でもっと能動的になって努力しないといけないとも思いました。
(これは社長が最初におっしゃっていた学校の施設や、先生、スタッフを上手に使うこと)
また、あえて学校側にもお願いをするとすれば、もう少しレベルに合ったクラス分けにして頂けると有り難かったかもしれません。
今回はT君という、一人飛び抜けて優秀な子がいましたし、人数的にも、短期間でベストな環境を考え組むというのは難しいのだと思います。
僕が途中で申し出ればよかったのですが今回で言うなら、ITのレベルを基準にクラスを途中で変更して、T君とSさんを一緒にしてあげた方が二人はよりレベルの高い学びを得ることができ、全体で見てもプラスが大きかったのではないかと思います。
(僕がT君に追いつく努力をもっとすればよかったわけですが…)
第1週、第2週の終わりに、生徒さんや担当の先生方の意見をしっかり取って、思い切ってクラスを組み直すくらいの柔軟性があっても良いのかなと思います。

英語でのIT授業は難しくありませんでしたか?

英語で受けるという点に関しては、思っていたほどは難しくなかったです。
(ぼくは単純にプログラミングが苦手でした)

ITの先生はどうでした?

わかりやすく丁寧な授業をして頂きました。

英語の先生はどうでした?

わかりやすく楽しい授業をして頂きました

フィリピンに来ることへの不安はありませんでしたか?

少しだけありました。
実際は、安全面に関しては心配するほどのことはなかったという印象です。

ただ個人的に、食生活における自己管理が思っていたより難しかったです。
やはり日本人にとっては、好きなものを偏食による野菜不足・栄養不足が気になる環境だと感じました。
その点に関しては、日本食のお弁当を手配して下さるなど、ニーズにあった対応でとても有り難かったです。
僕は1週目だけ弁当を頼んでしましたが、最後の週はもう一度お願いするつもりで忘れてしまっていました。1ヶ月間の食生活を振り返ると、食べるものに飽きて野菜不足がさすがに気になってくるタイミングが3週目から4週目あたりでした。(個人的にはそれらの理由に加えて、外に出るのが面倒臭いというのも出てきました…)
1ヶ月以上滞在した場合は、2ヶ月目から間違いなく毎日お弁当にしていたと思います。

宿泊施設はどうでしたか?

思ったより快適で過ごしやすかったです。
個人的には23階という高層階に長期間滞在する機会もなかなかないので、良い眺めで楽しめました。
利用はしませんでしたがプールもあるとのことなので、宿泊施設に関しては(ルームメイトの方々に恵まれたという点も大きいとは思いますが)個人的にとても満足です。

放課後はどう過ごしていましたか?

ジムに行ったりしていました。あとルームメイトと一緒に夕食にも出かけたりしました。

IT留学を経てどう活かして行きたいですか?

模索中です。

将来の夢はなんですか?

就職を経て経済的に独立し、その都度自分自身が社会に必要だと思うことに挑戦していけたらと思います。

これから留学に来る方々へ一言!

1ヶ月という期間が実際あっという間に感じたので、楽しく過ごせたんだと思います。個人的には1ヶ月でようやく慣れて楽しみ方を覚えることができたので、英語やITの定着度を考えても2ヶ月以上の滞在が好ましいと思います。

セブ島IT留学体験談 Vol.30 | IT・エンジニア留学のKredo

英語を使いながらITを勉強できることに魅力を感じました!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

なぜクレドを選びましたか?

私がクレドを選んだきっかけは、「0円留学」のプランがあったからです。最初はインターネットで安く語学留学ができないかと探していました。そこで見つけたのが、クレドの「0円留学」でした。クレドを見つけたときに、英語を使いながらITを勉強できることに魅力を感じました。ITの知識が全く無い状態でも一から学べる点は、 IT初心者の私でも挑戦しやすい環境だと思いました。また英語を使ってITを学ぶことで、知らない英単語やビジネス会話が身につき英語力向上になるだろうと考えクレドを選びました。

受けてみてどうでしたか?

ITを初めて勉強するということもあり、最初は不安な気持ちもありました。しかし先生方や、日本人スタッフの方々が親切にしてくださり不安な気持ちもすぐになくなりました。授業では丁寧に基礎から教えていただき分かりやすかったです。全て授業は英語なので、コミュニケーション力が高まりました。

英語でのIT授業は難しくありませんでしたか?

初めてITを勉強したので難しかったです。毎日4時間の授業で多くのことを学ぶので、その日のうちに復習をするようにしていました。ITの専門用語でわからないこともありましたが、事前に英語の授業で説明してくれるのでIT授業では理解しながら受けることができました。

ITの先生はどうでした?

授業では一人で作業をすることが多かったので、分からないときは直接先生に聞くことがで質問しやすい環境です。先生方はみなさんフレンドリーで授業も楽しく受けることができました。

英語の先生はどうでした?

どの先生も親しみやすかったです。ITの専門用語は難しかったのですが、簡単な単語に置き換えて説明してくれるため分かりやすい授業でした。少人数授業なので当てられて発言することが多く、自分の考えを伝えることが一番難しかったです。先生方は発言した文法や発音が間違っていても私の考えを理解してくださり、 発言の後で正しい英語を教えてくださるのですごく勉強になりました。

フィリピンに来ることへの不安はありませんでしたか?

セブに初めて滞在したので治安などの不安はありました。しかしクレドがあるIT Parkの中は24時間営業している飲食店が多く、安全だと思います。

宿泊施設はどうでしたか?

セブ島の寮はあまり綺麗じゃないと思っていたので、想像以上に綺麗で良かったです。

放課後はどう過ごしていましたか?

勉強をしたり、IT Park 周辺を散歩しました。たまにみんなでご飯を食べに行ったりもしてましたね。

IT留学を経てどう活かして行きたいですか?

帰国後の研修をよりスムーズに始められるようになればいいと思います。

将来の夢はなんですか?

海外のIT企業で働くことです!

これから留学に来る方々へ一言!

初めての方でも挑戦できる環境です。難しいこともありますが、クレドで英語を使いながらITを学ぶことで将来の活躍の幅も広がると思います。

セブ島IT留学体験談 Vol.29 | IT・エンジニア留学のKredo

Kredoは本気度の高い人がたくさんいます!

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

なぜクレドを選びましたか?

英語でITの授業を受けられる事と学校が大きすぎないから。

以前からITと英語はこれから必要なスキルになるなと思っていました。どちらも一緒に勉強できる学校を探していてたまたまここを知って、これだ!と直感で決めました。一番決め手になったのはITの授業を英語で受けられるというところです。

受けてみてどうでしたか?

毎日英語漬けで最初はキツかったですが、先生方がレベルに合わせたり、生徒の希望のカリキュラムに変更したりしながらやっていったので確実に身に付いている、成長しているなと実感しながらできました。また、先生たちもフィリピン生活に慣れない私たちにいろいろと気にかけてアドバイスをくれました。最初は特に生活と、英語とでいっぱいいっぱいになるので体調も崩しがちになるのでそういったサポートも本当に助かりました。

英語でのIT授業は難しくありませんでしたか?

英語力が全くなかったので最初は苦労しました。何を言っているのか正直わからなかったくらい大変でしたが、先生が画面で実際にどのようにやるのか見せてくれたので見よう見まねでやっていくうちにできました。また、次第に英語力が向上していったのでで理解も深まり、疑問点も解決できるようになりました。

ITの先生はどうでした?

先生によって喋る速さが違うので、最初はすごい戸惑いましたが、聞き返すと丁寧に教えてくれます!また、みんなパッションがあり、優しい人ばかりなので授業以外のことでもいろいろと気にかけてくれます。

英語の先生はどうでした?

私は全くの初心者だったのですが、レベルを見てカリキュラムを易しくしてくれました。また、自分がやりたいことを重視してくれるので、単純に受けるだけじゃなくて提案もできるので、モチベーションの維持ができました。

フィリピンに来ることへの不安はありませんでしたか?

治安や生活環境に不安がありましたが思っていたよりも平気でした。ITパークという安全な場所だったからというのもあると思いますが、フィリピン人は優しく、陽気な人も多いのでみんな教えてくれます。留学の最後のほうには1人でジプニーに乗ったりもしていました。ただ、日本人である以上狙われやすいので、どうしたら危険から免れるかという危機感を持って、先生や現地の友達と一緒に行動するのが一番だと思います。私は格好や必要以上に会話をしないようにしたりなど様々な事に気をつけて1人で動いてました。

宿泊施設はどうでしたか?

とてもきれいで使いやすかったです。1人部屋だったのですが、ベッドも大きく、冷蔵庫、洗濯機、クーラーもしっかりしており、全く不満はありませんでした。1つだけ言うとすればシャワーの圧力が少し弱いくらいです。

放課後はどう過ごしていましたか?

復習や宿題、課題等をしていました。また、歓迎会や送別会、友人との飲み会を開き、お互いに夢を語り合ったり悩みを聞きあったりしていました。私の場合、そういった人と話すことはすごく刺激になりました。みんなバックグラウンドが違い、日本じゃ出会えないような人と貴重な意見を交わせたのはすごく良かったです。

IT留学を経てどう活かして行きたいですか?

まだ十分に働けるスキルはないので、未経験から働ける所からウェブデザイナーとして働けるよう経験を積みたいです。

将来の夢はなんですか?

海外でも通用するウェブデザイナーになること、世界を回ること、そしてヨーロッパ移住することです。

これから留学に来る方々へ一言!

Kredoは様々なバックグラウンドを持っている人がたくさんいます。また、本気度の高い人がたくさんいます。だからこそ勉強がしやすい環境であり、勉強以外で聞ける話も一味違います。毎日、どんな時も勉強になる環境がここにあると思うので、ぜひ楽しみに来てください!

セブ島IT留学体験談 Vol.28 | IT・エンジニア留学のKredo

Kredoは私にとって第二の家族のようなものです。

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

なぜクレドを選びましたか?

とにかく海外に出たい!そのためには英語が必要だ!という考えから留学に目を向け、
知人からKredoを紹介していただきました。もともとITに興味があったわけではありませんが、実際にKredoのことやITのことなどお話を聞いて、”英語とIT” この二つのスキルがあれば将来役に立つのではないかと思いKredoを選びました。

受けてみてどうでしたか?

 ITの知識が全くないうえに、すべて英語での授業ということで最初はものすごく緊張していました。でも、先生たちがすごく丁寧に説明してくれるので、0から始めた私でもちゃんと理解することが出来ました。基礎的なことはしっかり学べたのではないかと思います。

英語でのIT授業は難しくありませんでしたか?

 確かに最初は不安でした。英語もままならないのにそれで授業なんて、、、と。
でも、こちらが理解できていないことがあるとすぐに聞いてくれるし、少人数なので質問もしやすい環境でした。言葉での説明だけでなく、実際にやってみせてくれたり、見せながら説明してくれたりと、先生たちが色々と工夫してくれていたので、特に難しいと感じることはあまりありませんでした。

ITの先生はどうでした?

 こちらのペースに合わせて、教え方や授業の進め方を工夫してくれる柔軟な先生ばかりでした。私がどういう状況なのかを察して、説明を付け加えたり、やって見せてくれたり、一緒にやって手伝ってくれたり。その都度やり方を変えてくれるので、飽きることもないし、こちらも柔軟に考えることが出来ました。

英語の先生はどうでした?

 発音や日頃よく使う表現・文法を中心に教えてくれたので、基本的な日常会話はできるようになったと思います。後半になるとほぼフリートークで、悩みを聞いてくれたり、相談にのってくれたり、プライベートな部分でもお世話になりました。笑
  

フィリピンに来ることへの不安はありませんでしたか?

 「海外に出たい。何かしたい。」その一心でしたし、Kredoは圧倒的に治安が良い場所に立地しているので、特に不安はありませんでした。

宿泊施設はどうでしたか?

 私の予想をはるかに超えていました。メチャメチャ綺麗でとっても快適でした。
こんな所に住んでも良いのかというくらい。( 大げさですが笑 )
東南アジアで生活するという時点で衛生面などに関してはある程度覚悟して来ていました。だから、初めて寮のAvida Towersに行った時は違う意味で本当に衝撃でした。こんな所あったんだぁと。初の海外生活ということもあり、本当に有難かったです。

放課後はどう過ごしていましたか?

 他の生徒さんやスタッフさん達とご飯に行くことが多かったです。
ITパーク内だけでなく、TOPSという山の上にある景色がとっても綺麗なレストランや海老の食べ放題、焼肉屋など色んなところに連れて行ってもらって、非常に良い思い出が出来ました。

IT留学を経てどう活かして行きたいですか?

 私は海外で働きたいと思っています。だから、もっともっと腕を磨いてITスキルを伸ばして、そのまま仕事に繋げられればと思っています。

将来の夢はなんですか?

 Kredoで働くことです。
そのためにはまだまだ学ばなければならないこと、知らなければならないことがたくさんあるし、今はまだ色々なことを始めたばかりです。でも、せっかく身につけたこのスキルを人の役に立つことに活かせればいいなと思います。

これから留学に来る方々へ一言!

 Kredoは私にとって一つのスタート地点であり、第二の家族のようなものです。ここに来たおかげで、経験できたこと、出来るようになったことがたくさんあります。そしてたくさんの人に支えていただきました。だから、ここに来れたこと、みんなに会えたこと、ここに来させてくれた両親にとても感謝しています。
これからKredoに来る人にもそんな体験が出来れば良いんじゃないかなと思います。

セブ島IT留学体験談 Vol.27 | IT・エンジニア留学のKredo

今回の留学を通して、ITと英語の幅広い可能性を感じました。

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

なぜクレドを選びましたか?

元々留学に興味があり、インターネットを通して様々な国の語学学校を調査していました。その中で、フィリピンの語学留学に興味を持ちましたが、多くの語学学校がありどの学校を選んだらいいのか分からず悩んでいました。そんな時、クレドのホームページにたどり着き、ITと英語といった他の学校にはない面白い留学形式に非常に興味を持ちクレドを選択しました。

受けてみてどうでしたか?

ITに関した知識も全くなく、英語も話せるわけではなかったですが、少人数制の授業のため分からないことは丁寧に教えて頂き、ある程度のことはできるようになりました。

英語でのIT授業は難しくありませんでしたか?

私は受験勉強で英語を勉強していた程度で、英語を話すことはできなく、最初はかなり戸惑いました。しかし、先生がジェスチャーや画面を使って何とか伝えようとしてくれたため、全く理解できないというところはなく最後は自分のホームページを自力で作ることができました。

ITの先生はどうでした?

分からないところは画面を使用し例を示してくれたりと非常に分かりやすかったです。また、授業外でも話しかけてくれたりとてもフレンドリーな方ばかりで楽しく学ぶことができました。

英語の先生はどうでした?

明るく元気な方ばかりで授業も工夫されており楽しむことができました。
分からないところは他の簡単なフレーズに言い換えてくれたりと親切な方ばかりでした。

フィリピンに来ることへの不安はありませんでしたか?

最初は治安のこと、言葉のことですごく不安でした。しかし、フィリピンの人というのはいつも笑顔で接してくれるためその不安はすぐに解消されました。

宿泊施設はどうでしたか?

ITパーク内にあるため治安に関しては心配することもなく、食事や買い物に困ることも全くありませんでした。コンドミニアムも清潔に保たれており非常に快適な生活を送ることができました。

放課後はどう過ごしていましたか?

カフェや自分の部屋で自習をしたり、ご飯を食べに行ったりしていました。

IT留学を経てどう活かして行きたいですか?

ITのスキル、英語のスキルをさらに磨き仕事に生かしていきたいです。今回の留学を通して、ITと英語の幅広い可能性を感じました。

将来の夢はなんですか?

海外で何かに挑戦することです。

これから留学に来る方々へ一言!

留学に迷ってる方はぜひフィリピン留学にトライしてみてください。
日本ではできない経験がたくさんあり考えの幅を大きく広げることができると思います。
フィリピンはいつも笑顔の国で快く日本人を受け入れてくれます。異国の地に滞在することは不安だらけかもしれませんがその不安は行ってみるとすぐに解消されると思います。
ぜひトライしてみてください。

セブ島IT留学体験談 Vol.26 | IT・エンジニア留学のKredo

自分の直感を信じてよかったと思えるほど特別な時間を過ごしました。

スタッフ

Kredoスタッフ

IT留学お疲れ様でした。
最後にKredoでの経験についてインタビューさせてください!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

なぜクレドを選びましたか?

直感です(笑)
偶然Kredoの存在を知り興味を持ち問い合わせをしたところ体験授業があるとのことで受講させていただきました。
その時この学校はおもしろいとワクワクしたので選びました。何より今回のセブ島留学の目的のひとつである出来ることを増やすを叶えられると感じたのも決め手となりました。

受けてみてどうでしたか?

今までプログラミングと関わりのない生活をしていたため悪戦苦闘の毎日でした。
しかし勉強に集中できる環境と新しいことを学べる日々は刺激的でとても楽しく学ぶことができました。

英語でのIT授業は難しくありませんでしたか?

英語でITを学ぶのは予想以上に難しく、先生の説明を理解するのに時間がかかりそれがもどかしく英語がストレスに感じることも、、、よく心の中で「何言ってるかわからーん!」と叫んでいました(笑)
事前に最低限の英語とITの知識(英単語・文法、IT用語)を身につける必要があったと入学当初は後悔しました。←事前学習と予習復習はほんっとに大切!

ITの先生はどうでした?

何言ってるかわからーん!状態の私に理解できるまで丁寧に教えてくださった先生たちの熱意には脱帽しました。それだけでなくエンジニアとしての考えや経験も共有し、卒業後のことも気にかけてくれアドバイスもいただきました。他の学校では聞くことのできない分野のお話も聞くことができ勉強になりました。

英語の先生はどうでした?

明るくユーモア溢れる先生たちばかりなのでマンツーマン、グループ関係なくどの授業も楽しかったです。また授業でこうしたい、これを教えて欲しいなどの提案を受け入れてくださり、さらに一緒に私に合った勉強法を考えてくれる心優しい先生たちでした。特にプレゼンの授業はオススメです。

フィリピンに来ることへの不安はありませんでしたか?

以前に訪れたことのある国ということもあり大きな不安はありませんでした。ただお風呂好きの私にとって長期のシャワー生活に耐えられるのかが唯一の不安要素でした。結果、耐えることはできましたがやはりバスタブと温泉が恋しかったです。

宿泊施設はどうでしたか

学校からも近く高級コンドミニアムであるアビダでの生活は特に不便に感じることもなく快適に過ごせました。アビダに住めることはKredoの生徒の一番の特権だと思います。

放課後はどう過ごしていましたか?

学校やカフェで宿題と予習復習をし、そのあと現地の友だちや生徒同士で外食したりマッサージに行ってリフレッシュしていました。他にも学校以外の人と出会う機会もあり放課後も充実した時間を過ごすことができました。

IT留学を経てどう活かして行きたいですか?

これからもできることを増やしつつさらにセブで得た知識を深め経験を積み何かカタチにしたいです。もちろんビジネスにも繋げたいですね。

将来の夢はなんですか?

自分らしくおもしろおかしく生きる。具体的ではありませんがどこで何をしていても毎日”楽しい”を更新することですね〜。

これから留学に来る方々へ一言!

正直に言うと大変ですし、卒業後何を得て何を持って帰るかは自分次第です。

私の場合ITに関しては初心者にもかかわらず直感で決めたため、最初はできるようになるのかな?と不安がありました。
まだまだ学ぶべきことはたくさんありますが、今は自分の直感を信じてよかったと思えるほど特別な時間を過ごしました。

これからKredoで学ぶ皆さん、勉強も遊びも含めセブ島での留学生活を楽しんでください。
あと自炊をする場合は日本米とふりかけを持ってくることをおすすめします!